MASAの部屋

Sacred Halloween

2013/11/15 20:00 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • HR/HM
  • DIO
  • ロニー・ジェイムス・ディオ
  • FM音源
  • ブートレッグ
  • ディオ
  • マイクトラブル
  • ヴィヴィアン・キャンベル
この前帰京した折に手に入れたブートを紹介したいと思います。

DIO / Sacred Halloween


購入場所:御茶ノ水

購入金額:1400円

「Sacred Heart Tour」の1985年10月31日のマサチューセッツ州ウースター公演と
10月1日のルイジアナ州ニューオリンズ公演の一部をどちらもFM録音で収録した物です。

本作の収録内容は以下の通り。赤字はニコニコに音源あり。

Disc 1
1.INTRO
2.KING OF ROCK AND ROLL ←ココ注目
3.LIKE THE BEAT OF A HEART
4.DON'T TALK TO STRANGERS
5.HUNGRY FOR HEAVEN
6.THE LAST IN LINE (incl.HOLY DIVER)
7.DRUMS & BASS SOLO
8.HEAVEN AND HELL
9.GUITAR & KEYBOARDS SOLO
10.SACRED HEART~THE LAST IN LINE (reprise)


Disc 2
1.ROCK'N'ROLL CHILDREN
2.LONG LIVE ROCK'N'ROLL
3.MAN ON THE SILVER MOUNTAIN ~ROCK'N'ROLL CHILDREN (reprise)
4.STAND UP AND SHOUT
5.RAINBOW IN THE DARK
6.WE ROCK

(ここからニューオリンズ公演)
7.INTRO
8.KING OF ROCK AND ROLL
9.LIKE THE BEAT OF A HEART
10.DON'T TALK TO STRANGERS


ニューオリンズ公演については前に紹介したDEFINITIVE SPOKENに収録されている物の方が音質も若干良い上に収録曲数も2曲多いのでそちらを購入された方がオススメです。

さて、本編のウースター公演ですが、音質はFM音源とあってカット・編集・間に新曲が
1曲入って流れをブッた切ってる公式アルバム「Inteamission」よりもはるかに
DIOのライブの醍醐味を楽しめます。
しかし、残念な事に1曲目、King Of Rock And Rollの出だしで痛恨のマイクトラブルがあり、
ロニーのVoが1番の歌詞丸ごとOFFとなってしまっています。

しかし、ロニーは突然のトラブルに見舞われたにもかかわらず、
マイクなしで(!)シャウトをFM録音に拾われるレベルの声で連発し、急場を凌いでいます。
流石はベテランと言った所でマイクが治った後は’いつもの’DIOのライブを披露してくれます。
ギターのヴィヴィアンによるともうこの頃にはロニーとの仲は修復不可能レベルまで深刻化しバックステージの雰囲気やバンド内の関係も冷え切っていたと明言しています。

しかし、かのパープルのVoとGよろしく(笑)ライブ中に水をぶっかけたり、出て来ないといった目を覆いたくなるような惨状にはなっておらず、HR/HM界の頂点にいるバンドとしての
熱いパフォーマンスを魅せてくれます。
また、この頃のDIOの特徴としてDIOの代表曲と新曲及び自身のかつて所属していた
バンドのヒット曲を散りばめた「組曲形式」のメドレーも見所で、
前半のThe Last In Line組曲と後半のRock ’N’ Roll Children組曲はどちらも素晴らしいです。

この後ヴィヴィアンは解雇され、DIOは坂道を転がり落ちる様に斜陽を迎えますが、
全盛期末期の最後の輝きを収めたこのブートは個人的にかなり掘り出し物で気に入ってます。







次回は再びWHITESNAKEを紹介しようかなと思っています。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事