MASAの部屋

BABYLON

2015/01/05 00:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 音楽
  • 邦楽
  • ロック
  • 公式
  • SADS
  • 清春
  • 忘却の空
  • 管理人お気に入り音源

さて、SADS公式CDシリーズ2回目は「SADS最高傑作」の呼ばれる
この作品を紹介したいと思います。

SADS / BABYLON


購入場所:地元のブックオフ

購入金額:500円

SADSの2枚目の公式アルバムです。
このおどろおどろしいアルバムジャケットを見れば
お分かりいただける様に清春の「妖艶&怠惰的なイメージを
全面的に押し出した作品となっています。

今作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコに音源有り

1.Welcome to my BABYLON (SE)
2.PRAYER
3.アジト
4.Feeling High & Satisfied
5.ストロベリー
6.What Can I Do
7.Liberation
8.忘却の空
9.LATE SHOW
10.GENTLE DARKNESS
11.DARLIN'
12.STUCK LIFE
13.SAD PAIN
14.Conclusion of my BABYLON (SE)
15.赤裸々 -new mix-
16.CRACKER'S BABY -new take-
17.SANDY -remix-

わざわざSEを入れている事からも分かるように1~14曲目までが
所謂「コンセプトアルバムの本編」であり、
15~17曲目はシングル曲の別MIXやB面曲の新録を収録した
今で言うところの「ボーナストラック」といった扱いになっています。
いうまでもなく最後の3曲を入れたのは「売上」対策であり、
1stアルバムの売り上げが期待したいた数字よりも大幅に下回ったのが原因です。
99年といえばCD売上の絶頂期から一変衰退の1歩を歩み始めた”元年”であり、
一概に清春の責任があるわけがありませんが当時はそんな弁明は通らず
清春にしては大変珍しく「売上に固執した」アルバムとなっています。
下記の動画の様に黒夢時代には頑なに拒んでいたTV出演も行っています。


SANDY


しかしながら、1stのシンプル路線から一転して黒夢初期に見られた
ダーク妖艶サイコティックな路線の曲はかなりハマっています。
清春はこのアルバムで新たな試みとして全曲「一発録り」をしたらしく、
中には「アレンジ不足」や「音質への配慮がイマイチ」という声も聞かれますが
”ライブ至上主義”を掲げていた当時からしてみれば、「ライブ風に」収録した事は
決して判断としては間違っておらずむしろプラスに作用したと思います。
清春自身もアルバムの内容に満足していたらしく活動停止中のインタビューで

「SADSのアルバムの中で唯一自分が納得できる所まで音を詰め込める事が出来た」

と述べているほどで、
そのお陰もあってかオリコン初登場1位を獲得したのも納得できる内容です。

収録曲がダークで重々しい曲が続く中、ちょうど中盤にある
忘却の空は他の曲は違いシンプルな曲調と秀逸なメロディーに加えて
タイアップ先のドラマのヒットもあってシングルヒットし、
前期SADSの代表曲として認知されました。

忘却の空


また他にもねっとりした清春のVoが聴ける「ストロベリー」や
一転してへヴィで激しい「Liberation」等収録曲はかなり出来が良く、
最後に収録されている「SANDY」は再結成後もセットリストの常連曲になっています。

CRACKER’SBABY

しかし、シングル曲も大ヒットしアルバムチャートも好調だったものの…
肝心の売上は1stを少し上回る程度で終わり
清春をして

   「このアルバムでダメならどうすればいいんだ?」

と苛立つ結果に終わり、それが3rd以降のSADSの迷走に拍車をかけるきっかけになりました。
また、アルバムセールスに失望した清春はこれ以降増々ライブ活動へと重点を置くようになり
このアルバムを出した2001年は85公演ものライブを行いました。
4日に1回はライブを行っている計算になりますが、この後さらにライブ数は増え、
それは同時にメンバー間の関係に亀裂が入り始め、特にDsの牟田昌広に対してライブ中に

「今日の牟田君は最高です。高校生レベルです。」

とあからさまに誹謗中傷を繰り返し、彼を脱退に追い込んでしましました。
内容的には非常に充実していたものの、売り上げがそれに追いつかなかった
不幸なアルバムであると言えると思います。

ですが上記の様に内容は凄く良くできたアルバムなので
SADSを初めて聴かれる方はここから聴く事をお勧めします。

次回は3rdアルバムを紹介する予定です。


コメント

でゅら〜
No.1 (2015/01/09 19:28)
 「BABYLON」いいよね!当時はあまりCD買ってなかったけれど、これは発売日に買ったもの。
 記事読んでから、SADSになってからテレビ露出増えたな~って感じたけれど、そういう背景があったんだね。
白猿 (著者)
No.2 (2015/01/09 21:34)
でゅら~さん、コメントいつもありがとうございます。
清春が後年SADS時代を振り返るインタビューで述べてました。
本人としては1stの倍は見込んでいたのに1stを僅かに上回る
結果にショックだったそうです。
今再結成SADSで忘却の空を歌わないのも「ああ、あれの一発屋だね」
って言われるのが心底嫌だからそうです。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事