メンタリスト 山本マサヤの週刊ゆるブロマガ

『やっぱり、外見が重要』という真実

2017/05/07 14:58 投稿

  • タグ:
  • 人は見た目が100パーセント
  • ひとパー
  • 見た目
  • 心理学
  • メンタリスト
  • マサヤ
  • メンサ
  • メンタリズム

こんにちは、山本マサヤです。


みなさんは、『人は見た目が100パーセント』というドラマをご覧になったことはありますか?




人は見た目が100パーセント - オフィシャルサイト。毎週木曜10時放送。出演:桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみ


現在フジテレビで放送中のテレビドラマです。

 大久保ヒロミの同名コミックが原作となる同ドラマは、研究に没頭し「女子力」や「美」から目を逸らして生きてきた主人公・城之内純(桐谷)が、研究室の同僚女子2人と共に流行のメイクやファッション、美容について「特別研究」を始める

出典:ダヴィンチニュース


さて、このドラマのタイトル『人は見た目が100パーセント』はとても興味が引かれます。


本当に『人は見た目が100パーセント』なんでしょうか?



実は心理学の実験において、人の印象はどこで決まるのか様々な実験が行われています。


第一印象を決めるのは見た目


人が相手の第一印象を決めるのにかかる時間はどれくらいかご存知ですか?



なんとわずが5秒で人は相手の外交的か内向的か、良識があるかどうか、知性的かどうかなどをある程度判断すると言われています。




たとえばこちらの女性







もうすでに、みなさんの頭の中には、「この女性がどういう人か?」イメージが浮かんでいるのではないでしょうか?


「外交的で知的なタイプ」「内向的で個性的なタイプ」などなど


人の第一印象というのは、普段意識していないだけで、

意識してみるとあっという間に『決めつけてしまっている』のです。

5秒という短さは、その人を認識して話し始める前にはすでにその人の印象が決まってしまっているぐらいの短さです。

ということは、やはり見た目からその人の性格を評価してしまっているのです。


人間が初対面の人に付ける断定的な評価のことをラベリングと呼びます。


また、相手の好ましい性格から順に伝えられたグループは、その人物を性格がよく能力が高いけれど、多少の欠点があるという印象を持った。

これに対して、好ましくない性格から順に伝えられたグループは、その人物をよくない人物だという印象を抱いてしまいました。


つまり、第一印象が良ければ後の印象が多少悪くてもその人の印象が上書きされずらいということです。

この、「最初に入った情報が記憶として長く持続する効果」を心理学者のアッシュは『初頭効果』と名ずけました。


逆に最初の印象が悪いと、後から印象を変えずらいということでもあります。





イケメン人生得してる説


・・・これはまた次回・・・


まとめ



やはり、「人の第一印象は5秒で決まる」「人の第一印象は変えずらい」という点では、

「『ほとんど』人は見た目が100パーセント」と言えるのではないでしょうか。


人は会った瞬間に相手の印象をラベリングして、そのラベリング通りの行動を期待します。


そして、あなたの外見と相手が抱く第一印象の対応表はこのようになっています。

出典:好きと嫌いの心理学入門 【つながりのある外見的特徴と性格特徴(大橋ら、19761)】


みなさんは、どのような第一印象を持たれているでしょうか?

友人に聞くのもいいですし、上記の対応表を見てみるのも面白いのではないでしょうか。



そして、このテクニックを使って相手に自分が思ってほしいように第一印象をコントロールする人もいたり・・・

その戦略はまた次回にでも


参考:

面白いほどよくわかる! 見ため・口ぐせの心理学

面白いほどよくわかる! 見ため・口ぐせの心理学

  • 著者渋谷昌三
  • 出版日2014/06/10
  • 商品ランキング410位
  • Kindle版226ページ
  • 出版社西東社


Twitterフォローお願いいたします
@3m_masaya

WoWmeアンバサダー就任

心理戦略コンサルタント&メンタリストとして心理学セミナーや、メンタリズムパフォーマンス、企業・人材コンサルティングをしています。
Mensa会員(IQ150以上)。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事