ニコニコで読む駄作小説

東方WITH A MISSION~狼達が幻想入り~ MISSION23 サンちゃん、迷子になる

2016/11/13 03:27 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 東方
  • 幻想入り
  • MAN_WITH_A_MISSION
守谷神社を後にして、1~2時間程経過した。道なりに行けば人里につくことは、神社から確認出来ていたので、特に急ぐことも無くのんびりと歩いていた。

(イイ天気)

 天気も良く、吹き渡るそよ風も相まって、まるでピクニックをしている気分だ。だが一人でのんびりしている時間と言う者は、割と第三者の横やりが入って台無しになる。

(何ダロウ、イキナリ獣臭クナッテキタ)

 もとより頭は狼体は人間のサンタモニカ。勿論、嗅覚もそれなりに発達している。獣臭程度、嗅ぎ分けることぐらいは造作もなかった。

(熊カナ? 足音モ聞イテミヨウ)

 さすがに臭いだけでは特定できなかったのか、今度は世界中の音楽を聴いてきたその耳で足音を確認する。かなりの重量で大地を踏みしめる、ズシ、ズシ、という感じの足音が聞こえる。音だけで大雑把に確認して、500m前後と言ったところだろうか、まっすぐこちらに来ている。そして、かなりの大きさだということが分かった。

(ヤッパリ熊サンダ。シカモメッチャデカイ)

 もう少し耳を澄ませて聴いてみると、粗い息遣いもかすかに聞こえている。どうやらかなり空腹なようだ。若干の蛇行を繰り返している足音を聞くに、こちらを完全に確認出来ている訳ではなさそうだ。たぶん、鬱蒼と生い茂る森の木々の隙間から、チラチラと見えているかどうか、といった所だろう。残念ながら、こちらからは森が日の光を遮っているため視認できない。

(オ、チョット見エテキタ)

 森の奥から薄らと確認できた。シルエットから、熊だということは直ぐに確認出来た。ちらりと入った日差しに照らされた顔は、ツキノワグマのように見えた。相手の方もこちらを完全に視認出来たのか、木々をかわす以外の蛇行は一切無くなった。

(アレ?ツキノワグマッテ人間ヲ襲ッタリスルノカナ?デモ、オ腹空イテイタラオソウヨナ。……テ言ウカ俺人間ジャナイヤ)

 などと考えているうちに、双方20mも無い距離まで近づいていた。数瞬の間、互いににらみ合いが続く。先に動きを見せたのは、サンタモニカだった。

(熊鍋!!)

 今夜の晩御飯を想像しながら、熊に勢いよく襲いかかるサンタモニカ。しかし、襲いかかるサンタモニカに全くひるむことなく、熊が突進してきた。一撃で仕留めるつもりだったサンタモニカは、思いっきり腹が無防備になっていたためか、熊の突進を真正面からくらってしまった。

(オウフ!?)

 くらってしまったまでは良かったが、否良くないが、道の反対側にでも吹き飛べば直ぐに反撃できるだろう。と考えたサンタモニカは直ぐに考えを改めた。勢いが全く衰えることも無く、後ろの木々をなぎ倒しながら森の方へと飛んで行った。

(コレ熊ノパワージャナイヨ!?)

 などと逡巡していると、ようやく着地することが出来た。ざっと突き飛ばされた距離を目測したが50mは超えているだろう。そのぐらいの距離があった。しかも、既に熊がこちらに向かって走ってきている。

(今日ノ晩御飯ハ美味シク頂ケソウ)

 サンタモニカが今日の晩御飯を想像し、舌舐めずり熊に立ち向かっていく。が、若干パワー負けするのか、熊の突進を受け止めきれず、そのまま後ろに押されてしまう。

(スゴイパワーダ! コンナ時、タナ輩ダッタラ一撃デ仕留メルダロウナ)

 だが押されている中で、ふと気付いた。熊であれば、本来直ぐに使うであろう手段を、この熊はまだ使っていない。

(ソウイエバ、コイツ爪使ワネエナ)

 一切爪を使わない熊など聞いたことも無い。それにこの熊も、例外なく鋭く長い爪をもっているではないか、その爪を使わないなんてモッタイナイ。

(使ワナイウチニ折ッチャオウ)

 思い切り熊の前足を右、左と踏みつけ、爪を折る。

『ガアアア!!』
(ヨシ。ジャア後ハ……、ウォフ!?)

 止めを刺そうと、体制を変えた途端、熊が体を揺さぶり抵抗してきた。はがされまいと抵抗するが、そこは熊と狼。残念ながらはがされてしまった。

(ドウシヨウ?)

 何か手はないかと顎を掻きながら考えるが、これぞという案が思い浮かばない。

(モウイイヤ、終ワラセチャオウ)

 再び熊が走ってくる中、サンタモニカは小さくジャンプすると、両足をタイミング良く熊の顔に叩きつけた。

(ドロップキック!!)

 熊の事切れる感触が足を通じて伝わり、そのまま音を立てて崩れ落ちる。服に付いた汚れをはたき落していきながら、周囲に目を回し動きを止める。

(ココドコ?)

 熊とじゃれ合っているうちに、森の奥深くまで来てしまったらしく、もはや争った形跡も殆んど確認できないところまで入り込んでしまったようだ。木々や草々も鬱蒼と生い茂り過ぎていて、何処が何処なのか、一切分からなくなってしまった。

(人里、今日中ニ付クカナ……)

 サンタモニカが迷子になった瞬間である。おそらく、世界で初めての狼頭心身の迷子の誕生だろう。

to be NEXT MISSION!!

コメント

デコイ二等兵 (著者)
No.1 (2016/11/13 03:38)
ファミコンミニを買いました。予約しといて良かったよかった。そしてなぜかDr.マリオばかりプレイするという謎。面白いから仕方ないね。
そういえば、つい先日DLsiteでエ○ゲーを物色していたら偶然にも「しんごじくん」を見つけて、びっくりして即買いしてしまいましたよ、ええ。ウp主の性癖?おっぱい星人だからね、後は察してくれ。
それにしてもサンタモニカは人里に着くことが出来るんでしょうかね?頑張れサンちゃん!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事