KEIBA探偵事務所

競馬予想「鳴尾記念」

2016/06/04 10:04 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 鳴尾記念
阪神11R 第69回 鳴尾記念(GⅢ) 芝2,000m

宝塚記念へ向けての叩き台となるヤマカツエース、ステファノス。ここは確実に勝ち負けを狙いに行く③サトノノブレスから狙います。

前走、天皇賞春は一気の距離延長もそうですが思ったような位置取りもできず不完全燃焼の競馬。それでも勝ち馬キタサンブラックとは4馬身半差(0.7秒差)なのでしぶとさは見せていました。58kgを背負った中日新聞杯での鮮やかな差し切り勝ちを見ていれば、この距離で何も心配する要素はありません。

今回は金鯱賞(3着)以来の負担56kg、鞍上は先週ダービージョッキーの名を手にした川田将雅。川田騎手の追い方はノブレスの良さを十二分に引き出せるので、相手関係も軟化したここで賞金を着実に重ねておきたい所。去年大ブレイクしたラブリーデイも、天皇春敗戦からここを使っていましたね・・・

調教ではサトノアラジンに併走遅れこそしましたが、アラジンが動きすぎただけなので問題ないでしょう。アッシュゴールドには2馬身先着(アッシュゴールド・・・・?)

叩き台とはいえ、追い切りで猛時計を叩き出している⑩ヤマカツエース。2000mならとても外すことはできません。年明けの中山金杯でもスローペースで逃げたマイネルフロストを5番手から難なく捉え、僅差の圧勝といってもいい内容でした。阪神はアーリントンC以来の参戦。馬券を抜きにしても今後が楽しみな一頭。

その他データ的には不利でも8歳馬①メイショウナルト⑦パッションダンスらがこの頭数だと食いこんできそうな気配もあります。

3連複
③=①④⑦⑩⑫(10点)

馬連BOX
①③④⑦⑩⑫(15点)

◎ ③サトノノブレス
◯ ⑩ヤマカツエース
▲ ⑫ステファノス
△ ④アズマシャトル
△ ⑦パッションダンス
★ ①メイショウナルト


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事