mash01(おっホイP)のボカロ制作日記!

ミクV3を使ってみて

2013/09/29 14:25 投稿

  • タグ:
  • vocaloid
  • 初音ミク
  • 初音ミクV3
  • mash01
  • おっホイP
昨夜から、アルバム収録曲のヴォーカルをV3に差し替える作業を開始。
日数の余裕はあるので、まあ、ぼちぼちやりますか。
と思っていたら、あまりの楽しさに、朝までやっていましたw

ミクV3・・・イイッ!d(゚ω゚`o)
聴き惚れるわあw

まず、安定感が素晴らしいですね。
音程なのか、リズムなのか、音程による音質変化が少ないからなのか。
聴きやすさが数段アップしています。

声質は、既存DBをブラッシュアップしたものということなので、
V2と大きな違いはない筈ですが、OriginalとDarkはちょっと違いますね。

Originalは、V2より柔らかくて上品な声質になっています。
逆に言うと、クリアさとエッジが落ちた感。
どうやら賛否両論あるようですが、自分的には大歓迎。
こういうタイプの声は欲しかったのです。

Darkは逆にクリアさとエッジが増した感。
暗さが少し軽くなりましたが、V2のDarkはオケに埋もれがちだったので
改善されたといえるでしょう。

パラメータに対する感度も良好。
処理が素直に出音に反映されます。調声はしやすいですね。

ただ、デフォルトだとビブラートが効きすぎる。
かかりの深さを調整できるので、わざと強めに設定しているのかな?

そして「Piapro Studio」。これは超便利!

DAW上で操作できて、書き出しが不要なのがいい。
エディタでの操作結果をすぐに反映できるので、出音を確認しながらの
調声作業がとても効率よく進みます。
いままでは「調声→書き出し→DAWに読み込み→確認→手直し」を
延々と繰り返していたからなあ・・・。

あと、範囲指定してリピート再生しながらのパラメータ調整が
できるのも嬉しいですね。
これも作業効率アップに貢献します。

V3もpiapro studioも、自分が欲しい機能をピンポイントで実装してくれて、
まさに「俺得!」な仕様です。
こりゃあハマるわ。過去曲を全部やり直したい気持ちw

ではここで1曲。昨日アップしたV3お迎え記念作です。
「新たなる出発」ということで、ボカロ処女作をリメイクしました。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事