マグロ艦のブロマガ

インヴェルズ考察【遊戯王】

2018/06/26 20:08 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • デッキ構築
私が最近ちょこちょこ考察しているインヴェルズについての紹介(?)考察記事です。
この記事で少しでもインヴェルズというものに興味を持ってもらえたら幸いです。

 そもそもインヴェルズとはなんぞや、という人が多数だと思うので、初めにインヴェルズテーマそのものについてざっくり紹介していきたいと思います。(詳しくは遊戯王wikiの方をご参照ください)

 インヴェルズとは闇属性悪魔族守備力0で統一されたDT(デュエルターミナル)出身テーマ(一部例外あり)であり、帝のようにアドバンス召喚(以下A召喚)を基本戦術として戦っていくテーマです。
 出た時期が時期なのもあり、同じくDT出身テーマのラヴァルやガスタと比べるとA召喚という展開の遅さが目立ちます。また同じくA召喚テーマである帝という前例もあり、単純に使うと帝の劣化になってしまうのがインヴェルズの特徴であり不遇扱いされているのも現実です。

 では、今になって何故インヴェルズなのかというと理由は2つあり、1つは単純に私がA召喚や儀式召喚を軸としたテーマが好きであり、A召喚テーマに触れていく以上インヴェルズは避けて通れないと思ったためです。(どうせ使えるなら1つでもテーマは多い方がいい) もう一つは暗黒の呪縛Rの奴らがインヴェルズと非常に相性が良いと思ったためです。

 前置きはこのぐらいにしておき、そろそろ本題の方へ入っていきたいと思います。
インヴェルズを使うとは言っても全てのモンスターを採用できるほどこのテーマに余裕はありません。その為今回はインヴェルズの中でも強力な方でもあるインヴェルズ・ギラファとインヴェルズ・モースをデッキのメインとして私が考察中のデッキを用いて紹介します。

使用モンスター
【インヴェルズ・ヴェルズモンスター】
インヴェルズ・ギラファ
インヴェルズ・モース
インヴェルズの魔細胞
インヴェルズを呼ぶ者
ヴェルズ・カストル
ヴェルズ・ケルキオン
ヴェルズ・オピオン
インヴェルズ・オリジン

【その他モンスター】
終末の騎士
ヘルウェイ・パトロール
悪魔嬢リリス
闇黒の魔王ディアボロス
魔界発現世行きデスガイド
リンクリボー
その他お好みエクストラ(EX:虚空海竜リヴァイエール‥)

【侵略魔法罠】
侵略の浸食感染
侵略の波紋
侵略の波動
(侵略の手段)

【その他魔法罠】
闇の誘惑
強欲で貪欲な壺
増援
戦線復帰
悪夢再び
サモンチェーン
帝王の烈旋
帝王の連撃
ツイン・ツイスター


☆インヴェルズ・ギラファ
星7 闇属性 悪魔族 2600/0
このカードは
「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。
「インヴェルズ」と名のついたモンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した時、相手フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択した相手のカードを墓地へ送り、自分は1000ライフポイント回復する。

☆インヴェルズ・モース
星6 闇属性 悪魔族 2400/0
「インヴェルズ」と名のついたモンスターをリリースしてこのカードのアドバンス召喚に成功した時、1000ライフポイントを払う事で、相手フィールド上のカードを2枚まで選択して持ち主の手札に戻す。


前者が墓地送り&1000ライフゲイン、後者が1000ライフコストの2バウンスです。
この2体を1試合中に何回展開できるかでこのデッキのパワーは変わってきます。


☆インヴェルズの魔細胞
星1 闇属性 悪魔族 0/0
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードは「インヴェルズ」と名のついたモンスターのアドバンス召喚以外のためにはリリースできず、シンクロ素材にもできない。

インヴェルズのレッドレイヤーです。召喚権を使用せずに上級インヴェルズの展開をアシストします。レベルが1の為緊急時にはリンクリボーにもなれます。制約効果は永続効果の為スキドレ下やジャンク・シンクロンで釣り上げた際にはインヴェルズ以外のアドバンスに使えたりシンクロ素材にすることも出来ます(シュラで出したヴァーユみたいな感じ)


☆インヴェルズを呼ぶ者
星4 闇属性 悪魔族 1700/0
このカードをリリースして「インヴェルズ」と名のついたモンスターのアドバンス召喚に成功した時、デッキからレベル4以下の「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。

