maousikiのブロマガ

アニソン★スターズ~ザ・ライブ!~に行ってきました

2013/03/03 23:38 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
1月中旬に母が「これ興味あるでしょ~」といってうちの契約しているケーブルTVの雑誌にあったアニソンライブの懸賞というかそんな感じのものを見せてきた。
 どうやらうちの母は俺のことをずっとPCとにらめっこしている=オタクでアニメが大好き=アニソンにも興味あると思っている節がある。一応これでもレポートや勉強しているのだが・・・。残念ながらこういった時に限って親ってのは見ないくせに、遊んでる時に限って部屋に入ってくるから困るってかエスパーか!ってくらい。
 たしかにまあ、オタクなのは認めるとして、一般にオタクといってもいろんな種類のオタクが存在するわけで、俺の場合正直言うと気に入ったアニメしか見ないわけでそんなに多くのアニメを知ってるわけでもなく、いうなれば遊戯王オタクというか・・・漫画、ラノベオタクというか・・・な感じでどやぁ顔で持ってこられても・・・^^;みたいな感じで「ああ、いいんじゃない?」みたいな感じの返事をしたわけですよ。俺自身懸賞なんて小さい頃にコロコロコミックのやつ応募してみたけど一回も当たったことなかったから「懸賞とかどうせ当たんねえようにできてんだろ~」「当選のやつとかって架空の人物なんじゃね?」と小さい頃から思ってたフシが有り、どうせ当たんねええだろ思ってたんですわ。
 で、俺は結局それに応募していなかったのですが、2月頭ぐらいに母が「なんかお父さんが応募してて当たったみたいよ」とトイレに入ってる中、俺に行ってきた。いろいろツッコミどころがあったけど、トイレから出て当選ハガキを見るとどうやら本物。ってかこれでいちいち偽物作る親も大概ですがね。で、どんな方が来るんだろう~ともって親に見せてもらった雑誌をもう1度見てみると

 出演:水木一郎
    影山ヒロノブ
    串田アキラ
    きただにひろし
    谷本貴義
    遠藤正明
    米倉千尋
    石田燿子
 MC:鷲崎健

 といった豪華な出演でびっくりしてしまいました。
 
 まあ、そんなことを放送では言わずライブの日をそわそわしながら待ってたのですわ。

 で、本日。このライブを見るために電車一時間半とゆりかもめに何気初めて乗って20分ぐらい揺られて青海駅に到着。
 Zepp Tokyo という会場に当選ハガキとチケットを交換し、中に入りました。中ではAnimateのスタッフがいて「今回出演の方のCDやDVD合計3000円ご購入の方に出演者全員のサインが入った色紙をプレゼントしてま~す。先着なので早めにお願いしま~す。」との声。くそう、さすがアニメイト汚い。しかし、私は上にも書いてあるとおり、そんなにアニソンのことは詳しくないので買おうか買わないかとてつもなく悩んだワケですが、やはりせっかく当選して当たったわけだから記念としてもらうのもいいんじゃないかと思い
「JAM Project best collection THE MONSTERS」を購入して、色紙をもらいました。
 やっぱりこういった時の場の雰囲気といいますか思い出って重要ですよね。

 会場に入ってみると席がもう並んでいて席の背もたれの部分に番号が書いてあったので、自分の席を探し始めました。前から10列目で通路側だったのでなかなかいい席だなと思いました。
 しばし、開演する前に周りを見渡すと男性が多いのかと思いきや結構女性も多く、むしろ俺の周りがやたらご高齢を召した方が多くそっちのほうが驚きました。俺の前二人はおばちゃん
だったし、俺の右二つとなりなんかおばあちゃんでした。そのおばあちゃんの前は50はいってる夫婦。後ろは見てませんが通路をはさんで左隣は若い女性が二人となんか今日ってアニソンのライブだよね?って感じがしました。
 会場が暗くなり、開演されるとみんな立ち上がり出演者の登場に大歓声。もちろんおばあちゃんも立ち上がって拍手。おばあちゃん超元気。
 アニソンをあまり知らない俺でも聞いたことのある曲ばっかりでもう俺もテンション↑↑
 前のおばちゃんも踊りだし、戦隊ものの曲が流れると超絶にテンション上がる旦那さん、隣で俺よりもテンションが高い女の子に戸惑う俺。
 時間的に2時間半ぐらいだったと思うんですが、本当にあっという間に過ぎてしまいましたが、最初から最後まで楽しかったです。
 MCの鷲崎さんもおもしろく出演者のみなさんに質問したり、話題を聴いたりしてました。
 最後はアンコールに対して水木一郎さんのマジンガーZを出演者全員で歌い、ライブはおわりました。
 
 ライブの最後に「アニソンは夢や希望、そして勇気を与えるもの。だから聞いてくれる人に少しでもその夢や希望、勇気が出ていただけたら嬉しい」といった内容の話が出たとき、今まで思っていたアニソンに対する思いかたが少し変わった気がします。だから、おばちゃんやおばあちゃんだって聞いたりするし、女性だって聞いたり歌ったりする。年齢、性別関係なく広く歌われるもの。そして、それはみんなの元気にしてくれるもの。そんなことを思った今日この頃でした。

 どうせあたんないでしょ~とか思っていましたけど、今日行けて本当に良かったです。 
 あ、写真とかないのは普通にケータイを持っていくのを忘れたからです。あるある

コメント

W.F.
No.1 (2013/03/04 12:01)
いいですね~
石田さんは別名義でエロゲソング結構歌っててそっちも名曲めちゃくちゃ多いので大ファンだったりします
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事