McCallumのブロマガ

ニートコインって何?新しい仮想通貨の未来

2018/02/23 22:00 投稿

  • タグ:
  • 仮想通貨
  • ベーシックインカム
  • neetcoin
  • ニートコイン
  • discord




ニートコインの未来

今回はニートコインの将来性について、筆者が考えるポジティブな点とネガティブな点を挙げて行きたい。


ポジティブな点




1、過去の
記事で語ったように、問題がありそうな仮想通貨取引所に対してあまり厳しい措置をとっておらず、日米が仮想通貨を推進する方向で動いている可能性がある点。

2、運営が精力的に活動しており、コアなコミュニティを形成し、仲間意識が強く、現状組織運営はうまく行っているように見られる点。


3、我々日本人の投資家や出資者にとっては、運営者と直接対話・対面でき、更にprojectに参加することも可能である点。(discordやリアルイベント参加)


4、ニート支援というはっきりとした目的があること。

5、仮想通貨をモノやサービスとの交換に用いる意図がある点(現在発行されている多くの仮想通貨はただの投機対象となっている)


6、既に取引所に上場している点。これについても過去記事参照



ネガティブな点




1、ポジティブな点1と関連して、日米の政府や銀行が自前の仮想通貨を発行するまでの間、仮想通貨のイメージを良くする為、意図的に民間の仮想通

貨を放置し、いよいよ自分たちの仮想通貨を発行する段階で、民間の仮想通貨を潰しにかかる可能性がある点。これは民間の仮想通貨全般が当てはまる。



2、参加者の増加による、組織の肥大化、機能不全問題。中小企業であれば、社長一人で対応できるが、会社が大きくなればなるほど難しくなる。組織の拡大・発展に対応できるかという点。



3、ニート支援という目的に対する否定的な反応。筆者はこれを一番心配している。日本国内では、ニートに対する偏見は未だに強い。流行が、コアな層から一般層に広がりを見せた段階で、まずネット上で炎上し、それを追う


形でマスコミによって攻撃をされるという流れは想定可能である。一方で、こうした炎上を利用するマーケティングも存在する為、判断が難しい点であろう。






ニートコインの未来 まとめ

ニートコインの未来は、先ほど語ったネガティブな点のいくつかが現実となった時、如何にしてその困難を乗り越えられるかに掛かっているであろう。

BI社会の実現の為、是非とも成功してほしい、neetcoin project。これからも目が離せない存在となりそうだ。




最後に

数日前、discord内のラジオ放送において、ニートコインの代表者がこれからのニートコインについて語るという機会があり、偶々著者もその場面に立ち会うことができた。その詳細については、割愛する。一つ言えるのは、彼の持


ビジョンを広げて行けば、日本全体におけるベーシックインカム、更には世界におけるそれへと繋がっていく可能性を秘めている。人間は慣れる生き物で

ある。今やスマホが当たり前になったように、20年後ベーシックインカムが当たり前の社会になっているとしても何らおかしくないと筆者は思う。



今後も著者は一参加者の立場で、運営の代表者、そして彼を信じる仲間たちが、どんな世界を創造していくのかを見届けたいと思う。もし、この記事を読んで、あなたがもっと近くでその様子を垣間見、夢を共有したいと思っ

たのであれば、discordに参加し、直接彼らと対話してみて欲しい。彼らは、まだまだ発展途上の組織であり、今参加すればあなたの声は十分に届くだろう。対話への扉はまだ開かれている。

終わり。



NEET COIN HP

著者 McCallum  twitter



にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事