メンタリスト 山本マサヤの週刊ゆるブロマガ

闇が深い・・・『旦那デスノート』に書き込む人の心理

2017/07/11 00:30 投稿

  • タグ:
  • 旦那デスノート
  • deathnote
  • デスノート
  • 心理学
  • メンタリスト
  • マサヤ
  • 掲示板

こんにちは、メンタリストの山本マサヤです。



旦那デスノートをご存知ですか?


30代主婦向けの夫の不満を吐き出す掲示板です。

芸能界のドロドロしたニュースが増えてきている中、この掲示板が注目を集めています。

(※ブログを更新している時にアクセスが集中してつながりにくくなってました)


掲示板のネーミングはマンガ Death Noteから取ってきているのでしょうか。


旦那デスノートとは?

旦那デスノートとは旦那へ死んで欲しいという願いを書くものである。書く人物が自分の旦那じゃないと効果は得られない。また、実名や所在住所を書いても効果は得られない。

願いのあとに死因を書かなければ、すべて心臓麻痺となる。デスノートを拾ったものだけが、書き込むことが出来る。

デスノートの所有権を放棄したら、デスノートにまつわる記録を失う。だが、再びデスノートを拾えば、記録を作り上げることができる。

デスノートで操れる死の時間は人間界単位で23日以内である。デスノートに書かれたことは変更することが出来る。

出典:旦那デスノート


どうやら、名前やコンセプトを含めてマンガ Death Noteからアイディアをもらっているようですね。


投稿件数は1400件以上で、投稿内容がかなり過激です。


とか、

なかなか、過激な内容が多くて焦ります。


こんなランキングだったりも、



また、オフ会もやっているようです。


確かに、主婦サイドに同情できる内容も多く、溜まった不満が掲示板で爆発しているようです。


あと、アドレスが・・・・・・

http://danna-shine.com/

「danna-shine」→ 「ダンナシネ」 → 「旦那氏ね」


いろいろ闇が深い・・・・・


そして、どうやらこの掲示板の管理人は主婦ではなく、独身男性の「コウイチ」さんだそうです。


しかし、ここに書き込む主婦の目的はなんなのでしょうか。

どうやったら、投稿者の不満が収まるのでしょうか。

(旦那さんが死ぬ以外で・・・・)


激共感中!機能


サイトに気にある機能がありました。

「激共感中!」

これは、アクセス数が多い投稿には、共感者が多いということで、「激共感中!」というマークがつくようです。
(※激共感中に関する詳しい解説が使用方法ページになかったので推測ですが)


おそらく、この「共感」がキーワードになっているのではないでしょうか。

男性は誰かが悩みを相談してくると、その問題を解決しようとします。

それに対して、女性は自分の中にすでに答えをもっていて、それに共感して欲しい場合が多いです。



――「女の悩みは解決しなくていい」 男女の会話の意識差を表現したマンガに賛否 「女の悩みは解決しなくていい!」「マジで?!」 男女の会話における意識差を表現したマンガが賛否両論、注目を集めている。 マンガ内では、男性の会話は”解決”を求め、女性の会話は”共...


コメントも「わかります!」「共感します!」という投稿者に共感した内容が多く、「こうやったほうがいいよ」「これを変えてみたら?」というアドバイスはほとんど見られません。

この掲示板に投稿することで、同じ悩みを抱えた人が共感してくれて、承認欲求が満たされ、「私は1人じゃない!私が正しい」という自己肯定感が満たされるのではないでしょうか。

それが、投稿している女性の心理なのだと思います。


これは、掲示板だけでなく、現実社会での女性に対する悩み相談でも同じです。

悩みを打ち明けてくれた女性の友人には、共感をしてあげるといいかもしれません。

男性は問題に対して、解決策を提案しがちです。


また、男性はもしかしたら、この掲示板を参考にして、自分の行動に問題がないか見直してみるといいのかもしれません。

そもそも、男性と女性では考え方が違う可能性があるので、不用意に掲示板に書き込むようなことはしないようにしましょう。


いやぁ〜にしても、恨みは買うものじゃないですね・・・(^◇^;)


Twitterフォローお願いいたします
@3m_masaya

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事