資材置場

電子書籍はどれにしようか?

2016/10/21 10:00 投稿

  • タグ:
  • 独り言
  • 本好きの下剋上
関係ない記事に他の話題を置いておくのはどうかなーと思ったのでこちらに全て移動させました。





○2016年6月9日
最近読み始めた本好きの下剋上を早いところ読んでしまいたいんだ。
小説を新しく読み始めるなんて久々ですよ。
SAOや、アクセル・ワールド以来です。
そういえばSAO最新巻をまだ読んでないどころか、SAOPもまだ・・・。
そして6月10日は新刊が発売・・・さてどうしよう。

しっかし携帯端末で見れるってのはいいね。
場所を選ばず読める点は素晴らしい。
なんかそう考えると電子書籍がなかなか流行らないのは、
やっぱり値段のせいな気がしてきました。
紙代やら、サーバー側の利益を考えるとどれくらいの差があるんですかね。
まさかスマフォでそんなことする時が来るとは思わなかった。
といっても今回限りだろう・・・。

そんなわけでスイスイ読んで、2部の途中くらいまで行きました。
あ、ちなみに気軽に読める漫画版がニコニコ静画にありますよ。
私はここから入りました。
どういう話かっていうと・・・本キチな少女(女性)ががんばる話ですね。
途中出てきた神殿長神官長のイメージがどうしても





この二人になってしまう。

クレド戦BGM好き、クレド戦大好き

DMC4は、「オンボードのエラー落ちは解決方法わからないから対応しません!」
なんて宣言してなければもうちょっとやる気が出たんだけどなぁ・・・。
それでも何とかブラッディパレスはクリアできました。あれは奇跡だった。



・・・で、これ何の記事だっけ?
よし、もう関係したもの全部タグにぶち込んでおけ!
一部の内容は今後の記事に確実に出てくるし、多少はね?


――――――――――――――――――――


○2016年8月7日
本好きの下剋上読み終わったあああああ!
約600話読んだが足りぬ、全然足りぬ。
途中で止まってるから仕方ないね。


>次の更新は9/5です。
なん・・・だと・・・


1ヶ月の間に何か準備してそう(勘ぐり)
どちらの展開にも流れる状態でのこの引きはなかなか待ち遠しい。

シュタープの変化は大体予想通り。
たまに出る妙なものやら、魔力が多すぎて起こる出来事に笑ってしまう。
ところで、あのタブレットにはカメラ付いてるんですかね?
映像や画像を人に見せられる形態にできるというのはとんでもないオーバーテクノロジー。
脳の記憶領域使いそうだけど、問題ないって"とある魔術"で聞いた気がする。

そういえば、漫画の方[少女マンガ]タグ付いてるんですね。
少女マンガと言えば恋愛要素という勝手な思い込みがあるわけですが

んー・・・





第5部までないんですがそれは
しかも主人公からは特にアクションを取ってないという。
いや、気がついていないだけという可能性があるけど、それを言うとフラグになっちゃう。
でも女の子には割と甘いし好意があるよね。
あら^~ キマシタワー

皆も本好きの下剋上を読もう!



という、数年ぶりにどっぷり作品にはまった話でした。
あとは設定資料や、SSを読んだら終わり!
2週目する気マンマンなんですが、それは電子書籍買った時でいいかな。
Kindleは専用の装置が必要なのか・・・と思ったらニコニコにもあるか。
ぶっちゃけ、スマフォで見れればなんでもいいのです。

マンガ版は第3部が始まったら買おうかな?
一体何年後になるんですかね。
いやね、ラノベの漫画化というのは急に終了するイメージがあるのです。
これが勝手なイメージだというなら今すぐにでも買いに行きます。近所にないけど
たぶん3部まで行けば話が中途半端に終わらず5部まで行く可能性が高くなる・・・はず。
学校の話を見たいけど、本当に長いと思う。

なろうのページを見ると更新ペースすごいですね・・・。
この更新速度は見習いたい。
私も9月まではある程度早くなると思う。

(追記)
SS読んでみたら中央の騎士団長怪しすぎてわろた。
180度印象が変わるもんなんですね・・・隣国の間者臭い。
例のあれを失うきっかけも作り出してそう。


――――――――――――――――――――


○2016年10月21日
光の帯で拘束されながら「ダメですよ」って言われたい。
そんな感想が出てしまうのはきっと疲れているからだろう。


TOブックスライトノベルフェア

というのがやってました。
※残念ながら書くのが遅くてキャンペーン終了。
 ごめんね。


電子書籍がほしいと前から思っていたので候補として

Kinoppy Kindle

この2つをあげていましたが、最終的にキャンペーンがやっているのが
BOOKWALKERのみだったのでここに決定しました。

全部インストールして、使い勝手を確認したつもりでした。
「見るだけならどれも違いは大してないかな?」程度に思っていましたが・・・


ぐっ・・・BOOKWALKERのアプリ・・・
画面遷移速度が速すぎるとロードが挟まる・・・


予想外の反応だったのでびっくりしました。
最初の候補2つでも試しましたが、発生しない。
正確には本を開いた最初に少しロードがあって、その後は特に起きないという仕様。


んー・・・?設定の問題なんでしょうか・・・?
電子書籍で見るのが大体文字での構成だから大して問題視しなくていいと思うけど
漫画でこれが起きると結構きついかもなぁ・・・。

電子書籍で特典をもらえるのがここだけだったので購入しましたが
今後他の所で対応された場合どうしようか迷いますね。
特典配布が続くかどうかも重要です。
いやー、大丈夫だと思ってるけどどうなるかなぁ・・・。





この前、リアルに存在している紀伊國屋書店に行ったんですよ。
ここくらい大きくないと置いてない本でしたので。

ふと、「本好きの下剋上の本誌見てみたいな~」と思ったのでラノベコーナーを探してみる。
しかし、見つからない。
紀伊國屋書店では本の検索ができるのでしてみたところ・・・
"文学"のコーナーにあるとのこと。何故そこに・・・?

ああ、でかい。
思っていたよりでけぇ。

よくあるラノベだとか小説のサイズじゃなくて、ハリーポッターだとかのサイズだこれ。
値段はあんまり気にしてなかったけど、通常の1.5倍になってた理由はこれか!

改めて、電子書籍にしてよかったと感じました。
このサイズは持ち運びたくてもきついかな。



さて、5部ももう終わりそうで6部始まるんですかね。
作者ページに最終章って書いてあったけど複線が残りすぎている。
最新話のあれで戦闘が終わった気がしないってのは、たぶんどこかの場面で
"今更料理にがっついていた"貴族がどこかの段階で偽者と入れ替わっていて、
情報が駄々漏れだったってことなんじゃないかなーって思ってますが、さてどうなるかな。
取り戻した鍵が本物だったのかどうかも気になるところです。
安心しきったところで侵入されている可能性やら、実はそもそもの目的が違う可能性もありますね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事