メロンパの独り言やけどちょっと見たってや

【ローテ】第四回福岡ローテオフ Dragon Night構築による対戦レポ

2016/03/19 22:15 投稿

  • タグ:
  • ポケモンORAS
  • ローテーションバトル
  • 福岡ローテオフ
  • もつオフ
もつオフの対戦記事を書いていこうと思います。
めちゃくちゃ長い上に日本語が雑なので注意してください。

使用パーティは
【ローテ】第四回福岡ローテオフベスト4 Dragon Night構築


それでは振りかえっていきましょうか。
パーティの中の太字のポケモンは対戦のときに用いられたポケモンで、その中でも下線が引いてあるものは裏選出のポケモンです。


【予選1戦目 vsひゅーずさん】
ひゅーずさんのパーティ
ヌケニン バンギラス ジバコイル カイリュー マリルリ ヒードラン
こちらの選出
ヒートロトム ナットレイ ニンフィア + ボーマンダ

こちらが初手瞑想と悠長なことをしている間にひゅーずさんは初手から腹太鼓を決めて多大なプレッシャーをかけられる。だが2手目でそのまま突っ張ってきたマリルリに対してハイパーボイスを当ててマリルリを落とすことにより状況はこちら有利に傾く。
裏からバンギラスが出てくるもののヌケニンが日本晴れを行う。その後バンギラスがメガシンカするもののまた日本晴れを行い天候はコロコロ変わっていく。
フェアリーが一貫しているのでハイパーボイスを打ちたいがうまくヌケニンを合わされてしまう。メガシンカされたバンギラスに竜の舞を許してしまうが、バンギラスが瓦割りを選択したターンにうまくヒートロトムで鬼火を当てることが出来た。
その後は1回舞われたカイリューの地震をヒートロトムで合わせることにより回避し、晴れオーバーヒート2回と宿り木ダメージでカイリューを落とす。ここで降参が選ばれた。


【予選2戦目 vsヒシンさん】
ヒシンさんのパーティ
エルフーン
 ガブリアス ポリゴン2 ギルガルド リザードン 水ロトム
こちらの選出
ヒートロトム ナットレイ ニンフィア + ギャラドス

初手からリザードンが来る気配を感じたのでヒートロトムを合わせる。予想通りリザードンが回ってきてメガシンカしてメガリザードンYとなる。大文字を半分弱で耐えて返しの10万ボルトを放つと、なんと急所にあたりリザードンを落とすことに成功する。
裏からガブリアスが出てくる。ポリゴン2エルフーンガブリアスの3体の並びには気をつけなければならないのに圧倒的爆運の前に浮かれていたメロンパは気付きすらしなかった。
次のターンに重力を打たれて浮かれていた気分が一気に冷めてしまう。
こっちの並びを前にすぐに地震を打つことはないだろうと思ってはいたが、一応その線も考えて一番眠っても大丈夫そうで鉢巻地震なら耐えるナットレイを回すものの案の定草笛が飛んでくる。その後ナットレイは寝続けガブリアスに1回剣の舞を打たれてしまったので地震の一貫が完成する。ニンフィアとナットレイは必要だと感じたのでヒートロトムに落ちてもらいそして、裏のギャラドスが出てくる。威嚇によってガブリアスの火力を少し下げることが出来る。
このターンに重力が切れる。また重力だと思ったのでギャラドスをメガシンカさせて竜の舞を選択する。重力を選ばれはしたもののガブリアスの上から攻撃をすることが出来るようになる。
エルフーンの追い風アンコール草笛に気をつけながらナットレイを動かし続けていると起きてエルフーンにジャイロボールを当ててくれた。タスキを発動させたことにより安易なアンコールは許さない状況を作る。
また重力が切れたところで氷の牙が打ちやすい場面だったためギャラドスを回すとうまくガブリアスが出てくれたことで落とすことに成功する。ここで降参が選ばれた。


【予選3戦目 vsうめqさん】
うめqさんのパーティ
ニョロトノ オムスター ボーマンダ ゴロンダ ニンフィア ナットレイ
こちらの選出
ボーマンダ ニンフィア ナットレイ + シャンデラ

時間切れにより裏に選ぶ予定だったヒートロトムが選べなかったという事件がいきなり勃発する。
しかし気を取り直して冷静に状況を振りかえる。相手のオムスターはこだわり眼鏡だと思うので出来れば水技を打ちたいはず。ニョロトノの熱湯火傷が怖いが冷凍ビームなら耐えそう。ナットレイはこちらのナットレイのことを考えてジャイロボールは選択出来ないはず。ということで初手からボーマンダで竜の舞を選択する。次のターンに一貫している瓦割りを選択したもののナットレイに半分しか入らずしかもオボンが発動したため悲しみにくれる。雨ターンにオムスターは動かしたいはずと思ったので、オムスターが出てくるまでナットレイで突っ張ろうと思っていたらその2ターン後にオムスターが出てくる。雨眼鏡ドロポンの超火力であったが、特殊受けナットレイでしっかり受け切り返しのタネマシンガンで落とす。
うめqさんの裏選出はボーマンダであったが、ここで捨て身タックルの一貫性が出来ていることに気付いたので落とされること覚悟で押すと、相手のボーマンダを9割削ることに成功する。しかし竜の舞を選択されたために、余談を許さない状況となってしまう。
その後ジリジリとした戦況が続くが、相手のボーマンダの龍星群をニンフィアで受けて返しのハイパーボイスで落としたことが決め手となってここで降参が選ばれる。


