MASAの部屋

CHICAGO 1983: THE LEGENDARY MASTER

2013/10/08 22:17 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • ブラック・サバス
  • BLACK_SABBATH
  • HR/HM
  • 11月の傑作群
  • 管理人お気に入り音源
  • AUD音源
  • ブートレッグ
  • イアン・ギラン
さて、この「Born Again Tour」特集の最終回に当たる今回は
ついこの前出たばかりの最新音源を紹介したいと思います。

BLACK SABBATH / CHICAGO 1983: THE LEGENDARY MASTER


購入場所:新宿

購入金額:5800円

1983年11月18日イリノイ州シカゴ公演を、AUD録音で収録した物です。
前に書いたケベックシティ公演も素晴らしい音源でしたがそれを上回る音質の良さと
ダイレクト及び安定感で収録されており、FM音源のウースター公演と双璧をなす
ツアーを代表するといってもいい優良AUD音源です。

本作の収録曲目は以下の通り。

Disc 1
1. Supertzar (悪魔の子泣き声 MIX)ココ注目
2. Children Of The Grave ←ココ注目
3. Hot Line  
4. War Pigs
5. Disturbing The Priest
6. Supernaut
7. Drums Solo
8. Rock 'N' Roll Doctor
9. Stonehenge
10. Iron Man

Disc 2
1. The Dark
2. Zero The Hero
3. Heaven And Hell
4. Guitar Solo
5. Black Sabbath
(Encore)
6. Smoke On The Water
7. Paranoid - Heaven And Hell (Reprise)

この日の特徴はHeaven And Hellの後に続くDigital Bitch が
セット落ちした代わりに冒頭SEのSupertzarが赤ん坊の声を邪悪に歪めた
「悪魔の子泣き声 MIX」になっている点です。
この特別SEはこの日以外では11月29日の公演で確認できるのみで、
他の公演で使われたのかは定かではありません。

長丁場のツアー終盤の為かギランの声も「お疲れ」といった感じで所々高音部分が出切らない箇所がありますが、後年の様な「声帯が潰れた」というような歌い方でなくまだまだ全盛期の面影を残している為そこまで聴き苦しくありません。

ライブの方はすっかり中期のセットリストに馴染んだ感じでよく言えば安定した、
悪く言えばあまり変化やサプライズがない(SEとDigital Bitchのセット落ちを除いて)
極普通のレギュラーライブの一つである事です。

Supertzar~Children Of The Grave


Paranoid


これで私の現在持っているギラン時代の音源は全て紹介し終えましたのでブラック・サバス
特集は暫く休憩と箸休めの記事を経た後、トニー・マーティン時代の「HEADLESS CROSS」から再開する予定です。

注:オリジナル再結成~グレン~レイ~マーティン(ETERNAL IDOL期)は
過去に特集で紹介しましたのでそちらを参照ください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事