メタ坊のブロマガ

DVD「梅安乱れ雲」

2018/05/27 19:00 投稿

  • タグ:
  • 池波正太郎
  • 時代劇
  • 小林桂樹



・見てないDVDの消化中。中古で買ったんだけど、これがシリーズの7作目(完結編)なので、最初の方を見つけたら順番に見ようと思ってたんだけど結局そのまま忘れてたので。

原作は必殺シリーズの元ネタとなった作品だけど原作者とテレビ局でちょっとトラブルがあったりしたらしい。仕掛人という用語は著者の造語なのだけど、当時は原作がまだ完結してなくてオリジナル展開も多く、さらにこの用語を使って勝手に続編を作ろうとしたりいろいろあって、仕掛人という用語を使うな、仕置人ならいいだろ、みたいになったらしい。

 で、これはテレビ局を変えて改めてほぼ原作通りに作り直したものらしい。主役の殺し屋、作中の呼び方では仕掛人は小林桂樹さんで、これは適役と思う。相棒の仕掛人に田村高廣さん。主役の恩人でもあり、今は敵対することになった関西の仕掛人の元締に島田正吾さん、主人公を助ける江戸の元締めに中村又五郎さんと、著者と縁のある配役は豪華。劇場映画でもいいくらい。

 主人公の武器は針、相棒の武器は吹き矢なので派手なチャンバラはほとんど無い。地味な心理戦がじわじわと続く。敵も味方もできれば相手とは戦いたくないし相手を殺したくないのだが互いに避けられない。

 非常に見ごたえがあった。これは見て良かった。今後機会があれば最初から見直してみたい。

 敵方の仕掛人でなかなか目立つ役の剣術使いを演じた藤堂新二という人は、違う芸名で日本版「スパイダーマン」で主演だった人らしい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事