メタ坊のブロマガ

「ゴースト・イン・ザ・シェル」感想(ネタバレ控えめ)

2017/04/07 19:00 投稿

  • タグ:
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • 映画
  • SF


公式HP
http://ghostshell.jp/
・日本の漫画原作を、ハリウッドで実写化、というだけであまりいい印象を持てないのだが
(「ドラゴンボール」とか「ドラゴンボール」とかドラゴンボール」とか)、予告を見てさらに不安は高まっていた。あの肉襦袢みたいなのは何?

 不安を長く感じ続けるのは精神的によくないので早めに、と思って見てきました。
 思ったほどヒドクは無いけど、スゲー、と絶賛するほどでもなく、という感じ。

 まあ役者さんはそんなに悪く無かったし、ブレードランナーの発展系みたいな街の様子も
雰囲気に合ってたし、昔のアニメ劇場版のシーンを再現したりしているのも不自然じゃないし。悪くはないんだけど、悪くはないんだけど、いいとも言えない・・・

 原作が存在しなくてこれをいきなり見たら、スゲーと思ったかもしれないんだけど。

 これはハリウッド版実写版、ではなくて 原作もしくはアニメ劇場版のハリウッド翻訳版、日本の原作をアメリカの観客が理解できるようにいろいろ置き換えたもの、みたいに考えた方がイイノカナー。

 というわけで主人公は草薙素子じゃなくてミラ・ナントカ(少佐)。難民だったが、テロリストに襲われて両親は死亡。自分も瀕死の重傷を負って全身義体に。過去の記憶はほとんど無くしている。彼女を担当した女性科学者は世界で最初の全身義体だと彼女に話す。
 だが脳と義体の間にちょっとだけなじまないところがあり、彼女の視界には時々存在しないものが見える。例えば猫とか、燃える家とか。
 科学者はそれは拒絶反応の一種みたいなことを言い、これを抑える薬を切らさないように
指示する。薬は首の後ろの端子から吸収する。

 彼女が所属する公安9課(セクション・ナイン)はテロ対策部隊みたいな感じで、全身義体の彼女はそこでの実働部隊のリーダー。アニメ版ではメガテク・ボディ社製だった義体は、
「ハンカ・ロボティックス」という会社で造った事になっていて、少佐のバックアップをする女性科学者もその会社の所属みたい。
 メンバーは”ビート”北野たけし演ずる荒巻課長以下、バトー、イシカワ、サイトー、ボーマなどほぼテレビシリーズの顔ぶれだがパズはおらず、代わりにラドリヤという女性がいる。
 荒巻とサイトーのみ日系で、トグサは中国系、あとは国籍もよくわからない俳優が演じている。バトーはデンマークの人らしいが、この人は非常に雰囲気が合っている。
 少佐、課長、バトー以外はほとんどセリフも出番もなく、イシカワやボーマはどこにいたの?という感じ。トグサはちょっとセリフが多いがマテバや家族のエピソードは無し。
 サイトーはちょっとだけ見せ場があるが、お前、イシカワじゃなかったの?という容姿。
 そんな中でラドリヤは微妙に目立つので、これはハリウッドルール(人種や性別をなるべく広範囲に割り振る)とかいうものによる配役かも。タチコマは出ない。

 映画の最初に出る製作会社とかのイントロムービーが、パラマウント、ドリームワークス、どこだかわからなかったけど橋が出て来るやつ、と続いて次に上海電影、という会社が出てああトグサの配役はこういう関係カナー、と思った後にたぶんハンカ・ロボティックス?みたいなイントロがでたような気がするんだけど、これが一種のシャレなのか、本当にそういう会社があってその名前を作中に持ってきたのか、全然違う会社を私が勘違いしているのかよくわからない。これから見る人は注意してみては。パンフにはパラマウントとしか出てないので確認できず。

 ストーリーはオリジナルなんだけど、一応アニメ版の枠組みに納めてあって同じようなシーンはいろいろ出てくる。ビル屋上からのダイブとかゴミ収集車とか、少佐の趣味のダイビングとかビルの上を低く飛ぶ飛行機とか多脚戦車とか。人形使いやオペ子は出ないけど似たようなキャラはいる。押井さんリスペクトみたいな犬も出る。エンドロールで「あ~が~まえば~」みたいな曲も流れる。

 やっぱり気になるのは少佐のビジュアルで、ヌードのはずなのに何か着込んでいるように見えてしまうシーンが目立つ。ただ、予告で見るほど長くは感じない。シーンによって継ぎ目というか隙間というかが見えたり見えなかったりして、質感も人間の皮膚というよりはマネキンっぽく見えたりするんだけど、そこが場面によって違いすぎるかな。スチール写真を見るとシリコン製のスーツを着て撮影して、それにCG処理をしたみたいなんだけど、やっぱり首あたりで段差があって丸首ババシャツを着ているように見えちゃうのであまりカッコ良くはない。女優さんが全裸で演技をしてそこにCG処理をしたらもう少しスマートにできたようにも思うけど、有名女優さんだからそうもいかなかったか。あれなら無理にヌードっぽくしないでベージュ系の色を未夢みたいにもっと金属ですよ、とかスーツですよ、という色に変えてもう少し常に継ぎ目が見えるようにしてしまった方がよかったかもしれない。実在の人間と、アニメの人物のプロポーションの違い、ということもあるんだろう。

 あとは英語のセリフの中にたけしさんの英語力の問題もあってか荒巻課長だけが日本語になっている。パンフによれば誰が何語を話そうが、電脳を通じて即座に翻訳される、ということだったが、それなら他のキャラも中国語なりデンマーク語なりを使って言語の違いはコミュニケーションの障害にはならない、ということをもっと強調しても面白かったかもしれない。
 日本語吹き替え版はアニメ版の田中敦子さんや大塚明夫さんが担当しているようなので、
そちらで見たほうが違和感が少ないかもしれない。

 電脳化された人たちは常に頭の中も監視されているようなもので、自分の記憶と思っているものも知らないうちに書き換えられて、いもしない家族をいると信じたり、実在の家族や自分の過去を忘れてしまったりする。今考えている事が、本当に自分が思いついたものなのか、誰かに誘導されたものなのかわからなくなったりもする。
 家族や過去の自分の記憶が無く、心を許す相手が誰もいない少佐は、自分の考えが本当に
自分の思考の結果なのかわからなくもなる。
 最初のアニメが作られたころはそういうこともあるかもネー、という程度だったけど、今はいろいろリアルな問題になってきていて、この作品はそういう方面にちょっと重点を置いた感じかな。

 あんまりネタバレしないように書くと、この程度です。つまりバレルようなネタがあるんだな、とお察しください。
 どんな意見や感想を持つにせよ、SFファンやアニメファンを自認する人は見ないわけにはいかないんだろうな、とは言える作品かも。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事