あきたの遠回り遊歩道

【戦国大戦】 SR加藤清正入りデッキ模索中 【正三位B】 #1059t

2016/05/07 01:12 投稿

  • タグ:
  • 戦国大戦
  • ゲーム
  • セガ
  • 加藤清正
  • 豊臣秀吉
  • 暁天走破
  • 七本槍


VS SR豊臣秀吉(暁天走破)

いろいろな人のアドバイスをもらいながら、『万死一生』で負けまくる毎日……下手糞なので、うまくきません(泣

と?いうことで、気分転換を兼ねて

SR加藤清正

を使おうと思い編成を考えていました。最初は流行りの菅入りを考えたのですがボロ負けしてしまったので、『七本槍』をひっぱってきてワラって下記の編成で遊んでいます。

SR加藤清正 【宴】R豊臣秀勝 C脇坂安治 C平野長泰 UC片桐且元 【宴】R三の丸殿

基本は『七本槍』で荒らすか、『帝釈天翔』でマウントをしていきます。地味につかいやすい秀勝の『来光の功銭射撃』で『日輪』を稼げたら、最後の〆の選択として、『醍醐寺の桜』も視野にいれていきます。つかっていて手ごたえを感じてはいるのですが、この編成を組んだ時にらすかるさんにもいわれ、pay氏にもいわれたのですが『帝釈天翔』が使いにくい(泣 効果時間は申し分ないので、うまく『蹄撃』をあてられればいいのですが……と?いうわけで、今回の対戦相手の方は『暁天走破』の秀吉デッキです。連関の細川を見ると1コストの『七本槍』の選択を迷うところ。

序盤は伏兵を警戒しつつ時間を稼いでいきます。1コストですが『制圧』持ちがいるので、待ちでも少しだけアドバンテージがあります。柵は壊す事ができませんしたが、伏兵もうまくほれて、時間も稼げました。とりあえずはイーブンという感じでスタートです。いきなり最大火力が無い『暁天走破』なので、『七本槍』でガンガンいきます。『日輪』稼ぎで九鬼がきましたが、そんなのは無視して柵壊し!いい感じでリードを奪えています。

中盤のところで『陣太鼓』を設置して秀吉を落としてから、『帝釈天翔』で竜子を撃破。キーカードを落とすとだいぶ余裕なプレイになっていますが、『帝釈天翔』はいらなかったかもしれません(汗 カウント的にはライン高めで『暁天走破』を打たせる事ができればかなり有利なので、また『七本槍』で荒らしていきます。九鬼で『日輪』の最終準備がきました。

そして終盤に入るところ、部隊はうまく倒されてしまったので、あとは連関の家宝タイミングのみ。かなり前のめりにきてくれたので『来光の功銭射撃』で落とそうと思ったのですが『暁天走破』が間に合ってしまい『虎口』は仕方ないところ。安定の黄で赤を通して時間稼ぎです。

士気的には問題もなく、『日輪の稲妻』がきましたが、落とされる事もなく『帝釈天翔』で守りきるだけ!!なんとか、勝利を掴む事ができました。

最近は気分転換でいろいろなデッキを考えています。『万死一生』でかてれば問題ないのですが、難しいですね(汗

それでは、失礼いたします。

「戦国大戦」応援バナー

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事