メタ坊のブロマガ

「たのしい話いい話(文芸春秋編)」④虫明亜呂無氏、石川喬司氏

2018/08/04 19:00 投稿

  • タグ:
  • 石川喬司
  • 虫明亜呂無


虫明亜呂無(作家) たった一人の観客
・ヒトラーに抵抗したドイツのテニス選手、ゴッドフリート・フォン・クラムについて。
・「より遠く、より強く、より高く」というオリンピック標語はもともとラグビーの精神からきているという話。
・イタリア民謡「サンタ・ルチア」は恋の歌ではなく遊覧船の客引きソングという話。
 「森へ行きましょう、娘さん」はポーランドの樵の労働歌で、卑猥な歌らしい。

石川喬司(作家) SFともだち・競馬ともだち
・小松左京氏のイビキに星新一氏が怒った話。
・待ったアリの麻雀。
・高松宮が競艇の舟券というものを買ってみたいと言われたので、関係者はより抜きのメンバーでこれならアタルだろう、という予想を参考に差し上げたが全部ハズレ。レースが公正であることを宮様に示した。
・小松左京氏が尼ヶ崎に住んでいた頃、星新一氏はいつも手紙の住所を尻ヶ崎と書いてよこした、という話。文句を言ったら屁が崎になったという。
・手塚治虫氏にスタンリー・キューブリック監督から美術映画のデザイン依頼があったが、手塚氏は社員260名を食わせなければならないので長期間家を空けられないと断わった。監督はこれを手塚さんが260人の大家族と勘違いした。もちろん映画は2001年宇宙の旅。これは有名な話。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事