MASAの部屋

Voice Of Rainbow TOKYO 2013

2013/08/07 21:57 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • HR/HM
  • レインボー
  • RAINBOW
  • やっさん
  • グラハム・ボネット
  • ジョー・リン・ターナー
  • ドゥギー・ホワイト
  • ブートレッグ
前回2010年の公演を紹介したらもう今年の来日公演も紹介せざるを得ないので
今回は2013年の来日音源を紹介したいと思います。
この中野サンプラザ公演は私自身観戦したのでその事もついでに書きたいと思います。

Voice Of Rainbow / Voice Of Rainbow TOKYO 2013


購入場所:新宿

購入金額:0円(オマケ)

ついこの前行われた「第2回 Voice Of The Rainbow」の初日である2013年3月12日の中野サンプラザ公演を収録したAUD音源です。
前回の「LOST IN SUNPLAZA」と比べると録音位置が会場の真ん中辺りで、
前列で録ったであろうLOST~と比べると録音状態やグラハムの終盤で一部カットがある等
ワンランク落ちの物でオマケで付いて来たのも納得の出来です。
しかし、お目当てのグラハムの高音質音源を別個持っている私にとっては同じ高音質録音とはいえ3500円出して「ジョー&ドゥギー編」を買うよりこっちの方が良いだろうという事でこれを持っています。

本作の収録曲目は以下の通り。赤字はニコニコに音源あり

Disc 1
1. S.E
2. Over The Rainbow
3. Spotlight Kid
4. I Surrender
5. Can't Let You Go
6. Death Alley Driver
(DOOGIE WHITE PART)
7. Wolf To The Moon
8. Black Masquarade
9. Hall Of The Mountain King
10. Catch The Rainbow

Disc 2
1. Street Of Dreams
2. Can't Happen Here
3. Power (With Doogie White)
4. Kill The King (With Doogie White)
5. Burn (With Doogie White)
6. SE
7. Assault Attack
8. Island In The Sun
9. God Blessed Video
10. Love's No Friend
11. Stand In Line
12. Guitar Solo
13. Eyes Of The World
14. Will You Be Home Tonight

Dick3
1. Only One Woman
2. Big Foot
3. Jet To Jet (Incl. Drums Solo)
4. Skyfire
5. Since You Been Gone
6. Dancer
7. Lost In Hollywood

因みに「Dancer」と「Lost In Hollywood」で一部カットがあります。

さて、ここからは観戦記となります。
マニアックな話になるので注意して見てください。


会場の中野サンプラザに着いたのは何故か4時(開演7時)…!
当然暇なので待ち合わせしている船橋所属さんが到着するのが6時と言う事で
「オタクの聖地」中野ブロードウェイで他の趣味を満喫していました。
5時半ごろ先行販売していたグッズ販売が終わり、ガランとなった正面階段になんと
ドゥギーと’’今回の’’アルカトラズのドラマーボビー・ロックが現れ談笑していました。
ファンの中でも知っている人が少ない為かあまり気づかれないままでした。
私はその2人を写真撮影してそのまま船橋さんを待ち合流しました。
因みにその時音漏れしていたリハでジョーが本番ではデュエットしていた
「KILL THE KING」と「BURN」を演奏していました。

ドゥギー、おまえもリハ参加しろよ(笑)


6時になり開場。慌ててはいる人をやり過ごしつつ船橋さんとこの日のセットリストや
今後のブートについて互いに思いを話してました。


6時半に我々も会場入りしました。席は4列目!とあってかなり間近での見る事が出来ました。
因みに思いっきり左寄りのベース側だった為、
本番中リズム隊の低音がずっしり聞こえました。

7時に開演しまずはジョーの出番。相変わらずの「レインボーのライブ」を意識してか
「Over The Rainbow~Spotlight Kid」の鉄板のOP曲で登場!
私は別にそこまで意識しなくてもいいのですがリアルタイムファンからすれば
この’様式美’はやはり嬉しいらしく大歓声でした。その後は自身の持ち曲を丁寧に披露。
特に2010年は声が枯れて辛そうだったI Surrenderも今回は序盤の為か上手く歌えてました。

途中からドゥギーに交代し、彼のパートになりました。
しかし、M.S.G.のツアーに参加している疲れの為か声が少し枯れているのが気になりました。
それでも頑張ってマンネリ回避の為「Ariel」の代わりに「Wolf to the Moon 」を、
前回に続きロニー追悼と言う事で「Catch The Rainbow」披露しました。
彼は彼なりによく頑張ったと思います。



その後ジョーに戻りいつものお約束曲を披露して終わりかな?と思ってところで彼も
ロニー追悼という事で(もういいよ、と思いましたが)前記の通りドゥギーとデュエットで「KILL THE KING」を披露。



「Stargazer」でなくてホッとしたのは私だけではない…ハズ?
そして2012年7月に亡くなったジョン・ロードの追悼と言う事でこれまでのレインボー曲
一辺倒を崩してDEEP PURPLEの「BURN」を披露。



ジョーはパープルで、ドゥギーは再結成レインボーで歌った事がある為まあ、歌えてました。

そして、いよいよグラハム。詳しい解説は次回書きますが
今回の特徴はなんといっても「Only One Woman」と「Dancer」に尽きると思います。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事