KEIBA探偵事務所

競馬予想「東京優駿(日本ダービー)」

2016/05/29 11:03 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 東京優駿
  • 日本ダービー
東京10R 第83回 東京優駿(GⅠ) 芝2,400m
おはようございます。今日はいよいよダービーデー。このコラムでの本命◎は2年連続1着、昨年は3連単的中という実績があるので、今年は多分外れます。二度あることは三度ありません!なにしろ予想再開後、一度も馬券が当たっていない状況です。当コラムの逆神予想を最後までお楽しみいただければと思います。

今年は6強、7強と言ってもいい大混戦のメンバー構成。皐月賞馬①ディーマジェスティを筆頭に、ここまで全戦上がり最速、逆襲を誓う③マカヒキ、勝ち鞍には見放され続けているものの善戦が続く⑤エアスピネル、このままでは終われない”逸材”⑩サトノダイヤモンド、エアスピネルを豪脚一閃・この距離で真価が問われる⑫リオンディーズ、青葉賞から殴りこみの新星⑭ヴァンキッシュラン。そして京都新聞杯を制し既に重賞3勝の⑩スマートオーディンなど、惑星も含めどれが馬券に食い込んできてもおかしくない状況。

軸は⑧サトノダイヤモンドです。前走、皐月賞は休み明けかつ調教も今回と比べると軽めの内容での出走。リオンディーズから受けた不利は普通のアングルでのレース映像を見ていても明らか。2回目のあの接触があってなお、中山の坂を抜けてから差し切れる化物はなかなかいません。


それでも直線ではエアスピネル、加害馬リオンディーズをかわしての3着と力を見せつつの決着。ダービーを意識した走りはしっかりできていましたし、不完全燃焼で疲れも残らない競馬でした。
今年のダービーに池江師が懸ける気持ちは相当なもので、ここまで毎週強い負荷をかけながらの調教を行い、最終追い切りでは6F81.6~5F66.2~4F52.0~3F38.3~1F11.8でサトノノブレス(14年日経新春杯馬)を最後あっさりと捕らえ0.5秒先着。実戦を見据えた非常に内容の濃い追い切りでした。広い府中はこの長くしぶとい末脚を発揮するに十分な舞台。内枠の人気2頭がマークされている間にあっさりとゴール板を駆け抜けてもらいましょう。

単穴として⑭ヴァンキッシュラン、△に⑬レッドエルディストも挙げておきます。今年は皐月賞組のレベルが高いのはもちろんですが、青葉賞からの参戦馬も相当レベルが高いと見ています。勝ち馬ヴァンキッシュランは道中4~5番手追走から早めに抜けだすと、猛追するレッドエルディストらに影をも踏ませず差を広げ1着入線(2:24:2)。降着になった500万条件戦含め、3戦連続の2400m1位入線となりました。そのレッドエルディストも落鉄のアクシデントがありながらあの上がり最速33.9ですから、相当な地力を持っているのは確か。軽視されていた共同通信杯からそのまま大舞台を制したディーマジェスティのように、実は青葉賞組が一番強かった、なんてことも十分考えられます。両頭ともスムーズに追走できる枠に入りました。期待します。

単勝
⑧サトノダイヤモンド(1点) 4,000円

3連単1頭軸流しマルチ
⑧=①③⑩⑫⑬⑭(90点) 計9,000円

◎ ⑧サトノダイヤモンド
◯ ③マカヒキ
▲ ⑭ヴァンキッシュラン
△ ①ディーマジェスティ
△ ⑩スマートオーディン
△ ⑫リオンディーズ
★ ⑬レッドエルディスト


今年は現地観戦しません!!!(ジャパンカップで徹夜した人)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事