MASAの部屋

PHENOMENA

2015/02/02 21:19 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • HR/HM
  • 公式
  • グレン・ヒューズ
  • ドン・エイリー
  • コージー・パウエル
  • メル・ギャレー
  • ニール・マーレイ
  • コンセプトアルバム

前回サバス加入以前のグレンの作品を紹介したので今回はサバスと丁度同時期に
参加した作品の中で「イチオシ」な作品を紹介したいと思います。

PHENOMENA / PHENOMENA


購入場所:御茶ノ水

購入金額:700円

1985年のサバス加入直前に参加した「フィノメナ」プロジェクトの1stアルバムです。
所謂「コンセプトアルバム」である為、物語があり
コンピューターに支配された世界でテレパシー能力を持つ科学者の娘を核として娘の周りで勃発する出来事に立ち向かうべく父親が未知の世界へと足を踏み入れる…

みたいな感じで物語が進んでいきます。

今作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコに動画あり。

1.KISS OF FIRE
2.STILL THE NIGHT
3.DANCE WITH THE DEVIL
4.PHONIX RISING
5.BELIEVE
6.WHO'S WATCHING YOU
7.HELL ON WINGS
8.TWILIGHT ZONE
9.PHENOMENA

因みに3の曲はコージー・パウエルのソロアルバムに収録されている
ドラムソロ用の有名な曲とは”同名異曲”なので全く関係はありません。
グレンは全曲のVoと2曲目と6曲目でベースも担当しています。

何と言ってもこのアルバムの凄いのは参加している豪華メンバーであり
以下のメンバーが参加しています。

メル・ギャレー(WHITESNAKE・Trapeze、G)
トム・ギャレー(メルの実弟、作詞・作曲)
グレン・ヒューズ(DEEP PURPLE・Trapeze、Vo・B)
ニール・マーレイ(WHITESNAKE、B)
コージー・パウエル(WHITESNAKE、DS)
テッド・マッケンナ(M.S.G.、Ds)
リチャード・ベイリー(WHITESNAKE、Key・作曲)
ドン・エイリー(WHITESNAKE・RAINBOW、Key)

当時メルが脱退したばかりのWHITESNAKEの同僚であるニール、コージーを始め
後にWHITESNAKEに参加するドン、メルと入れ替わりでジョン・ロードの代理で
キーボードを担当したリチャード・ベイリーと

          80年代のM3プロジェクト”

といっても差し支えない豪華なメンツになっています。
因みに1曲目の「KISS OF FIRE」はメルがWHITESNAKEのレコーディング時に
弾いていた所、デビカヴァに気に入られ「GAMBLER」としてSLIDE IT INに
歌詞、メロディを変えて収録されている兄弟曲でもあります。

GAMBLER


KISS OF FIRE

ライナーノーツの伊藤”セーソク”によると

     「これはトラピーズ再結成の為の伏線だった!」

という相変わらず意味不明な事を書いてますが(笑)
当時腕の負傷によりWHITESNAKEを解雇されてしまったメルの為に
スネイクの同僚や知人を集めて作られておりグレンもトラピーズの縁で参加しています。
この頃既に重度の麻薬中毒状態であったグレンですがアルバムでは微塵も感じさせない
素晴らしいVoで歌っており、往時の「Voice Of God」の片鱗を見せています。

ただ、面白い事にグレンが「ベース」で参加した2曲目と6曲目はDsとKeyが他の曲で
演奏しているコージーとベイリーではなくマッケンナとドンになっている事から
「コージーの収録時には無かった曲」もしくは「追加収録する事になった曲」
スケジュールの都合でWHITESNAKE組が押さえられず、急遽集めたメンバーで
収録したのではないかという事が伺えます。

2曲目のSTILL THE NIGHT

このアルバムのセールスが予想以上に好調だったことから続編も制作され
2ndアルバムにはVoにはグレンが引き続き参加した他、奇しくもグレンの後任となった
ブラック・サバス脱退直後のレイ・ギランASIA解散直後のジョン・ウエットンに
日本からBOW WOWの山本恭司、新美俊宏も参加しています。
2006年に作られた外伝にも同じく元サバスのトニー・マーティンと共に参加しています。

メルの死後に作られた続編には不参加となりましたが、このPHENOMENAシリーズは
80年代に姿を消していたグレンの数少ない貴重な活動の軌跡ですので
パープルやRAINBOWといったイギリスHR路線が好きな方には堪らない作品ですので
現在では初期3作品をまとめた"COMPLETE WORKS"も出ており手に入れやすくなっており
是非1度聴く事をお勧めします。

コメント

でゅら〜
No.1 (2015/02/08 12:33)
これしらなかったわー
白猿 (著者)
No.2 (2015/02/08 13:54)
でゅら~さん、コメントありがとうございます。
フィノメナプロジェクトは中々の作品が揃っていますので
もし宜しければお聞きなさるのをオススメ致します。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事