MASAの部屋

THE NIGHT OF RAINBOW

2013/08/04 17:06 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • 洋楽
  • ブートレッグ
  • レインボー
  • やっさん
  • グラハム・ボネット
  • HR/HM
  • RAINBOW
  • ジョー・リン・ターナー
  • ドゥギー・ホワイト
さて、前回07年のグラハム&ジョーのジョイントツアーを書いたのでそのまま勢いで3年前に行われたこの音源も紹介したいと思います。(長くなって済みません。)

ALCATRAZZ / THE NIGHT OF
RAINBOW


購入場所:新宿

購入金額:1600円

グラハム・ボネット、ジョー・リン・ターナー、ドゥギー・ホワイトというレインボーの
歴代ボーカリスト(ロニー以外)が初めて一同に揃い、The Voices Of Rainbowと銘打って
行われた日本限定のツアーの初日公演9月27日 大阪BIG CAT公演を収録したAUD録音です。
AUD録音と言っても3年前の音源の為マトリックス音源並の素晴らしい音質です。
(会場の大阪BIG CATが狭かったせいかもしれませんw)
さてこの音源、新宿と御茶ノ水にあるとある中古CDショップに行くとゴミの様に
沢山置いてある(笑)定番物なので比較的安価で入手可能な品だったりします。
私も4枚ある中で何故か一番安くて綺麗なのを選んで買った覚えがあります。

収録内容は以下の通りです。赤字はニコニコに音源あり

Disc 1

1. Over The Rainbow (SE)~Spotlight Kid

2. I Surrender
3. Drinking With The Devil
4. Street Of Dreams
5. Black Masquerade(Vocal:Doogie White)
6. Ariel(Vocal:Doogie White)
7. Hall Of The Mountain King(Vocal:Doogie White)
8. The Temple Of The King(Vocal:Doogie White)

Disc 2
1. Stargazer
2. Can't Let You Go
3. Can't Happen Here
4. Death Alley Driver
5. Power(with Doogie White)
6. Long Live Rock’n’ Roll (with Graham Bonnet & Doogie White)←これはDisk4の8と
同じ音源です。何でここに入っているのかは不明


Disc 3
1 SE ~ Assault Attack
2. Too Young To Die, Too Drunk To Live
3. Since You’ve Been Gone
4. God Blessed The Video
5. Love’s No Friend
6. Kree Nakoorie ~ Hiroshima Mon Amour ~ Kree Nakoorie
7. Will You Be Home Tonight
8. Skyfire

Disc 4
1. Catch The Rainbowここ注目
2. Suffer Me
3. Bad Girl
4. Band Intro
5. Jet To Jet (incl. Drums Solo)
6. Lost In Hollywood
7. All Night Long (with Joe Lynn Turner & Doogie White)
8. Long Live Rock’n’ Roll (with Joe Lynn Turner & Doogie White)

さて、まずジョー&ドゥギーですがバックバンドが”リッチーのものまねだけは上手い”
梶山章とノヴェラキーボーディスト、永川敏郎が率いるプログレバンドGERALDの為、
実質的に「カラオケをバックに歌うジョー&ドゥギー」となっています。
彼はソロで来た前回とは異なりイベントの趣旨もあってか今回から
ファンが求めるレインボー曲しか歌わない」というスタンスを取っています。
無論、彼の在籍時のレインボー曲は「さすが、本人!」といえる素晴らしい歌唱を魅せてくれますが、この年の5月に亡くなったロニーの追悼と言う事で普段のライブでも歌っている「Stargazer」は

①歌詞をずっと間違え続ける(To see him flyとSo many diesが逆になってる)

②最後は歌詞をすっ飛ばして省略する

とロニーが聴いたら激昂するような悲惨な出来になっています。
(実は彼2009年から今もずっと間違えて覚えてます。)
普段から歌っている且つロニー、グラハムがそれぞれ歴史に残る様な名演を残している
曲だけにここの酷さは他が良い分大きくマイナスポイントです。

ドゥギーは95年以来の来日もあってか、07年にいなかった新鮮感もありかなり好評でした。
自分の持ち曲3曲に加えてロニーの追悼と言う事で「The Temple Of The King」を
堂々と歌い上げてます。

次にグラハム率いるALCATRAZZ
featuring GRAHAM BONNETですが、
グラハムはジョーと逆にALCATRAZZとして来ている為か「レインボーの曲は歌うけど、
基本的に好き勝手やる
」という天然ぶりを発揮し、OPから隠し玉と言えるM.S.G.の
Assault Attack」を披露します。
因みにこの曲1982年発表の曲ですがグラハム本人が歌うのは実はこれが史上初めてという
超ビッグサプライズでした!
当然知っているファンの驚きっぷりが音源からも伝わってきます。
これ以外にもロニーの追悼と言う事で「Catch The Rainbow」に隠し玉その2の「Bad Girl」のレインボー曲を披露してます。ただ、前者は大阪公演のみ、
後者は当のレインボーファンでも相当通なマニアしか知らない曲の為受けは微妙でした。
それ以外にもマンネリ回避を狙って曲を入れ替えてる+新生アルカトラズの”バンド”としてのまとまり感もあって見事なライブとなっています。

















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事