【予選4戦目 vsジーンさん】
ジーンさんのパーティ
ライコウ サザンドラ ハッサム ファイアロー バンギラス ブルンゲル
こちらの選出
ヒートロトム ニンフィア ナットレイ + ボーマンダ

ジーンさんの初手をサザンドラで突っ張るかライコウの壁張りだと予想した自分はニンフィアで瞑想を選択したが、メガハッサムにいきなり剣の舞を選択されてしまい状況としては非常によくないものとなる。
その後悪の波動で怯んだり、10万ボルトを打たれるとそのままマヒしてしかも2連続で動かないという不運が押し寄せる。その次のターンにニンフィアを回したところしっかりとハッサムを当てられ落とされてしまう。心が折れかける。
裏のボーマンダが威嚇をハッサムに入れてくれたのでボーマンダはどのポケモン相手にも1発で落とされることはないだろうと判断し、速攻メガシンカして竜の舞を積む。ジーンさんはリフレクターを選択。こちらは瓦割りがある上にまだダメージを受けていないためにもう1回積むことが出来た。次のターンに一貫している瓦割りを選択するがメガハッサムに4割以下のダメージしか入らず固さに驚く。一方相手のジーンさんもこちらのメガボーマンダの固さに驚いていた。ボーマンダは羽休めを使いながらジリジリと戦う状況が続く。
裏はファイアローだろうなと思って立ち回っていたが、ライコウを落としたところで出てきたのはバンギラス。ここでこれは勝てるのでは?という思いが芽生える。
その後は瓦割りの一貫を取れるようにゆっくりと立ち回って悪タイプの2体を落として、最後はヒートロトムでハッサムを落として勝利を手にすることが出来た。


【予選5戦目 vsツインさん】
ツインさんのパーティ
ガルーラ ヤミラミ ボルトロス オニゴーリ ピクシー メタモン
こちらの選出
ヒートロトム ナットレイ シャンデラ + ギャラドス

見ての通りの害悪パーティ。見た瞬間にはぁ~?って言ってしまった。
こちらに関しては是非BVを見ていただきたい。気持ちいいくらいの完勝である。
TUUW-WWWW-WW3P-29KW
こちらのやりたいことを全て通せたこの日一番の出来の試合である。


【予選6戦目 vsプリンプリンさん】
プリンプリンさんのパーティ
ガブリアス ジバコイル エルフーン ヘルガー クチート 霊獣ボルトロス
こちらの選出
ヒートロトム ナットレイ ニンフィア + ボーマンダ

プリンプリンさんの最初の3匹を見た自分「あっ!これ進研ゼミで出たところだ!」
さっきのヒシンさんの対戦での記憶を生かして重力パであることを見抜く。
初手はジバコイルでの重力だろうと決めつけて初手からオーバーヒートをジバコイルに当てて行く。
その後草笛でヒートロトムとナットレイが眠らされてしまうが、重力最終ターンにガブリアスが回ってきたところをニンフィアでしっかりと合わせ、ハイパーボイスで落とす。
裏からヘルガーが出てきたところでヒートロトムを落とすことに決める。エルフーンに日本晴れを打たれてメガヘルガーにヒートロトムは数ターンで落とされてしまうが結果として晴れターンを稼ぐことに成功。
あとは大事にしておいて眠らせたニンフィアのいびきとハイパーボイスで3体落として勝利をつかみ取る。


【予選7戦目 vsいざわさん】
いざわさんのパーティ
サザンドラ ファイアロー クチート シャンデラ ガブリアス ブルンゲル
こちらの選出
ヒートロトム ニンフィア シャンデラ + ギャラドス

ここから午後の対戦。気の抜けない試合が続く。
こちらの並びに対していざわさんが取った選択はサザンドラで初手波乗り。
こういうときはサザンドラが序盤に出やすいと決めつけている自分は1点読みでニンフィアを回しハイパーボイスで落とす。
裏からファイアローが出てきてヒートロトムがぶっ刺さってるなと気付く。
ハイパーボイスでシャンデラのタスキを削り、シャンデラミラーでの先攻を取ることが出来たためいざわさんのシャンデラも落とす。ここで降参が選ばれた。


