MASAの部屋

BOREDOM?

2013/09/05 00:06 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • HR/HM
  • オジー・オズボーン
  • OZZY_OSBOURNE
  • ブートレッグ
  • ブラッド・ギルス
  • 管理人が騙された音源
  • ジャケット詐欺
  • 初日違い

さて、前々回バーニー・トーメ在籍時の音源を紹介しましたが、
そのバーニーがバンドを去りジェイク・E・リーが登場するまでの間
オジーを支えたもう一人のギターリストであるブラッド・ギルスが
初参加した日のブートを紹介したいと思います。

OZZY OSBOURNE / BOREDOM?


購入場所:新宿

購入金額:2880円

ブラッド・ギルスが初めてオジーバンドに参加した
1982年4月12日のビンガムトン公演を収録したFMエアチェックorSBD音源です。
どっちか分からないのは音が悪すぎて皆目見当が付かない為です。
音が悪い事に加えこの音源はテープスピードが異常に早いという
更なるマイナスポイントがあります。


本作の収録内容は以下の通りです。

1. Mr. Crowley
2. Crazy Train
3. Revelation (Mother Earth)
4. Steal Away (The Night)
5. Suicide Solution
6. Bernie Torme Guitar Solo
7. Tommy Aldridge Drum solo
8. Goodbye To Romance
9. I Don't Know
10. Believer
11. Flying High Again
12. Iron Man
13. Children Of The Grave
14. Paranoid

そして、何よりも最悪なのはジャケットを見てもらえば分かりますように

バーニー・トーメの初日音源と偽って販売している

という許しがたい嘘を付いている事です。
因みにこのブラッド初日音源をバーニー在籍時音源と称して売っている音源は他にも「BERNIE DAZE」というタイトルが存在します。
(こちらは存在しないはずの13日のバーニーの最終公演とミス表記しています。)
もし、バーニーの音源欲しさにこれを掴まされたくない人の為に見破るポイントを上げると

①前期の通りテープスピードが異常に早い劣化FMorSBD音源である事。(本物はAUD)

②OPナンバーのOver The Mountainが欠落している事。(本物は完全収録)

この2点で判断できると思います。

さて、まんまと騙された私ですが(笑)さほど恨みは有りません。
確かに気づいた時の落胆はあったものの、音が悪かろうと紛れもなく
「ブラッド・ギルス初日音源」であるのは間違いなくそれはそれで貴重であるからです。
しかし、何故騙されたのか?
それは、

ブラッドとは思えない程ボロボロのプレイだから

の一点に尽きます。

前々回書いたようにバーニーは
この日ブラッドがテンパって弾けない事態に備えて
バックステージに待機していた話を書きましたが、
それも納得できる程ボロボロな演奏だからです。
考えても見れば4月3日から後任を探し始めて6日に決まったものの、
練習時間は僅か6日間のみ
4日しかなかったバーニーに比べれば恵まれていますが、それでも練習不足は否めません。
辛うじてParanoidで得意のアーミングプレイをやってますが、
それ以外は追いつくのがやっとの感じでソロも粗が目立ちます。
この9日後にはいつもの素晴らしいプレイを魅せている事からも
バーニー同様2~3日は酷い演奏なのも病むを得ません。

まあ、物珍しさに欲しい人のみ向けのマニアック音源です。
手に入れる際は自己責任でお願いします。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事