MASAの部屋

Ray Rules

2013/07/27 10:08 投稿

  • タグ:
  • 洋楽
  • ブートレッグ
  • 公式
  • 地雷
  • ブラック・サバス
  • HR/HM
  • BLACK_SABBATH
  • どうしてこうなった
  • 音楽
  • レイ・ギラン

さて、レイ時代の音源と言えばこの前ファンの中で大不評を買った
ある地雷ブートがあります。
そのブート自体はまあよくあるブートねで済んでいた物ですが、
時と場所によってとんでもないパッシングを受けてしまいました。
今回はその音源を紹介したいと思います。

BLACK SABBATH / Ray Rules



購入場所:御茶ノ水

購入金額:1000円

本作の収録曲目は以下の通り。

1.Mob Rules
2.Danger Zone
3.War Pigs
4.Seventh Star
5.Die Young
6.Black Sabbath
7.N.I.B.
8.Neon Knights
9.Paranoid

1986年6月2日のロンドン・ハマースミス公演を収録したFM音源です。
が、TEXASよりかは2曲多いものの、

FM音源なのに受信ノイズとヒスノイズに加えて
メチャクチャ音が籠りまくっててAUD録音以上に悪い

と来ている非常に悪い音源です。

更におぼれている人を棒で叩くようですが

①N.I.B.の所で録音ミスによりイントロで被りがある

②Black Sabbath中盤で2秒くらいの音の空白がある

③音もヨレたり偏ったり「AUD録音?」と思えるくらい音像が落ち着かない

と散々なブートでした。

まあ、これはあくまでブートだったので掴まされた方が悪いと言えばそれまでの音源でした。
…がしかし、一番問題なのはこれが公式音源として採用されてしまったと言う所が
最大の悲劇なのでした。

なんと「SEVENTH STAR」デラックス・エディションのボーナストラックに
この音源が採用されてしまったのでした…orz

一応公式側によって上のヒスノイズと①②の問題は修正されていましたが、
この手の公式物のみを楽しむファンにとってみれば劣悪音源に他ならない
コレに当然ですが非難の声と大不評が起こりました。
私も何故この「Ray Rules」音源が使用されたのか(そりゃグレン時代のブートがグレンの薬物中毒状態で内容も音も最悪なので採用されなかったのは分かりますが)分かりません。
前回紹介したテキサス公演の方が100倍以上音が良いのは周知の事実なので
何故こっちを採用しなかったのか不思議で仕方ありません。

これを読んだ皆さん、くれぐれも上記2つを「聴いてみよう♪」なんて手を出さない事を
オススメします。金をどぶに捨てる様なもんなのでやめましょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事