あきたの遠回り遊歩道

【戦国大戦】 最強?武田軍 その71 【正三位A】#戦国大戦 #1059t

2015/12/22 23:01 投稿

  • タグ:
  • 戦国大戦
  • ゲーム
  • 武田勝頼
  • 真田幸村
  • 日本一の兵
  • 真田丸


VS SR真田幸村(日本一の兵)

勝頼「『真田丸』相手は、初戦が勝負だと思うわ」
馬場「完成した状態で、中盤戦以降になるとかなり不利になりますからね」
勝頼「『花精の加護』がとくに厄介だ。今回は早めに『日本一の兵』がきたけど、隆精院殿の計略で凌がれると後半で士気差がついてしまう」
馬場「家法の読み合いも重要ですね」
勝頼「再起は無い、と踏んで攻めていたわ。正直なところ、統率が上がる家法だとこんな戦い方はできない」
馬場「博打みたいになるのは、ある程度仕方ない事でしょうか?」
勝頼「うぷ主に士気をつかわないで立ち回れる技術があれば、また違う戦い方できるんだろうけどなぁ……」
馬場「来月には新環境になりますし、新しい味方に期待しましょう」
勝頼「『共宴』で、各勢力に散った武田の武将をつかえると思うと胸が躍るわ」

友人が考えた継承方陣が楽しくてそちらに浮気しつつ、『万死一生』はこの編成で遊んでいます。今回は大会でも優勝をおさめた『日本一の兵』デッキの方が対戦相手です。

序盤から『真田丸』を普請してくるのならば、そこで攻め切ってある程度攻城をとらないと勝ちが見えないので、最初から強きに攻めました。1コストの南松院を端攻城に行かせて、相手の筒を邪魔して時間を稼ぎます。うまく立ち回れていれば根津を落とせていたかもしれません。結果として南松院の攻城をいれることができましたが、筒的には五分の展開となり、『真田丸・覚悟』と、『真田丸・勇戦』をつくられてしまいます。ここで強引でしたが『万死一生』で、『花精の加護』を頭にいれながら攻城を狙いにいきましたが、『日本一の兵』がきました。正直想定外です。部隊はある程度落とされてしまいましたが『真田丸・勇戦』を壊す事ができました。勝頼を逃がしたかったですが、とりあえずという感じで諦めました。

中盤戦に入ったところ、『真田丸・奮攻』と『真田丸・勇戦』という感じで『真田丸』を三つ完成させられてしまいました。カウント的に仕掛けるのはまだ早かったのですが、この状態で『日本一の兵』をうたれる余裕を持たれると困るので、『真田丸』が無いところに武将を端攻めさせながら、家法+『火牛の計』で、幸村を落としにいきます。相手の方は家法か『花精の加護』をうつしかないと思ったところ、家法が来ないで『花精の加護』がきたので、『仙女の援兵』で回復させながらグダグダと時間を稼いでいきます。

『真田丸・勇戦』を南松院で潰しつつ後半戦になったところ、相手の方が最期の攻撃をしかけてきました。先展開で家法がなかったので武力UP家法+『日本一の兵』と想定し、端攻めをしつつ、『矢倉』を出しながら時間を稼いでいきます。焦ってしまい『万死の抵抗』をうってしまいましたが、冷静に『万死一生』をしかけていけばよかったですね(汗 ここらへんは反省点です。何回か城を削られましたが序盤~中盤の城削りのおかげで、リードをして勝つ事ができました!

『万死一生』でやっていると家法の読み合い、序盤での攻めでリードできないとほぼ勝てない編成だったので、久しぶりの勝利に嬉しかったです。ただ、見直す点も多いのでプレイの精度を含めて、また戦い方を考えていきたいと思います。

それでは、失礼いたします。

「戦国大戦」応援バナー

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事