MASAの部屋

BACK TO BACK

2013/11/10 20:40 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • HR/HM
  • DEEP_PURPLE
  • ディープ・パープル
  • ブートレッグ
  • 初日公演
最近ネタに困ってましたが、来年4月にパープルが来日するとの事なので
このブートをと取り上げてみたいと思います。

DEEP PURPLE / 「BACK TO BACK」


購入場所:新宿

購入金額:800円

「Raputure Of The Deep Tour」初日の2006年1月17日のイギリス、
ロンドン・アストリア公演をAUD録音で収録した物です。
7年前ながら近年のブートとあって音質は良く、バランスや音像もしっかりしています。

本作の収録内容は以下の通り。

Disc 1
1.Pictures Of Home
2.Things I Never Said ←ココ注目
3.Wrong Man ←ココ注目
4.Ted The Mechanic ←ココ注目
5.Living Wreck ←ココ注目
6.Rapture Of The Deep ←ココ注目
7.Back To Back ←ココ注目
8.Before Time Began ←ココ注目
9.Lost Contact~Well-Dressed Guitar
10.Lazy

Disc 2
1.Keyboard Solo
2.Perfect Strangers
3.Junkyard Blues ←ココ注目
4.Sometimes I Feel Like Screaming ←ココ注目
5.Space Truckin'
6.Highway Star
7.Smoke On The Water
8.Kiss Tomorrow Goodbye ←ココ注目
9.Black Night


セットリストを見て頂ければ分かる様に新作「Raputure Of The Deep」から
7曲もセット入りさせており実に「新曲重視」の姿勢が窺われます。
それ以外にもモーズ在籍時の曲が3曲も演奏されており19曲中10曲がモーズ期の曲
と言うサービスっぷりです。

大御所バンドでは兎角ありがちな「代表曲ばかりで固めたマンネリなセットリスト」
になりがちなのが良く見受けられますが、パープルでも7期はそのような状態であり、
この「Raputure Of The Deep Tour」は6年の続く超ロングツアーとなった為ツアー末期ではRaputure Of The DeepとLost Contact~Well-Dressed Guitar以外は
セット落ちしてしまいました。

しかし、パープルのセットリストをよく見てるとSmoke On The WaterやBlack NightにHighway Starといった鉄板曲以外はちょくちょく曲を変えているのが分かります。
何気にHard Lovin ManとかFireball等往年の隠れた名曲も復活させていますしね。

この日のライブでも約30年振りにIn Rockの隠れた名曲「Living Wreck」を復活させており
現在進行形の今のバンドと過去の遺産を上手く両立させていますね。

因みに今現在ツアー中のパープルのセットリストはこんな感じになっています。
赤字は新曲

Apres Vous
Into the Fire
Hard Lovin' Man
Vincent Price
Strange Kind of Woman
Contact Lost
Guitar Solo(by Steve Morse)
Uncommon Man
The Well-Dressed Guitar
The Mule(incl. Drum Solo by Ian Paice)
Above and Beyond(Dedicated to Jon Lord)
Lazy
Hell to Pay
Keyboard Solo(by Don Airey)
Perfect Strangers
Space Truckin'
Smoke on the Water

Encore:
Green Onions(Booker T. & The MG’s cover)
Hush(Billy Joe Royal cover)
Bass Solo(by Roger Glover)
Black Night

この作品に負けず劣らず新曲重視となっていますね~
Highway Starがセット落ちしてる点は残念ですが、
まあ飽きたのだと思って割り切ってます。
武道館は是非行きたいですね~

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事