まったれのブロマガ

【WS】WSにおけるプレイヤータイプ【雑記】

2014/02/11 00:06 投稿

  • タグ:
  • ヴァイスシュヴァルツ
  • 寝言
MTGにはプレイヤーを、
ティミー、ジョニー、スパイクと分類する文化がありますが、
WSでも同じように分類できるんではないかと思います
参考:http://mtgwiki.com/wiki/Timmy,_Johnny,_and_Spike

ただ、WSにおいてティミーが使う典型的カードや、
ジョニーが使う典型的カード、スパイクが使う典型的カードそれぞれを分類するのは難しいというか、
WSにおける、ティミー、ジョニー、スパイクを自分なりに定義してみたいと思います

ティミー:派手なゲームメイクを好む、とにかくサイズが大きくなる派手なゲームができるのが好き。好きなカードの典型例は凸凹コンビ涼&夢子、一方通行

ジョニー:システマチックな動きをするデッキが好き。1枚で完結したカードよりも複数枚組み合わせてあっと言わせる効果が好き。好きなカードの例は着ぐるみの中の人

スパイク:勝てるデッキが好き。とにかくプレイングの上手さで他人に差を付けられるカードが好き。好きなカードの例は百人力の手練椎名


んで、私はどれに入るかと聞かれればティミーあるいはスパイクです。
想像力に溢れるコンボ系のデッキはある種のアレルギーがあって触ることができません
(他人が回せるように開発した神木ハンデスとかなら練習すればそれなりに回せるかもしれないけど)

少なくともジョニーな人たちが組んだデッキを自分でディべロップは絶対できないタイプです。

反面アホみたいにパワーが上がる系のデッキは普段から触ってるから回しやすいですねえ。
Rewriteちはやチェンジデッキは典型的なティミー・スパイクなデッキで、
ゴリ推しと呼ぶのがあれほど似合うデッキも珍しいです

スパイクの好きなカードの例に椎名を挙げたのは、椎名自体のカードパワーもあるけどそれ以上に「椎名をうまく使う」プレイヤー技術が一番問われてるカードだからです。
誰かのために静流や、ラハール&マオなんかも「スパイク好み」のカードなんじゃないかなと思ってます。

さて、あなたはWSプレイヤーとしてティミー、ジョニー、あるいはスパイクのどれ?

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事