maousikiのブロマガ

【遊戯王】そろそろ本気出しちゃうよ?(マドルチェ編)

2013/02/13 11:29 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • マドルチェ
どうも、2月のVジャンプにのると思われる新制限改訂がちょっと気になり始めてる魔王式です。
 今回は、マドルチェについて書きたいと思います。

 マドルチェとは「REDU」(RETURN OF THE DUELIST)リターン・オブ・ザ・デュエリストから収録されてきたテーマであり、魔導や先史遺産(オーパーツ)、H・C(ヒロイック・チャレンジャー)、ギアギアなどと新しいテーマが一気にでた弾に収録されています。

 このマドルチェはなかなか面白い効果を持つテーマで、テーマ全体の共通の効果として
「このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
といった効果を持っています。つまり墓地にカードが溜まりづらい、墓地にモンスターが落ちない。そんな珍しい効果を持つテーマなんですね。今では墓地も利用して戦うデッキがほとんどのなかこういった効果を持つのはなかなか面白いテーマですね。
 で、この効果は「相手」によって「破壊され墓地」に送られた時、デッキに「戻す」効果です。今重要なところに「」をつけました。

 まず、「相手」というのはもちろん対戦者のことですね。例えば、相手が発動した「激流葬」にはこの効果は発動しますが、「自分」が発動した激流葬にはこの効果は発動しません。
 次に「破壊されて墓地」なのでコーン号みたいな「墓地に送る」という効果では発動しません。
 最後に「戻す」。「戻すことができる」と書いてあったら戻さなくてもいいんですが、「戻す」と書いてありますので強制的にデッキに戻ります。
 それに重要なのは
 この文章に「フィールド」なんて書かれていませんよね? 相手が「魔のデッキ破壊ウィルス」を使ってこちらの手札・フィールドのマドルチェが破壊されてもデッキに戻っていくのです。さらに強いことに相手の使った「神の宣告」や「神の警告」も「破壊して~」の効果なのでデッキに戻っていきます。
 
 では、デッキ紹介をしていきたいと思います。まず、このテーマが出た時のデッキはこんな感じのがありました。

 正直、もうあんまり覚えてないんですが、こんな感じに組んでました。最初はテーマ感を出したかったので専用カードをおおめにしました。死者蘇生がないのは墓地にモンスターが行かないため使えないからです。相手の強カードを奪ったりエクシーズモンスターを蘇生させたりすればいいんですが、血の代償を使わない限り、そうそうモンスターが揃わないのでやめました。どちらかというとビート風に組んでます。
 ここでメインとなるカードを紹介します。
 ます、このテーマには絶対必須となり得るカードです
           「マドルチェ・マジョレーヌ」

星4/地属性/魔法使い族/攻1400/守1200
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードをデッキに戻す。
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

召喚することによってマドルチェのモンスターをサーチすることができる優秀の子です
超カワイイ
 この子で手札に来て欲しいマドルチェをもってきます。
 
次はこの子      「マドルチェ・プディンセス」 

星5/地属性/天使族/攻1000/守1000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードをデッキに戻す。
自分の墓地にモンスターが存在しない場合、
このカードの攻撃力・守備力は800ポイントアップする。
このカードが相手モンスターと戦闘を行った時、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

 この子は相手モンスターと戦闘を行えばカードを一枚破壊することでできる優秀な子。しかも戦闘を行った時なので自爆特攻でも効果が発動するので相手の高打点のモンスターすら道連れにすることができるのです。
この子もカワイイ
 しかし、この子はレベル5なので召喚は難しい。なのでこの子の効果を使います。

       「マドルチェ・ミィルフィーヤ」

星3/地属性/獣族/攻 500/守 300
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードをデッキに戻す。
このカードが召喚に成功した時、
手札から「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。

この子の召喚成功時の効果はレベルとか書いてないのでプディンセスを特殊召喚すれば強いお!
・・・ヴェーラーとかこわいわ~。

 あと忘れてはいけないのはマドルチェ専用フィールドカード

         「マドルチェ・シャトー」

フィールド魔法
このカードの発動時に、
自分の墓地に「マドルチェ」と名のついたモンスターが存在する場合、
そのモンスターを全てデッキに戻す。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の「マドルチェ」と名のついた
モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
また、「マドルチェ」と名のついたモンスターの効果によって、
自分の墓地のモンスターがデッキに戻る場合、
デッキに戻さず手札に戻す事ができる。

発動時に墓地のマドルチェを戻します。相手のコーン号や、自分の激流に巻き込まれたりエクシーズ素材として墓地に送られたマドルチェをデッキの戻します。攻撃力・防御力ともに500も上がるのは魅力的。マジョレーヌの攻撃力は1900になり低級のモンスターとして戦える攻撃力になります。
けど一番の強いところはマドルチェのデッキに戻す効果を手札に戻すことにできるのです。マドルチェが破壊されたら手札に戻ってくる=手札が減らない=川越ディアの攻撃力がやばい。となるのです。
 かわったデッキとしてはプディンセスの種族が天使族の部分を活かすならば
 こんな感じで終世っぽい感じに組むのもありました。
 このパックでできたマドルチェはこんな感じでした。次のパックでマドルチェはさらなる強化が行われます。基本的なデッキ構成は下のような感じです
 

