白猿(著者) のコメント

白猿 (著者)
No.2 (2014/03/09 23:07)
oyajikickさん、コメントありがとうございます。
oyajikickさんはご存じだと思いますが1992年に行われた南米ツアーでは
当時ロニーが復帰していたサバスは大歓声で迎えられていました。
意外と南米では10年遅れでHR/HMブームが来ていてサバスも人気でした。
実はKISSは素顔になった80年代でのオーストラリア、ブラジルにおける人気は全盛期でした。
特にブラジルでは当時で10万人規模のライブを行っており、今でも人気は絶大です。
恐らくオリジナル・サバスでもブラジルではKISSに勝てるか微妙な所です。
確かにこの頃のマーティンはバンド内でも孤立していて94年当時に脱退を考えたそうですが、
ニール&コージーの復帰で脱退を先延ばしにした経緯があります。
結局彼は96年に脱退してしまいますが、彼にとってサバスはニール&コージーがいてこそ
輝ける存在だと分かっていたのかもしれません。

このコメントは以下の記事についています