あきたの遠回り遊歩道

【四名臣】 最強?武田軍 その113 【正二位E】 #戦国大戦 #1059t

2015/03/21 01:03 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 戦国大戦
  • 馬場信春
  • 不死身の鬼美濃
  • 浅井長政
  • 正義の進軍
  • 信玄の炯眼
  • 朝倉孝景
  • 聖誕祭の蝋燭
  • 超越者の跋扈


VS SR浅井長政+SR朝倉孝景4枚

馬場「相手の方の編成にもよりますが、勝ち筋の一つの戦い方ができました」
勝頼「強化された『正義の進軍』しかり、長時間の『超越者の跋扈』は厄介だ」
馬場「こちらは武力を大幅に上げる手段が、見性院様の『防女の祈り』しかありませんので、そう気軽にうつ事ができません」
勝頼「そうなると俺の編成と一緒で昌幸の『信玄の炯眼』が肝になってくるな」
馬場「ただ攻め上がるだけだと、城をつかっていなされてしまうので松姫様の『聖誕祭の蝋燭』で圧力をかける事も考えていいきます」
勝頼「中盤に『超越者の跋扈』を潰せたのが大きかったな」
馬場「昌幸殿、内藤殿の『瑶林の采配』のおかげです」
勝頼「個人的には中盤過ぎたところ『不死身の鬼美濃』をうたなかったのはすごいと思ったわ」
馬場「対戦相手の方が大概再起家宝以外を選んでくれる事が多かったので、松姫様の計略を考えて『海国兵談』を選んでいました。うまくはまってよかったです」
勝頼「3枠の槍のところ【宴】の父上でも面白いかもな」
馬場「機会があれば、出馬してもらおうと思っています」

今回は、強化された浅井長政との対戦になります。

序盤は統率を活かして、イーブンにもっていく事を考えたみたいです。かなり散らかったしまいましたが、鉄砲をつかって守れたのでは?と思います。

中盤に入るところ対戦相手の方が『聖誕祭の蝋燭』を警戒してか、ラインを下げてくれたのが助かりました。馬場を城門に張り付かせたところで『超越者の跋扈』がきましたが、こういう時の対応策である『信玄の炯眼』からの『瑶林の采配』で、孝景を落とせたのが大きかったです。44cあたり、『不死身の鬼美濃』をつかわないのかな?とみていましたが、後の展開を見て納得しました。自分がまだまだ先が見えないんだなぁと、痛感しています。

そして後半の殴り合いのところ、ラインをあげてきたとことで長政の正義の進軍がきたところで、『海国兵談』からの『聖誕祭の蝋燭』で大きくく削って、あとは城に張り付いて落城までの攻防です。対戦相手の方が再起じゃない事がほとんどだったので、こういう戦い方ができれば、良い試合ができるといっていました。

【宴】のSR武田晴信であれば、中盤あたりで良い試合がもっとできたかも?といっていたので、pay氏が晴信をてにいれたら、動画の方を期待してみたいと思います。

それでは、失礼いたします。

「戦国大戦」応援バナー

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事