 次のパックアビスライジングで出たカードを紹介すると

      「マドルチェ・チケット」

永続魔法
自分のフィールド上・墓地の「マドルチェ」と名のついたカードが
カードの効果によって自分の手札・デッキに戻った時、
デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
自分フィールド上に「マドルチェ」と名のついた
天使族モンスターが存在する場合、
手札に加えず表側攻撃表示で特殊召喚する事もできる。
「マドルチェ・チケット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

フィールド・墓地からデッキ・手札に戻ったときデッキからマドルチェと名のついたモンスターを1体手札に加える・・・
        おかしいでしょw
マドルチェの通常効果使うだけでサーチ出来て、シャトーがあれば手札に戻ってきつつさらにモンスターをサーチ・・・。手札が増える増える。このカードも必須となってきました。ただ、このデッキで2しかないのは、まずこの効果が1ターンで1度しか使えないので複数あっても意味がないのが一つ。初手にたくさん来ても事故になってしまうのが二つ。
なら一枚でよくないか?→一枚破壊されてしまうとそれを回収できるすべが限られており使えないので予備としてもう一枚合計2枚あればいいとの判断です。正直このカードは強いですが、やはりこのカードよりもシャトーの方が強いんですよね。その理由はチケットはサーチは確かに優秀。しかし、サーチはマジョレーヌで事足りるし、なにより打点を上げて相手のモンスターを除去するだけでもこちらのフィールドアドとなるのです。手札が増えても、相手にワンキル決められては意味がない(トラゴがいれば問題ないのですが)。できるだけ自分へのダメージを軽減させる意味もあって私は
    シャトー>チケット 
と考えてます。

      「マドルチェ・メッセンジェラート」

星4/地属性/戦士族/攻1600/守1000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードをデッキに戻す。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分フィールド上に「マドルチェ」と名のついた
獣族モンスターが存在する場合、
デッキから「マドルチェ」と名のついた
魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。

 マドルチェの獣族がいたときに特殊召喚に成功したらサーチ効果がつくという優秀な効果がついいてます。これでシャトーやチケットをサーチしたりします。
 ミィルフィーヤの効果により、メッセンジェラートを特殊召喚してチケットや、シャトーをサーチし、自分の場を固めていきます。
 シャトーがあれば攻撃力2100となり、フォトスラと同じ攻撃力。チョーイイネ

 さらにマドルチェの専用のエクシーズモンスターも登場するのです。
     「クイーンマドルチェ・ティアラミス」

ランク4/地属性/天使族/攻2200/守2100
「マドルチェ」と名のついたレベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分の墓地の「マドルチェ」と名のついたカードを2枚まで選択して発動できる。
選択したカードをデッキに戻し、
戻したカードの数まで相手フィールド上のカードを選んで持ち主のデッキに戻す。

 どれどれ?う~ん?なになに?「マドルチェ」と名のついたカードを2枚まで選択して発動できる?選択したカードをデッキに戻し、戻したカードの数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主のデッキに戻す。
 は?(゚Д゚)
え?普通に考えてちょっと・・・ねぇ?0:2交換ね~。
確かにマドルチェは墓地が肥えないデッキですが、「名のついたカード」ってことは破壊されてしまったシャトーやチケットなどをでっきに戻すことによって発動出来てしまう。墓地に名のついたーカードが一枚でもあれば、コストで取り除いたエクシーズ素材もデッキに戻すことで相手フィールドのカードの枚数を増やすことができるので普通に2枚は除去することができるのです。しかも効果は一番強いレベルの「デッキに戻す」。墓地や手札では再利用されてしまいますが、デッキに戻されるとサーチなどしない限り使われることはまずありませんから強いのです。
 また、シャトーがあったらこのデッキに戻すのも「マドルチェ」と名のついたカードの効果なのでデッキに戻そうとするのを手札に戻すことができます。
 チケットがあれば、「マドルチェ」が墓地からデッキに戻るのでモンスターをサーチできます。ティアラミスが天使族なので、サーチしたモンスターを特殊召喚できます。
 シャトーとチケットがあれば墓地からデッキ&サーチではなく、墓地から手札でデッキからサーチor特殊召喚になります。
 ・・・TUEEEEEEE
 となるわけです。なので、ティアラミスを出せるように二重召喚などで早く出すといった工夫がされているのです。トラゴエディアがあればチョーイイネ。・・・いれてないけど
 