その名の通り呼ぶ者。同名をリクルートすることが出来るので後述で紹介するサモンチェーンやケルキオンと合わせて1ターンで複数回のインヴェルズをA召喚しに行きます



☆ヴェルズ・カストル
星4 闇属性 戦士族 1750/550
このカードが召喚に成功したターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ
「ヴェルズ」と名のついたモンスター1体を召喚できる。

自身はインヴェルズモンスターでは無い為、インヴェルズのA召喚時の効果を発動できないが、魔細胞やSSした呼ぶ者と絡めることで展開をアシストしていきます。


☆ヴェルズ・ケルキオン
星4 闇属性 魔法使い族 1600/1550
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「ヴェルズ」モンスター1体を除外し、自分の墓地の「ヴェルズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのメインフェイズに発動できる。
「ヴェルズ」モンスター1体を召喚する。
(3):このカードが墓地へ送られたターン、「ヴェルズ」モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。

後述するオリジンからの最有力リクルート先であり、オリジンが立っている=墓地にヴェルズが2体いることになるので、気軽に効果を使うことが出来ます。カストルや呼ぶ者をサルベージしオピオンに繋ぐのが主な仕事です。3の効果は使いません


☆ヴェルズ・オピオン
ランク4 闇属性 ドラゴン族 2550/1650
レベル4「ヴェルズ」モンスター×2
(1):X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「侵略の」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

7~8期をやっていた人ならその名を聞けばヘイトが湧いてくるのではなろうかと思われる1体。今日ではリンク召喚の発展もあり、拘束力がかなり下がったと思われる、が、今回肝心なのは後半の効果であり、侵略サポートカードを持ってこれる。
カストルケルキオン呼ぶ者辺りを絡めて出す。
上級インヴェルズと同時に立てる際には波動、手札入れ替えなら浸食感染、呼ぶ者を素材としており、次ターンに備えるなら波紋と色々選択肢がある。


☆インヴェルズ・オリジン
リンク2(上下) 光属性 悪魔族 2000/-
「ヴェルズ」モンスター×2
(1):このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、お互いにEXデッキからメインモンスターゾーンに特殊召喚する場合、このカードのリンク先にしか出せない。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは効果の対象にならず、戦闘・効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
その破壊されたモンスターの数まで、デッキからレベル4以下の「ヴェルズ」モンスターを守備表示で特殊召喚する。 


実は光属性のオリジン君。
重要なのは第3の効果で、戦闘効果に関わらず破壊されタイミングを逃さなければヴェルズをリクルートしてこれる。先述したようにここからケルキオンを持ってくることにより更に展開の幅を広げることが出来る。この構築では戦闘破壊をトリガーに考えてはいるが、如何せん2000と心もとない、その為ガイドから引っ張ってこれる彼岸の自壊効果などを絡められないかと考察している。


☆終末の騎士
星4 闇属性 戦士族 1400/1200
1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

魔王様落としたりヘルパト落としたり、呼ぶ者落として蘇生したり…。呼ぶ者を落とすことだけに着眼点を置く場合は侵略の手段を使用するのもあり(オピオンからのサーチ、リリスからの疑似サーチ、オリジンの打点増加など)


☆ヘルウェイ・パトロール
星4 闇属性 悪魔族 1600/1200
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々のレベル×100ダメージを相手に与える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から攻撃力2000以下の悪魔族モンスター1体を特殊召喚する。

呼ぶ者をssするのが主な仕事。蘇生札を増やす場合は正直抜いてもいい


☆悪魔嬢リリス
星3 闇属性 悪魔族 2000/0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

戦線復帰・侵略の波紋・侵略の波動を引っ張ってこれること、及び単騎でディアボロスのss条件を満たせるため、事故回避にも繋がる。またレベル3でありガイドからリクルートし、リヴァイエールを召喚、ケルキオンや誘惑で除外した奴らを帰還させたり用途は多い。守備0の為誘惑に対応しているのも〇


☆闇黒魔王ディアボロス
星8 闇属性 ドラゴン族 3000/2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

このデッキの裏エースであり、闇属性のA召喚テーマであるが故半無限に蘇生する魔王。先述通りモースやギラファを複数回召喚するのが大切なので、A召喚前にハンデス効果を積極的に使用し無駄のないように立ち回りたい。
また、インヴェルズの弱点である対象耐性(主にヴァレルロード‥)に強く出れ、打点不足も解消してくれるインヴェルズの救世主。二つ名は侵略の魔王


