メグマレコードのブログ

遅ればせながら夏コミの事と今後のメグマレコードと最近思うことと。

2015/08/28 13:36 投稿

  • タグ:
  • VOCALOID
  • コミックマーケット88
  • 同人音楽
  • 紫陽花
8月がもうすぐ終わりますが、夏を堪能できたかどうかは個々の判断に任せるとして、とりあえず遅ればせながら夏コミの事から記していこうかと思います。

新譜の発表を今更ながら。

メグマレコード5thSingle『紫陽花』


1.紫陽花 -初音ミク-
2.嘆きの城 -GUMI-
3.紫陽花 -off vocal-
4.嘆きの城 -off vocal-


ジャケットの写真は前回の超会議でも手伝ってくれた友人のカメラマンさんの写真を使わせて頂きました。

 タイトルである歌詞のテーマも、たまたまTwitterにカメラマンさんがこの写真を上げていたので「紫陽花いいなぁ。綺麗だなぁ。」と感じ、それをテーマに英吉利さんの楽曲にいつもより若干ストーリー性のある歌詞をしたためて作りました。
 カメラマンさんも快く写真を使うことを許諾してもらい、こうして形にできました。
ジャケットがいつもと違い、キャラクターではなく写実的な表現はボカロではあまり見られないので大丈夫か多少の不安もありつつ(VOCALOIDは音楽コンテンツでありながら、まだまだオタクコンテンツである側面の方が大きいと感じるので)、それでも聴き手の皆様には評判良く受け取ってもらえたと感じました。
  
 今回は告知もあまりままならない中、どうにか新譜完売の運びとなりました。
前作「Humanity Saga」からというか、動画からは「universe」で正式加入してもらった英吉利さんもイベントは初参加。

 彼の英語力で外人のお客様の心をぐっと掴みつつ、現地での試聴で良い反応を頂いたり、繋がりのある方々が、顔を見せてくれて作品を手にとってくれたりとありがたい限りでした。

とはいえ製作中からのことを考えれば反省点も多く、そこから次回の動きをもっとはっきりさせていこうと言うのが今回の結論ではあります。

 どこをどう反省というのをいちいち記していくことでもないので特に書きませんが、まだ製作に対しての甘さが残る部分は否めなかったということです。

 特にイベントで手にとってもらう作品は買い手の方にお金を出してもらう楽曲な訳なので特にそこは納得のいくものを提示しなければいけないとも思いますので、また次回、気合を入れて作りますので、冬コミの作品にも期待していただければ幸いでございます。

と、言った今回コミックマーケット88でのメグマレコードの概要なのですが、今後の事とか最近感じることとか少し語ってみようかと思います。


 友人の誘いからノリと勢いで立ち上げたこのメグマレコードですが、自分たちがやりたいことも、英吉利さんが加入してからハッキリしてきたというか、とにかく僕は「バンド時代にできなかったことをやろう!できる限りプロっぽく!」をコンセプトにしてる面があり、そこは英吉利さんも同意してもらって、というかプロっぽくの楽曲作りには僕一人のアイデアだけでなく、英吉利さんの楽曲を纏め上げる力も無ければ進めない道だと思うので、最近は二人楽しく創作に打ち込めていると思います。

 発想的な面や技術的な面でお互いが感化されながら進めていく創作はとても楽しくあります。

 自分ごとですが、昔のバンドではできなかった、音楽的な面での突き詰めと、自分たちが納得できる楽曲作りの打ち合わせ等は今になってできる事がとても楽しく感じます。

 昔のバンドが嫌だったとかそういう話でもなく、楽曲はこうやって作り上げて行くものなのだなと、そしてその経験の浅い自分にとって一緒にやってくれるメンバーの有難さを痛感するばかりなのであります。

 互いが互いの発想を尊重し、それをどうやったら更にいい方向へ持っていけるか二人で考え、それを計画的に今後進めて、ある程度結果の見込める行動を取っていこうという部分で進めていますので、冬コミの作品にも期待してください!受かれば!

 と、その冬コミの前にも動画を上げたいというのもあるのでそれも期待していただければ。
お金を取らない創作だからといってそこはそこでマジメに取り組むので、また観てもらって、聴いてもらって、楽しいものになればよいなぁと考えますのでご期待ください!

 その他いろいろ語りたい部分もあったのですが、書いていて忘れてしまったので今日はこの辺で。

今後の活動を更に大きく楽しみにしていただければ幸いでございます。

 ガンバルゾ!



 



 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事