 これがもうティアラミス出しておして殴るために作られたデッキです。もう完璧にティアラミスのことしか考えてません。インヴォーカーはレベル3のモンスター×2で出せて、マドルチェのモンスターが地属性であることからメッセンジェラートやらシューバリエを出すことができ、ティアラミスを出しやすくします。
 ただ、このデッキは特化しすぎて防御力が低すぎてちょっと扱いづらいですね。どっちかって言うと私はこっちのが好きですね。
 このデッキはナチュル・チェリーが入っており、シンクロをすることによって、ティアラミスの効果を使えるようにし、地属性を活かして、ビーストを出せるようにしました。ビーストをだしてシャトーやチケットを守りながら、ティアラミスへエクシーズできるようにしてるのです。これならある程度の罠を積むことができるので、ティラミスやナチュビを守りつつ戦えるので、好きです。
 あと何げに安全地帯はプディセスと相性がよく、戦闘破壊されなくて相手フィールドのカードを除去してくれるのでなかなかいい突破口を見出してくれます。
 で、最後に今回のロード・オブ・タキオンギャラクシーにて収録されるこのカードがつよいのです。こいつです。(てか、今回これしかモンスターは収録されてません)。
       「マドルチェ・ホーットケーキ」

星3/地属性/獣族/攻1500/守1100
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
このカードをデッキに戻す。
また、自分のメインフェイズ時に、
自分の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターをゲームから除外し、
デッキから「マドルチェ・ホーットケーキ」以外の
「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
「マドルチェ・ホーットケーキ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 こいつを入れたレシピがこんな感じです。


このカードによって、今まで
                     ↓
                      or
  で展開の機会を見ながらティアラミスまで持っていくのが基本的な感じでしたが、ホーットケーキがいるとどうなるかといいますと、墓地に相手の展開を止めるためにヴェーラーをつかいました。
 

ミィルフィーヤ召喚します。こいつの効果で手札のホーットケーキを特殊召喚します。
で、このホーットケーキの効果発動します。墓地のヴェーラーを除外してデッキからメッセンジェラートを特殊召喚します。


メッセンジェラートの効果によりミィルフィーヤとホーットケーキは獣族なので効果発動します。先ほどの手札にはチケットがあったのでシャトーをサーチします(基本シャトーがいいです)。シャトーとチケットを発動します。ミィルフィーヤとホーットケーキでエクシーズ。インヴォーカーをエクシーズ召喚します。

インヴォーカーの効果発動します。ミルフィーヤをコストとしてデッキからシュバリエかメッセンジェラートを特殊召喚します。


もう、この時点でティアラミスが出せる準備は完了してるのです。また、インヴォーカーの効果発動のコストとして墓地にマドルチェが存在するのでティアラミスの効果も使えます。で、シャトーの効果によりティアラミスの効果を使えば、デッキに戻さず手札に戻ります。チケットの効果も発動します。手札にマドルチェを加えます。または、フィールドに特殊召喚します(ここは場の状況を見て考えてください)。ホーットケーキ加えれるとこんな感じです。

 これでまた、次のターンにいんヴぉーかーが破壊されてもミィルフィーヤからの動きができますし、シャトーやチケットもサーチすることができます。また状況によってはホーットケーキではなくプディンセスをチケットによって特殊召喚し、相手のフィールドに痛手を与えることもできます(ほとんどティアラミスで半壊状態かもしれませんが)。

これだけで合計6600ダメージ。二重召喚なんてあったらこうワンキルですよ。
とまあ、こんな感じでマドルチェは動きやすくなったのです。また今まで墓地にモンスターがいるとそれ自体がなんか邪魔に見えたり、プディンセスの攻撃力上昇の妨げになったりとなっていたのですがホーットケーキがそれを解消してくれました。それよりもなんといってもマジョレーヌを召喚してサーチして~からの動きに環境的に遅く、シャトーやチケットがないと続かなかった、受動的だったものから一変。デッキから特殊召喚することにより召喚権を無駄にすることなく、能動的にティアラミスまで行くことができ、効果も発動することができるようになりました。また、わかるように墓地にモンスターをこやさせるためにヴェーラーや、増殖するGなどといったカードを入れやすくなり、ほかにもいらないカードを省いてそこに罠など入れて安定しやすくすることができました。(あ、またトラゴ入れるの忘れた)

 次の制限改訂で血の代償がどうなるかわかりませんが、もし禁止になるなら巨大ネズミを入れれば、ホーットケーキは出せるし、墓地は肥えるし、効果は使えるしで代償いらずとなるでしょう。ましてや、墓地が肥えてから戦うデッキと最初の法に説明した共有効果を度外視したデッキになりそうですねw。

 まあ、本当にインヴォーカーはマドルチェの縁の下の力持ちですね。

 とまあ、手札が良ければ~といった「~たら~れば」ですが油断するとやられてしまいますよ?
 可愛いカードイラストと裏腹にとてつもなく恐ろしい効果や持久力の高さを秘めているテーマです。抑えるところをちゃんと抑えないとやられてしましますので・・・
 今回はこのへんで終わりにしたいと思います。少しでもこのデッキの変化の過程や強さが分かっていただけたら幸いです。では、また次の記事でお会いしましょうノシ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事