MASAの部屋

聴き比べてみよう~③-1 BLACK SABBATH 1980年11月18日 AUD Ver

2013/09/21 00:15 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • ブラック・サバス
  • BLACK_SABBATH
  • HR/HM
  • ブートレッグ
  • AUD録音
  • 高音質
  • ロニー・ジェイムス・ディオ
  • 中野サンプラザ
さて、ビルの後任にヴィニー・アピスを迎えてツアーを再開したサバスはその後も
順調にライブをこなし、遂に11月に初来日公演を迎えました。その時の11月18日、
中野サンプラザ公演は他の来日音源と共に定番激戦区ともいえるほど
数多くのブートが出ています。
特にこの日はラジオ放送された為FM音源と関係者流出のSBD音源も存在する

「3形態のブートが聴き比べできる」

というブートの中でも極めて稀な例のライブとなっています。

その中でも今回は最新で且つ高音質の3種類のブートを順次紹介したいと思います。

BLACK SABBATH / EVIL MAN




購入場所:新宿

購入金額:3500円

1980年の初来日公演、11月18日の中野サンプラザ公演をAUD録音で収録した物です。
このAUD録音は80年の録音としては大変素晴らしい音質を誇っており、オマケで付いてくる
チケットのレプリカ(他のSBDやFMにはオマケ音源が付いているのにAUDだけはこれのみ‥
これだけでも十分売れると言う自信があるのでしょう)で録音者が「1階0列29番」と
いう’最前列’で録音したという’’証拠’’もあり、レンジ音像厚み音の分離貴重性どれをとっても申し分のない出来の良い作品といえるでしょう。

本作の収録内容は以下の通りです。赤字はニコニコで音源あり。

1. Supertzar
2. War Pigs
3. Neon Knights
4. N.I.B.
5. Children Of The Sea
6. Sweet Leaf incl. Drum Solo
7. Lady Evil
8. Black Sabbath
9. Heaven And Hell
10. Iron Man

さて、ここで私のブロマガの前の記事から見られてる方は気付くと思われますが、本来
演奏されてるの「Paranoid」と「Die Young」、「Children Of The Grave」がありません。
カットか?と思われる方もおられるかもしれませんが、実はこの日アイオミが「牡蠣
(本人談)を食べて腹を壊し、「Heaven And Hell」の中盤でとうとう演奏不能にまで
陥ってしまうハプニングがありました。本来ならこの瞬間にライブは中止になっても
不思議ではないのですが、異変に気付いた3人によりライブを続行!
ギーザーがアドリブで奏でる美しいベースソロをバックにロニーが観客を煽ったり、
即興で歌詞を歌ったりしてなんとか5分間(!)観客を失望させることなく
演奏を完走させます。
そして、何とか持ち直したアイオミと共に「これだけは何としてもやらんと」と言わんばかりに「Iron Man」を演奏してライブを終了させます。
因みにこの前3月に船橋所属さんとお会いした時に一緒に来られていた
当時のライブを観戦された方」にお会いしまして、「Iron Man」終了後アイオミの
体調不良をロニーが英語が分からない日本人に何とか伝えようと
「Tony is sick.」と言いながら幼い子がネンネを表現するジェスチャーで伝えたそうです‥





↑こんな感じで表現したそうですwww

実に生々しい証言でした(笑)

閑話休題、このアイオミが倒れた間8分40秒辺りから警備員に見つかりかけたのか、
1分間ほど録音が急に籠ります。
本来ならマイナスポイントであるはずのこの籠りも、妙に生々しい隠し方とハプニング中と
言う事もあってスリリングと臨場感あふれる様な気分になる所が高音質ならではの特徴だと
思います。

この日の音源は既発で様々な音源が出ていますし、中には音質は一歩劣るもののAUDSBDFMの3つがセットになったお得盤の「STAND UP AND SHOUT」等がありますので、
入手難易度は低い方かと思われますので是非手に入れて聴いてみてください。

Neon Knight

Children Of The Sea




次は順番通りSBD Verを書く予定です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事