☆魔界発現世行きデスガイド
☆3 闇属性 悪魔族 1000/600
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、S素材にできない。

リヴァイエールを作ったりリリスを引っ張ってきたりすることが出来る。
先述のように彼岸を採用する場合はさらに需要性が上がるが、今のところは引いたら強いな程度。保障というインヴェルズのレベル3悪魔がいるが、直接的なアドバンテージは生まない為、使用するなら浸食感染のコストにするなどすればよいと思う。気になってはいるが採用を今回は見送っている。


☆侵略の~
全てオピオンでサーチすることが可能である

・侵略の波動
通常罠
自分フィールド上のアドバンス召喚した「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

リリスでも疑似サーチが効くフリーチェーン破壊カード。オピオン+ギラファorモースと並べる際には優先的に持ってくる。
また、A召喚されていればよい為、カストルやケルキオンを媒体にした場合でも発動できる。

戻すのは浸食感染と同じくコストの為、ギラファ・モースの効果発動にチェーンしてやればスキドレやヴェーラーをすり抜けられる。


・侵略の波紋
通常罠
500ライフポイントを払い、自分の墓地のレベル4以下の「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを特殊召喚する。

波動と同じくリリスで疑似サーチが効く下級のインヴェルズ完全蘇生カード。主に呼ぶ者を蘇生しA召喚・オリジン・オピオンに繋ぐ。


・侵略の浸食感染
永続罠
1ターンに1度、自分の手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、「ヴェルズ」と名のついたモンスター1体をデッキに戻して発動できる。
デッキから「ヴェルズ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

インヴェルズの手札事故を解決させるカード。サクリファイスエスケープにも使える為使用頻度は多い。


(・侵略の手段)
デッキから「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送り、自分フィールド上の「インヴェルズ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで800ポイントアップする。

終末との入れ替え候補。こちらの場合はリリスでの疑似サーチ、ゲニウスの打点UPなどがあるが、ヘルパト・ディアボロスを落とすことが出来ない


☆闇の誘惑
通常魔法
1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

☆強欲で貪欲な壺
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

札消費の荒いインヴェルズの貴重なドローソース


☆増援
通常魔法
(1):デッキから
レベル4以下の戦士族モンスター1体を手札に加える。

終末やカストルを引き込む用


☆サモンチェーン
速攻魔法
(1):同一チェーン上で複数回同名カードの効果が発動していない場合、そのチェーン3以降に発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。

上級インヴェルズを連続で召喚する為のカード。呼ぶ者+上級インヴェルズ+このカードで気軽にチェーン3が組めるので発動できる機会は多い


☆戦線復帰
通常罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

リリスで疑似サーチ出来る蘇生札


☆悪夢再び
通常魔法
(1):自分の墓地の守備力0の闇属性モンスター2体を対象として発動できる。
その闇属性モンスターを手札に加える。

インヴェルズは原則守備0カードな為強力なサルベージカードとなる。
手段や終末と合わせると疑似サーチカードにもなる。


☆帝王の烈旋
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(1):このターン、自分がモンスターをアドバンス召喚する場合に1度だけ、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドのモンスター1体をリリースできる。

A召喚だけに許された画期的除去札。ギラファのコスト軽減効果を使わずに出しても、ギラファは1体でもインヴェルズを巻き込んでいれば効果が使える為相性が良い。
理想としては後述の連撃と同時使用すればエクストラ制限も気にならなくなる。
A召喚済みインヴェルズ+蘇生罠+烈旋+連撃+波動と並ぶとわりと強そうに見える(見えるだけ)


☆連撃の帝王
永続罠
(1):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにこの効果を発動できる。
モンスター1体をアドバンス召喚する。

インヴェルズの効果を最大限発揮してくれる強力なカード。
呼ぶ者で同名をリクルートした場合棒立ちで無駄が生じるが、連撃を絡めることで無駄なく呼ぶ者の効果が発揮される。


ここまで長々と連ねてきたが、私が考察したインヴェルズは今のところこんな感じとなっている。
この考察はカジュアル~フリーをメインとしている為、誘発などは入っていないが入れる分には入れて構わないと思う。ただ、ガチで使うならおとなしく帝を使用した方がよいと思うので、そこはご了承を…。

この記事を読んで少しでもインヴェルズに興味を持っていただけたなら幸いです。

好評であれば他のも書いてみたいとは思いますが、纏めるのが下手くそなので、今回みたいに
長くなります()



ここまで読んでいただきありがとうございました。








































  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事