maousikiのブロマガ

【遊戯王】ちょっと前までの魔轟神(前編)

2013/02/04 15:39 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • 魔轟神
どうも、魔王式です。

 今回は私の大好きなテーマ「魔轟神」について触れたいと思います。前編と後編(もしかしたら中編もあるかもしれません)にわけて説明したいと思います。前編は今の環境での魔轟神の立ち位置を書きたいと思います。

 エクシーズの出る前の魔轟神はワンショット魔轟だとかIFなどと同じソリティアができる部類として有名なテーマでした。しかし、現在ではシンクロの代表といってもいいトリシューら、ブリューナクが禁止になり、アドや展開することがままならない状態になってしまいました。
 特にブリューナクは手札のカードを捨ててフィールドのカードをバウンスするといった強力なカードだったが故に魔轟神は手札コストすらアドバンテージに持っていくことができ、相手のカードを除去しながら展開ができたのです。
 これももう過去の話。今では、環境トップに存在する炎星のサポートカードの炎舞が永続魔法のためブリューナクがいると何度も使いまわすことが出来てしまう(1ターンに1度しか発動はできませんがそれでも毎ターンサーチできるのって強いと思うんですよね)がために投獄されたのではないかと思う日々。
 そして、エクシーズ環境が来てしまうとDT(デュエルターミナル)ではヴェルズというカテゴリーが出てくるようになり、オピオンというシンクロ殺しのカードまで出てくる始末。
 魔轟神で突破しようにもエクストラはいつもパンパンで、エクシーズの部分を入れるとシンクロモンスターはないがしろになってしまい、欲しい時にシンクロができず、展開ができない。逆にシンクロを中心に考えるとオピオンを対処できずにサレンダー。
 さらに追い討ちをかけるように最近のデッキの大量展開を抑制するために「増殖するG」が出てきて茶話の効果を使ったら相手は±0、チャワで捨てた魔轟神の効果で蘇生で+1、何かのモンスターとシンクロ+2、ケルべとシンクロ+3、ケルべもシンクロ+4。こちらが破壊耐性もないレベル5モンスターを2体または、スターダストまでいけたとしても相手の初期手札9+ドローフェイズで+1=10とかもう話にならない。

 こんな環境になってしまったが故に魔轟神は今ではDTの名残のせいかただ高価なだけのカードとなってしまいました。
 ケルベラルも昔は2000前後だったに今では800。まあ、安くなって組みやすくなったことはいいことなんですが。魔轟を使うと
「あ、魔轟ですか?集めるの大変じゃなかったですか?w」とか
「昔はねぇ、ワンショットなんてのもありましたけどね~w」
なんて言われる始末。
 ぶっ殺しちゃうぞ♡^^
 魔轟神は墓地・手札・フィールドすべてを把握して展開するデッキ。確かに難しいデッキの一つだと私は思います。
 そして環境に追いつくためにはどうすればいいのかと考えてだした結論はユニコン

 ユニコンとは、魔轟神獣ユニコールの永続効果を使い、相手の手札とこちらの手札を常に同じに保ちつつ、相手の行動をコントロールするという。魔轟神使いでも難しい部類のデッキです(というかすべてのデッキの中でもトップで難しいのではないかと自負してます=俺って魔轟神バカ)。
 しかし、このデッキでも今では追いつかない。なぜなら、余裕で相手が一枚のカードで2アドなんて稼ぐからです。こちらはユニコールを出すのに最低でも2枚消費しなくてはいけません。ロック・キャット+キャシーやクシャノ+ルリーでは手札一枚で召喚できますが、そのためにはキャシーかクシャノは墓地にいなくてはならなくて、おろかな埋葬を使って出せたとしても、ユニコール出してのこり手札は4。これでバックを使うために2伏せ=のこり手札2。
 でも相手はドローフェイズドローして6。これじゃあ、最初に何が来ても止めることもできず、高打点立たされて即終了となってしまう。ましてや、テンキ発動→ユウシサーチ=手札6。ユウシ召喚→効果発動手札5→ユニコール終わり\(^ω^)/。という感じになってしまうのです。
 うまくいけばこそ勝てるデッキですがたいてい今の環境では2300打点など簡単に超えられるし、1:1交換の強制脱出や、ダメステの聖槍なんかで手札を減らすに減らせない、増やすに増やせない。そんな状況が続く日々です。
 
 

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事