まろんの君(著者) のコメント

まろんの君 (著者)
No.24 (2015/12/27 14:50)
そもそも僕がこういう記事を書いたのは、ネットでは偏見を拡散するのが大変に容易な環境にあるように思われて、でも、そればかりだと社会も人生も結局はつまんないものになっていくでしょ? そういうわけで、偏見から始まった事象がどうのようにして無害な形に収拾されていったか、その経緯を探ってみるのも面白そうかな、と思って・・・なので、この記事を読んで、「内容は支離滅裂だけど面白い」と言ってくれた人たちは未来を創造する才能を秘めていると思います♫

このコメントは以下の記事についています