またろうのブロマガ

Blender でデフォルトで出てくる立方体オブジェクトを MMD用の pmx ファイルとして出力する手順。(mmd_tools の Hello world)

2021/02/23 00:35 投稿

  • タグ:
  • MMD
  • Blender
  • mmd_tools
  • pmx
  • hello_world
  • モデル作成
  • MMDモデル作成

mmd_tools で pmx モデルファイルを作成する最も単純なサンプル操作を考えられる範囲で考えてみました。
Blender でデフォルトで出てくる立方体オブジェクトを MMD用の pmx ファイルとして出力します。

結構苦労したのでメモ代わりに書いておきます。
動けばよかろうで作っているので、ベストの操作で無い可能性があります、詳しい方間違い等ご指摘いただければ幸いです。

■事前条件
1.PC
1-1.Blender(本記事使用バージョン 2.91.0)

  • インストールされていること(Portable 版の場合は解凍して使える状態になっていること)
  • 本記事はインストール直後の設定を前提に書かれています。

2-2.MMD_tools(本記事使用バージョン 0.7.0)

  • インストールされていること

2-3.MMD(本記事使用バージョン 9.32)

  • インストールされていること

2.ユーザ

  • MMD の基本操作(モデル読み込み、ボーン操作)などを知っていること。
  • Blender の基本操作、ユーザインタフェースの構成要素の名称を知っていること

■実施手順(以下、先頭に数字がついている行はユーザの操作、「※」がついている行はPCの挙動)
1.Blender を起動する。
2.「スプラッシュスクリーン」をクリックして消す。
※「スプラッシュスクリーン」が消える。
※この時点で「3Dビューポート」ウィンドウ上に立方体のオブジェクトが表示されているはず。
3.画面右上、「アウトライナー」ウィンドウの左側にある「<」マークをクリックする。
※「サイドバー」が表示される。
4.「サイドバー」の右側にあるタブから、「MMD」タブを選択する。
※「サイドバー」の内容がMMD_tools のものに切り替わる。
5.「サイドバー」上で「Operator」という見出しを探し(通常一番上にある)、左側の三角形が「▶」(右向き)の状態の場合はクリックする。(「▼」(下向き)の場合はこの操作は不要)、
※「Operator」の左の三角が▼」(下向き)の状態になる。
6.「Operator」の下に表示されたボタンの中から、(通常一番左上にある)「Create Model」をクリックする。
※「Create MMD Model Root Object」ダイアログが表示される。
7.「Create MMD Model Root Object」ダイアログの「OK」ボタンをクリックする。
※"New MMD Model"(ディフォルト名)という名前のモデルが生成され、「3Dビューポート」上にとがった八面体の上下端に小さな球形がついた形状で表示される。
8.「3Dビューポート」ウィンドウ上で立方体オブジェクトをクリックする。
※立方体オブジェクトが選択状態になる。
9.shift キーを押しながら、「3Dビューポート」上にとがった八面体の上下端に小さな球形がついた形状で表示されている方錐形で表示されている"New MMD Model"のアーマチュアを選択する。
10.立方体オブジェクト上で右クリックし、「Parent」→「With Envelope weights」を選択する。
※これでキューブが"New MMD Model"のアーマチュアの子として関連づけられる。
11.「トップバー」から「File」を選択し、プルダウンメニューから「Export」→「MikuMikuDance Model(.pmx)」を選択する。
※「Blender File View」ウィンドウが表示される。
12.任意の出力先パス、出力ファイル名を指定して、「OK」ボタンをクリックする。
13.指定した出力先パス、出力ファイル名で pmx ファイルが生成される。

■出力の確認
出力された pmx を MMD で読み込みむ。
白い立方体が表示され、「全ての親」ボーンにより位置と角度が操作できれば成功。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事