メイちゃんPのブロマガ

会社の辞め方

2020/03/23 17:52 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 仕事
  • 辞めたい
  • 転職
  • メイちゃんP
会社を退職した事について書きます。今は世間に暗い影を落としているウイルスによってせっかく内定をもらったのに取り消しされたりとか本当に気の毒な話なのですが、一方で新入社員さんが入社間もなく辞めていくという話を聞いたので一筆書こうと思いました。


私はこうやって会社を辞めました

7年前くらい前の話になりますが、5年ほど勤めていた会社を辞めると決めた時、まず同僚(現場によっては上司になる)に相談しました。この同僚は私より年下ですが、その方はその時点でこの会社に10年以上勤めているベテランさんで、私が入社した時から仕事に対する基本姿勢はすべてこの方に教わりました。

当時はその事業部のトップにいた私ですが、退社するきっかけになったのは会社が嫌だからとか仕事がきついからというマイナスイメージからではなく、自分が前進する前向きな理由からでしたので目的がありました。決めたのが退社から一年前。

それがあってから自分がいなくても事業部がうまくいくように、後輩の指導・育成や、折に触れて引継ぎできるようにいろんな事を周りに少しずつ教えたり任せるようにしていきました。
自分が辞めるということは、前述の同僚一人にしか話していません。

退社から3か月前。やっと会社の上のほうに「●月いっぱいで会社を辞めます」と伝え、後輩たちにも伝えました。

退職する際は引継ぎをすべて行いました。しかし実際は退職してから何年かは後輩や同僚から過去の仕事内容や事例について問い合わせやアドバイスを求められたりすることもありました。

綺麗な引き際

こうしていくことによって手順を一つ一つ踏んでいき、退職した後は何に対してもカドを立たないようにしたつもりです。でも完全にカドが立たないという事は何事においても難しい事ではあるのですが...。

退職後は「いつでも会社に戻ってください、待ってますから」と上のほうからよく言われました。綺麗な引き際というものが出来たと思います。これもすべて前述の同僚の言われたとおりにしただけの事なのです。


その甲斐もあって、7年後に本当にこの会社に出戻りで再就職し、同僚(今では上司)と先輩(出戻りなので)とともに元気いっぱい仕事をしております。(オチ)


自分に正直に

会社に入ってすぐに辞めてしまう人が多いご時世、これに対してはその人の考えがあると思いますのでとやかく言うつもりもありません。

私が19歳の時に初めて社会に出て就いた仕事は、仕事初日に「この仕事は向いてない」と直感しました。それから向いてないと何度も何度も思いながら嫌な仕事を続け、当時のご時世なのでしょう「この仕事辞めたら次が無い」などと不安に捕らわれながら6年間頑張りました。

これが後々になって自分の心身に悲鳴を上げることになるのですが、自分に合わない、自分にとって嫌な事(ストレス)はパッと辞めたほうがいいと思います。ある意味逃げるべきと思います。
今となっては「もう少し早く辞めるべきだった」と思いますし、辞めて後悔も微塵も思いません。

ですが、一度入社して仕事をしていく中で、出会った困難や苦境は全部自分の肥やしになるとは思います。自分がどのような人間であるのか、何に対して向いているのかがわかってきます。最低半年、3か月はなんとか踏ん張っていくべきではと思います。

辞めたいと思ったのなら、まず次の仕事について視野・関心を持ち、情報収集する事です。
「隣の芝生は青い」と言いますが本当だと思います。自分以外の仕事は、どうしても良く見える部分だけが見えて、その裏の部分はなかなか表になって見えてきません。

その分野の仕事をしている方に聞いたほうが一番です。今はyoutubeでいろんな「仕事の一日
」みたいなのがありますが、見ていてとても面白いですよね。

次の仕事の方向性が決まったら情報を集め、これだと思ったら手順を踏んで綺麗に辞めて、次の仕事にスムーズにチェンジする。


出会いが人生を左右する


今でも毎日、安い給料で土日もなく働いている私ですが、やっぱり職場でどんな人に出会うかが、生きていく上で重要なキーになるかもと思っています。その接点は人生にも影響を与えるかもしれません。
逆に無能な上司や社員の事をぞんざいに扱う会社に出会ってしまったら、こんな不幸はありません。即刻逃げるべきだと思います。

偉そうに長々とすみませんでした(^^;











コメント

Din_PPP
No.1 (2020/03/24 01:05)
退職だけでなく異動のときも引継ぎって大事ですよね。僕も始めた仕事が自分に合ってないと思いつつも、「3年働けば世の中が見えてくるだろう」と高校時代に先生の一人に言われたので粘っておりました。結果、…10年くらいしてようやく、アメリカ人の考え方をいきなり日本人に押し付けてもいざこざが増えるだけだと気付きました(高校時代にアメリカに本部がある宗教にどっぷりだったもので…)。
メイちゃんP (著者)
No.2 (2020/03/24 19:54)
>>1
まず最初にコメントが付くとは思ってなくて誠に誠にありがとうございます(இдஇ )

インターネットがない時代ではもう自分のコミュニケーションの範囲が相当狭くて自分の職場の人だけとしか付き合いも無くて、その職場の世界でのみ生きていた感じで世の中も何もわかりませんでした/ (^o^)\
むしろ退職した後のほうが少しだけぼんやり分かった気がしました。30歳で病になり社会復帰まで4年かかりましたが、ネットに初めて接続した35歳くらいからは、人生も色々変わってきました(^^;
Din_PPPさんの投稿動画を見た際にしても、機会があったらじっくりお話してみたいなと常々思っております(^^
ありがとうございます。

コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事