メンタリスト 山本マサヤの週刊ゆるブロマガ

【恋愛心理】トランプラブレターから分かる男女の心理

2016/05/05 06:31 投稿

コメント:48

  • タグ:
  • トランプラブレター
  • 好き
  • 西野カナ
  • あなたの好きなところ
  • マサヤ
  • 心理学
  • Mステ
  • 恋愛心理

2016/5/6 追記

すみません。
今晩の放送ですが、諸事情により、難しくなってしまいました。。。
5/8 の11:00〜11:30で放送させてください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

2016/5/6 追記

いただいたコメント返しのニコ生を、5/8のAM 1:00〜 AM 1:30でやります!
コミュ参よろしくお願いします!

ニコニコ動画&ニコニコ生放送:コミュ参&お気に入り登録をお願いします!
あと2人でレベル8!


==============================================



みなさん、トランプラブレターをご存知でしょうか?

西野カナさんの新曲、♫「あなたの好きなところ」の題材となった、トランプラブレターというものが流行っています。

images


これはもともと、ニュージーランドに住む、Lowri McNabbさんという女性がトランプ52枚に想いを記してギフトにして、彼氏にプレゼントするという企画を発表し話題になりました。

”トランプ1枚1枚に相手の好きな所を書き、相手にプレゼントする”

海外では“52reasons why I love you”で広まっており、日本でもインスタグラムやツイッターで様々な自作トランプラブレターがアップされて人気が出ています。

下記が最初に発売された商品になります。

finalheader

参照:52 Reasons i love you


海外では、様々なものが作られていますね。

images-1


5206


カードを1枚1枚めくるごとに、自分に対する愛のメッセージが読めるなんて、とてもロマンチックな商品ですが、これをもらう男性の気持ちはどうなんでしょうか?



西野カナさんが、Mステで「あなたの好きなところ」を歌った後の男性陣の反応は。。。。


-shared-img-thumb-SEP_271415071204_TP_V 2

「重い・・・・・」


女性は嬉しいであろう、このトランプラブレター。

男性がもらうと、「重い」と感じるのは、なぜでしょうか?


そこには、男女間にある恋愛への価値観の違いに原因があると考えられています。


1.好きな理由の違い

女性:

女性は好きになったことに理由を求めます。好きになったきっかけや、そのときの感情などを頭のなかで組み立てて、恋愛へと発展した経緯をストーリーとして知りたいからです。「あのときの、こういう振る舞いに惚れた…」「こういう理由があるから君のことが好き」などといったエピソードを男性に望んでいるようです。

男性:

男性は、女性のように好きになった理由を重要視しません。だいたいの人は好きになる理由に「楽しいから」「一緒にいたいから」というシンプルな解答しか持っていません。女性のように明確な理由や意味を持たずとも、なんとなく好きだからという感情で恋愛をすることができます。

出典:恋愛を科学するメディア コイトピ


女性は付き合っていることに対して、具体的な理由を求める傾向になります。

なので、女性はこのようなトランプラブレターにとても惹かれるのかもしれません。

しかし、男性からすると「好きな所を52個も言われても・・・・」という気持ちになります。



2.片思い中の心理

女性:

女性の片思いは、感情の起伏が激しくなります。「目をそらされた…嫌われてるのかな…」「目が合った!これって脈あり‥?」などと相手の言動に一喜一憂するのが特徴的です。女性は自分が好きな相手にどう思われているのかを知りたいと強く思う傾向があります。

男性:

男性が片思いを始めると、頭のなかでこれからの計画や段取りを考えて進めていこうとします。「いつデートに誘おう?」「場所はどこがいいかな…」などと女性の好みをサーチして、男性は相手に好きになってもらう方法を知りたいと思うようになります。

出典:恋愛を科学するメディア コイトピ


実は、女性のほうが相手からどう思われているかを気にしている人が多い傾向にあります。

なので、52個もの好きな理由を言われることに魅力を感じるのかもしれません。



つまり、

もしかしたら、トランプラブレターは女性に対してプレゼントするべきものなのかもしれません。




そこの彼氏さん、彼女にトランプラブレターをプレゼントしなさい!
きっと喜んでくれるから!



※個人の見解を元に書いてますので、100%正しいとは限りません。
何かあっても責任が取れませんので、ご注意を!!


====================プロフィール================


Twitter:フォローお願いいたします!
@3m_masaya


公式HP:
山本マサヤ Official Site


コメント

おんtm
No.47 (2016/05/08 00:17)
ちょも♪
No.48 (2016/05/08 07:48)
古今東西、男の方がロマンチスト(=理由もなく好きになれる&ムードだけに酔える)というだけの事ね。
シビアに言えば、自分の世界(恋のイメージ)にはまり込んで、
現実の目の前の相手をよく見ていないというか。

極論したら男女ともに
【惚れたら全てが良く見える。】
【具体的にココが良い、ではなくて。全部良い!なんか良い!なんとなく全部イケてる】
って事になるので些末事かもしれないけど
理由もなく恋をするから、【(女は)面倒 】という言葉が出てくるのだと思われる。
そういう人間には、個人的に
「なぜその人間と恋人として一緒にいるのか、いたいと思ったのかという
自分の心の在り処ぐらい、認識しとけよw」と思ってしまうけど。
それがわかってなきゃ、異性については全体的に面倒で当たり前だからね。

「どこが好きなの?」ではなく、
「好きになったきっかけは? (興味を持ったきっかけは?)」
「その女性のどんな様子を見て、好きだなぁって思うの?」という方が
男性には分かりやすいのかねぇ…。謎だわ。
山本マサヤ (著者)
No.49 (2016/05/08 11:45)
>>3
なるほど。
国の違いによって、男性でも反応は違うのでは?ということですね。
もしかしたら、あるのかもしれませんが、これをもらって喜んでいる男性の姿がなかなか想像できないです。。。。。

>>4
これは、トランプラブレターだけにとどまらず、普通のラブレターにも言えることかもしれませんね。
できれば、シンプルにして欲しいです。。。。

>>5
その通りだと思います!
「恋に恋する」このフレーズには共感しました!
そんな、女性の心境の曲... 全文表示
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事