目押しガトリング(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵

Evo Japanで見た光景はあまりにも美しく、尊かった。そして次の展開へ──

2018/01/29 18:39 投稿

  • タグ:
  • 格闘ゲーム
  • 格ゲー
  • evo
  • evo_japan

世界最大の格闘ゲーム大会であるEvolution通称”evo”
毎年8月に行われる等大会だが、初の開催となる派生大会”evo japan”が日本時間1/26~1/28、池袋サンシャインシティ内ホールと秋葉原UDXにて行われた。

記者が会場で見た光景は、想像を遥かに超えた”絶景”であった。
決められた各企業のブースの間に、通路に、そして勝ち上がる為、今まさに戦いを行うために設置された対戦用モニターの間という間に人、人、人。圧倒的だった。

皆一人ひとりが異なる目的を持ち、同会場に集結していた。
ある者は選手として、栄光をつかむ為に
ある者は選手として、記念すべき日を楽しむために
ある者は運営として、初の開催を成功させるために
ある者は運営として、ボランティアとして支えるために

皆が笑い、国籍を超えた会話・応援。対戦画面を通じて会場が一喜一憂する。
その後握手によるお互いの健闘を称え合い、その光景を見た観客が拍手で祝福する。

これを”美しい”と評せず何を美しいと表現するのだろうか。

記者が見た光景は間違いなく”sports”そのものであった。
国籍人種問わず人と人が全力で競い合い健闘を称える光景はあまりにも尊く、美しかった。
そして
3日間主役は間違いなく参加した全ての選手達そのものであった


しかしながら、問題はまだまだ多く残る。
・スタッフ数や動員方法。
・各選手への配慮、細かい確認方法。
・会場のキャパシティ
・開催曜日・日程発表

・電源の数やモニター・ヘッドセットといったプレイに影響がでるデバイスの統一。
etc...
実際、記者自身も対戦において感じたものもあった。
同じモニター(同じ設定)、同じコントローラー、同じキャラクターを動かしているのにどうにも操作が同じにならない。おそらく電圧の問題。電子機器は十分な電力供給があり初めて想定したフルスペックのパワーを発揮する。特に格闘ゲームは何度も何度も各各々のコントローラーを抜き差しする為それ1つでも電圧周りに影響が起きる。
実際、海外勢のパッド使いがPS4に有線接続を行っているにも関わらず、十分な充電を得ることができていなかった為誤作動に繋がり、トラブルが起きた場面に記者も出くわした。
この記事を読んでくださっている読者の方の中にも、電源が弱ってきたPC等でUSBを抜いた瞬間にPCそのものが落ちる。こういった経験がある人もいるのではないだろうか?

格闘ゲームは1f(フレーム。1/60秒)を争う種目。表面上では滞りなく動いていても真っ先に影響が起き、プレイしている人のみがわかるトラブルというわけだ。これを”人員が足りないため助けに来てくださった急募のボランティアスタッフ”に説明したところで通じるであろうか?可能性は低いだろう。仕方がないことなのだ。
念の為、これは”ボランティアスタッフが悪いのでは決して無い”ということは明記させていただきます。

こういった細かい問題はまだまだあるだろう。しかしだ、改善・改良というものは”基準となるものがあって初めて成立する行動”なのである。
そして、これらは羅列するなら誰でも書けるが、実行するには並大抵の努力や行動で改善・改良できるものではない。ということはすぐに分かることだ。
そしてEvo Japan最終日、閉会式にてMark Julio氏は静かにこう語った。

see you next year.

と。

確定ではないのであろう。しかし”改善・改良”の機会が来るのかもしれないのだ。
では、我々にできることとは何だろうか。来るべき日に向けて選手は腕を磨き、スタッフや運営陣は今回得た情報を活かすことではないだろうか?

そして今回来場が叶わなかった人がいるのであれば是非来場してみてほしい。
実力や経験など関係ない。あの場にはひたすらに格闘ゲームが好きな人々が集まっているだけなのだ。

そして願わくば来年、より多くの笑顔と感動、喜びの声が集まることを祈って。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事