メタ坊のブロマガ

真田丸完結

2016/12/19 19:00 投稿

  • タグ:
  • 真田丸
  • NHK
・面白かったなあ。一年間楽しませてもらった。

 こういうのでは単純に「この人が無能」みたいに戦犯を決めてしまっている場合が多い気がするけど、この作品はそういうところがなかった。

 石田三成にしても片桐且元にしても大野治長にしても秀頼にしても淀君にしても、もちろん主人公の真田信繁(幸村)にしても、長所も短所もある普通の人間であって、それが時には英雄となり、時には裏切り者となり、時には賢者となり、時には愚か者となる、誰にもどちらの可能性もあった。大蔵卿局が一人で悪役を引き受けちゃった感じもするけど。

 今後は、この作品の影響を受けないで人物造形するのが難しくなるんじゃないかな。
 似せるにせよ似せないにせよ。うっかりするとパクリだと言われかねないから、これを知らないと脚本が書けないのでは。
 そのぐらい人物像とドラマの文法に影響を与えた作品だったと思う。

 戦国時代の終わりを描きながら、サラリーマン小説のようでもあったし。真田家が大企業に挟まれて翻弄される中小企業のようでもあり、大国に挟まれる日本のようでもあり。

 何ごとも「あいつは絶対悪で敵だ。話もするな協力もするな」と決め付けては、国家の存続も企業の成長も、個人の生活の安定もないんだろうなあ、なんて思ったした。
 敵を作らないと存続できない国家や宗教や党や個人は難儀だな。もちろん善と決め付けてもいけないわけだが。相手が善でいてくれるか悪に転じるかも、自分の力量次第でもある。
 信念を曲げて生き残っても上杉景勝のように心に悔いを抱えて生きる人もいれば、伊達政宗のように生きるためだと割り切ってしまう人もいる。

 最終回近くになっても、スキあらば小ネタのギャグを忍ばせてくるのも楽しかった。
「黙れ!小童」返しとか、「生きて帰ったら夫婦に」とか「そんなこと言うと、どっちかが
死ぬことになってんだ」とか。

 大坂夏の陣と冬の陣と、どっちが先でどっちが後か、すぐわからなくなってたけど今後は
間違うことは無いだろう。

 秀吉や三成や秀次、昌幸なんかが回想シーンで出てくると、遠い昔のように感じた。
 密度の濃い一年間だった。

 おそらくこれまで日本史に興味なんかなかった若い人も、大勢引きつけたと思う。いろいろ言われちゃうNHKだけど、やっぱり民放でこれは創れないと感じさせる力量があった。

 関係者の皆さん、お疲れ様でした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事