【予選8戦目 vsそーきさん】
そーきさんのパーティ
クチート ポリゴン2 ブルンゲル サザンドラ ファイアロー 霊獣ボルトロス
こちらの選出
ヒートロトム ナットレイ ニンフィア + ボーマンダ

この時点で1敗のそーきさん戦。予選を勝ち抜くには絶対に勝つ必要があった。
そんな中始まった試合だが、初手相手のトライアタックでナットレイがいきなり凍る。そして溶けない。
結果としてこの試合中にナットレイの氷は8ターン経過しても溶けずに、試合が終わるまで永遠に溶けることはなかった。
そういう不運により再度心が折れかける中で霊獣ボルトロスの珠ヘドロウェーブが二度ニンフィアを襲う。1度目のヘドロウェーブをしっかり7割ほどのダメージに抑え瞑想を積む。2度目が襲ってきたときにある程度体力が削れていたのだがHPを5残してハイパーボイスで霊獣ボルトロスを落とす。
戦っていくなかでポリゴン2に回復技はないのでは?と察し、ナットレイが溶ければ何とかなりそうと判断。ニンフィアでガンガン押していって削りに行く作戦に出る。これが結果として功を奏し、クチートが叩き落とすを数回選んだターンに全てニンフィアで受け切ることが出来、ハイパーボイスでクチートを落とすことにも成功する。
その後はヒートロトムでファイアローを10万ボルトで落としたところで降参が選ばれる。
この段階で8勝0敗として予選通過を決定させる。


【予選9戦目 vsめんたいさん】
めんたいさんのパーティ
ボーマンダ マリルリ ギルガルド 霊獣ボルトロス ファイアロー ウルガモス
こちらの選出
(多分) ヒートロトム ナットレイ ボーマンダ + ニンフィア

この試合のBVを撮り忘れ、しかも試合展開をほとんど覚えていないという痛恨のミス。
多分ボーマンダがうまいこと積んで勝ったという試合だったはずです。
正直申し訳ない。
この段階で9勝0敗として、予選全勝で勝ちぬける。


【決勝トーナメント1回戦 vsきゅんさん】
きゅんさんのパーティ
ボーマンダ ライコウ ヒードラン ドリュウズ マリルリ エルフーン
こちらの選出
ニンフィア ナットレイ ヒートロトム + ボーマンダ

決勝トーナメント1回戦のお相手は去年のもつオフ予選でボコボコにやられたきゅんさん。
こちらは型破り地震が一貫するポケモンが多いためにボーマンダを表選出で出したかったが、その際に裏のポケモンが相手に刺さらないということが起きそうだったので通常通り基本選出を選択した。
序盤は予想通りドリュウズに荒らされてしまう。宿り木を入れることによって何とかしようと試みた。ドリュウズが珠持ちであったこともあり、珠と宿り木のダメージをメインにしてドリュウズを落とすもののナットレイとニンフィアが大きく削られてしまう。
裏はエルフーン。正直一番予想してなかったポケモンが来たので意外であった。
次のターンはきゅんさんのボーマンダの身代わり。ここでハイパーボイスを押したことが結果的に勝利に繋がったのかなと思う。壁下ということもあってダメージは半分弱であったが、身代わりを残しつつ体力を大きく削られてしまったことが舞う隙を与えなかったのだろう。
次のターンにヒートロトムで身代わりを破壊してボーマンダに身代わりすらさせないようにする。
その後ニンフィアはボーマンダに落とされてしまうが、こちらの裏のボーマンダの威嚇が入り有利な状況を作る。
1回舞ってエルフーンのアンコールを警戒しながら捨て身タックルを打ってライコウを落とす。
あとはエルフーンの素草笛がボーマンダに入らないように慎重に立ち回り、順当に落として勝利を得る。ここでベスト4が確定する。


【決勝トーナメント2回戦 vsれもんあめさん】
れもんあめさんのパーティ
霊獣ボルトロス ガブリアス ブルンゲル クチート ファイアロー ゲンガー
こちらの選出
ヒートロトム ナットレイ ニンフィア + ボーマンダ

決勝をかけた大一番。何としてでも勝ちたい相手であった。
しかしその意気ごみとは裏腹に2手目のクチートのアイアンヘッドによりニンフィアが落とされてしまう。
あとは霊獣ボルトロスの気合い玉とクチートのじゃれつくという暴力を受けながら何とか満身創痍になりながら何とかクチートを落とすものの裏から絶望のファイアローが出てきてこれで敗北が決定。
正直もっといい試合をしたかったのだが、レベルの違いがありすぎてその段階までも至らなかった。
その勢いのままれもんあめさんは優勝を決めてしまった。







もつオフという最高峰のローテオフでベスト4という自己最高の成績を出せたことに関しては満足してますが、優勝するまではまだまだ道のりは遠そうです。
来年に向けてまた精進していこうと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事