McCallumのブロマガ

無料で貰える仮想通貨swiftdemandって何?(現状)

2018/02/26 22:00 投稿

  • タグ:
  • 仮想通貨
  • ベーシックインカム
  • BI
  • 不労所得
  • swfitdemand
  • スイフトデマンド


Swiftdemandって何?



今回は、仮想通貨Swfitdemand(スイフト・デマンド)の現状について説明していきます。詳しく説明しているサイトは他に沢山あるので、ここではどんな仮想通貨なのかを簡単に紹介していきます。



①目的

仮想通貨を用いてベーシックインカム社会の実現を目指しています。簡単に言うと仮想通貨を皆に配ってそれを使って暮らしていきましょうという社会を目指しています。

②配布

swiftdemandのユーザーは、毎日ログインしてワンクリックするだけで100swift貰えます。


トップ画面




①今持っているswift(仮想通貨)の量
②claimボタンを押すと100swift貰える(1日経つとclaimボタンが現れます)
③次にswiftが貰えるまでの時間。1日1回100swift貰えます。
④紹介リンク…コピーボタンを押してツイッター等に貼り、誰かがそこから登録すれば紹介料
として500swiftが貰える。
⑤相手のIDと、送りたいswiftの量を書いて、sendボタンを押すとその人に送れます。



ストア

次に、貰ったswiftを使って何を買うことができるのか見ていきましょう。ココにストアのボタンがあるのでクリックします





これがストアの画面です。分かりやすいように、日本語に翻訳した画面を見てみると、製品の下に、カテゴリーがあり、様々なモノやサービスが売られていることがわかります。ちなみにこのカテゴリー化は最近追加された機能で、この機能の追加により一日の売買の量が増えました。


統計

次にswiftdemandの統計を見て行きましょう。


①登録者数 155,041人(2018/2/26現在)
②取引数  854件

参加者の数に比べ、取引数はまだまだですが、徐々に増加傾向にあります。取引の実態がある以上、この仮想通貨swiftには通貨としての価値が若干なりとも既にあることがわかります。

次回は、スイフトデマンドで主に使われている情報ツールについて紹介したいと思います。



swiftdemand HP

※登録する際、電話番号は、080-1234-5678なら、最初の0を抜いて代わりに国番号+81を入れます。つまり、+818012345678と入力して下さい。


著者 McCallum  twitter



にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事