メタ坊のブロマガ

「定年からの旅行術(加藤仁著)」②夫婦で行く旅

2019/02/04 19:00 投稿

  • タグ:
  • 加藤仁
  • 定年
  • 老後
  • 夫婦


・著者の先輩の話として、子供が親離れした40代半ばの夫婦が家族旅行とはまた違う夫婦旅というのをしてみようか、と日帰りドライブに出かけ、大喧嘩するエピソードの紹介がある。家族旅行の場合は互いに抑えていたものがぶつかりあってしまうらしい。
 そう聞くとあまり夫婦で仲良く旅をしています、というような本も思いつかない。だがインターネットで検索すると夫婦で仲良く旅しているらしい人がちらほらいる。ということで著者は取材を申し込む。

・取材時70歳。元情報関係大企業のサラリーマン。
 もともと登山やスキーを単独でやっていたが海外には関心がなく53歳まで海外旅行に行った事もなかったが、息子が北米の大学に留学。奥さんが様子を見に行きたいというので夫婦で出かける。パック旅行は嫌だったので自分で手配して一週間の旅行計画を立てる。航空機の故障欠航や、旅先のフェラデルフィアで大停電、見知らぬ街でアポなしでホテルを探すなど英語もろくにできないのにトラブル続出となるが、天邪鬼な性格でこれでやみつきになる。
 気がつくと北米の田舎町を51箇所も訪れていた。基本的に車は使わず電車・バスで安く旅をする。さらにヨーロッパに足を伸ばすようになる。喧嘩にならないのですか、と尋ねると、喧嘩ばかりですよ、と答えが返ってくる。

・取材時69歳。元高校教師。退職後自宅で学習塾を営む。
 子供が家を出て夫婦でけになったのを期に、塾を休みやすい正月明けや盆明けにシーズンオフ旅行をするようになる。
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/mozart/

・取材時63歳。元繊維関係。
 余力を残して退職。リウマチと糖尿病も一因。夫婦で旅行をはじめHP解説。人気サイトになる。

・取材時79歳。元警察官。
 56歳で早期退職。妻の身体が動かなくなってきたので動くうちに、と各地に旅行へ。キャンピングカーで全国のオートキャンプをめぐる。妻は車椅子になり、夫も癌の手術をするが旅が病の進行を止めると信じて旅を続けている。

・取材時70歳。元証券会社勤務。
 61歳でアメリカ・ワイオミング州を訪れ、現地で借りたレンタカーで走り回り、夫婦で国立公園をハシゴ。その後毎年世界各地をレンタカー旅行。

http://3067.jp/

・著者自身の夫婦旅行記。著者は免許を持たず奥さんの運転で。著者は取材、奥さんはその間地元で情報収集みたいになる。最初はマイカーだったが次第に遠くに行くようになると、現地でカーナビ付きのレンタカーを借りるようになったという。
 子育てを終え、夫婦できままな旅をしたいと結んでいる。著者は早く亡くなってしまったが、少しでもそういう時間が持てたならよかったと思う。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事