みずしままさゆき、@akiaki51の読み物。

「忌野清志郎に【政治の方向に行くのはよくない】と喧嘩した泉谷しげるの思い」@akiaki51 より

2014/05/18 20:41 投稿

  • タグ:
  • @akiaki51の文章
  • 忌野清志郎

寄稿者 Aki(ツイッターアカウント→→@akiaki51)の最新の文章19



「忌野清志郎に【政治の方向に行くのはよくない】と喧嘩した泉谷しげる」


NHKで放送された特番『ラストデイズ 忌野清志郎』

で泉谷しげるが語った所によると

反戦や反核を主張したアルバム『カヴァーズ』を制作中の清志郎に「気分は分かるから参加はしたが、『お前、そういう方向(政治)にいくのは良くないよ』と言い喧嘩になったそうだ。

又、違う番組でも泉谷は

『原発の歌もカッコイイとは思う、でもそれは現実にすり寄っている』と批判的に語っていた。

でも何故?現実にすり寄っては駄目なんだ?



日本のロックで政治を扱うのはとても難しい

『日本』 『ロック』 『政治』で検索したら、ジョンロックのページが一番初めに表示されるぐらい日本のロックは政治と相性が悪かった



ロックで政治を歌うとロックが汚れると思うのか?

それとも、ロックごときが政治をテーマにするんじゃないって事なのかは判らないけど、ともかく結びつかない

ロックと政治が結びついて、権威を批判するなんて事は海外では当たり前の事だけど

日本だと何故か特殊な事になってしまう。

いや、考えてみればロックだけではなくて、日常においても政治を語る事はタブーだ。学校や職場で政治の話なんてできないもんね。でしょ?

そう考えると日本のロックが政治をテーマに出来ないのも仕方ないのかなと思う。

日本では『政治』は重すぎるようで…。



憧れの北朝鮮 忌野清志郎+泉谷しげる



カヴァーズを批判した事で、泉谷と清志郎との溝は最後まで埋まらなかったそうだけど、この映像を見ると、とてもそんな風には見えない!泉谷ノリノリである(笑)      


おわり


624文字











コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事