ニコニコで読む駄作小説

東方WITH A MISSION~狼達が幻想入り~ MISSION14 DJサンタモニカが幻想入り

2016/05/31 00:46 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 東方
  • MAN_WITE_A_MISSION
  • 幻想入り
木々が生い茂るとある山中で、白い尻尾と白い犬のような耳を動かしながら、森の中を駆ける一つの人影があった。少女の出で立ちをした彼女は、怪訝な表情を浮かべながらある場所へ向かっていた。
 彼女の名は犬走椛。「妖怪の山」を警護する、千里先を見通す白狼天狗だ。
 椛は、いつものように妖怪の山の巡回警護をしていたのだが、太陽がやや傾き始めた昼過ぎあたりに事は起きた。突如として、山の中腹あたりに胡散臭いスキマ妖怪のスキマが現れ、「人間」を置いて行ったのだ。否、人間だったのだろうか? 頭が思いっ切り狼だった。頭が狼の人間なぞいるものだろうか。まあ、それを確かめるために、スキマの発生した場所に向かっているのだが、幸い、狼頭人身の謎の生き物は動く気配が一切ない。気絶しているのか、寝ているのか、もしくは状況把握のために動かないでいるのか、なんにせよ、聞き出す必要がある。何者で、何が目的なのか。

「まったく、あの胡散臭い妖怪は何を考えているのやら」

 そんな愚痴を吐きつつ、件の場所についた椛は辺りを見回した。例の狼頭は木漏れ日の中、気持ちよさそうに眠っていた。余りにも気持ちよさそうに眠っているのが癪に障ったのか、椛はそのモフモフの狼頭をつま先で小突いた。

「おい、起きろ」
(!?)

 突然のことで驚いたのか、狼頭は勢いよく飛び起きた。そのまま周囲を見回すと納得したかのように、掌に拳をポンと置いて、また寝た。

「~~っ、起きろおおおお!」

 目の前で起きた一連の行動が頭にきたのか、今度は腰に下げていた大きな剣で、切り掛かろうとした。

「!?」

 だが、狼頭はその行動を視界に入れる事もせずに、先ほどと同じようにして飛び起きた。今度は二度寝をすることはなかったが、彼女がご立腹になっていることもあってか、両手を前に突き出し、まあまあ落ち着きなよ、とでもいうかのような仕草をとった。

「ふん、二度寝をするからです」

 態度では見せなかったが、内心驚いていた。こちらを見向きもせずに攻撃をよけて見せたのだから。

(この身のこなし、こいつ、唯者ではないな)

 などと逡巡していたが、何やらこちらに伝えたいかのように身振り手振りを始めた。

「え? 何を伝えたいのか全然わかんないですよ……」

 狼頭は取りあえず名前だけでも教えようと、指で地面をなぞり始めた。

「……最初の二文字はわかりませんが、サンタモニカというのですか、長いのでサンタさんと呼ばせていただきますね」

 サンタモニカは口があんぐりと空いてしまったが、半ばあきらめたようでまあいいやと手振りをすると、椛の名前を教えてほしいモーションをとった。

「私ですか? 私の名前は犬走椛と言います。 椛でいいですよ、というより、しゃべれないんですね」

 サンタモニカがこくりと頷くと、椛は意思疎通の方法を模索した。何かいい方法はないものか、そうすれば簡単にこの山から追い出すことができるのだが、そう思い、なんとなく空を見上げると、非常に見覚えのある影が、こちらに近づいてくるのが見えた。あの影は見間違えるはずもない。「射命丸文」だ。もう、この際彼女に丸投げしてしまおう。文の姿が見えるや否や、すぐにそう思った。

「あやや、椛が男を侍らせているなんて! これはもしかしなくてもスクープですね!」
「違います! スキマ妖怪がここに置いて行ったんですよ。 それで会話しようにも口がきけないので、どうしようか考えてたところです」
「ほうほう、では筆談ですね、そうすればすぐに意思疎通ができますよ」
「なるほど……、では後のことはお願いしますね」
「ええ!? 後のことって、こういうのはあなたの仕事でしょう! 職務怠慢ですよ!」
「どの口が言うんですか、どの口が、とにかく、この場で直ぐに対応できるのは文さんだけなのでお願いします」
「うへえ……、まあいいでしょう、ではこの射命丸が責任をもってお世話しましょう、ところでこの方のお名前は?」
「サンタモニカと言うそうです」
「ふむ、長いのでサンタさんと呼びましょうか」
(……俺ハクリスマスニプレゼントヲ届ケル爺サンジャネーヨ)

 そう思うサンタモニカではあったが、そのような意思が通じるはずもなく、その思いは虚空へと霧散した。
to be NEXT MISSION!!


コメント

デコイ二等兵 (著者)
No.1 (2016/05/31 00:53)
今日オーバーウォッチっていうゲーム買ったけどこれってオンラインゲームなのね、そこらへんまったく見ずに買っちゃった。まあいいんだけどね。
それは置いといて、いよいよ明後日デッドプールが公開されるね。丁度公休だから初日に見に行けるという贅沢(?)な状況!
あと個人的に思ってたけど、あややってなんかスレンダーとむっちりの良い所取りしたスタイルしてるイメージがある(なんのこっちゃ)。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事