真宮ゆう&くうり夫婦のブロマガ-しあわせの喫茶店メニュー-

【第2回】最初に揃えた放送機材-スタート編-

2013/01/26 14:32 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
毎度どうもです(・∀・)今回も放送の立ち上げについて書いていきたいと思いますw

今回からHTMLにて文章編集しますよん。基本的にコミュニティページの編集はHTMLによって作成するので結構慣れてきたりします。
たまに打ち間違えてパニくったりするんですけどね…。





さて今回は放送を始めるにあたって物理的に必要なものを買う段階のお話です。
放送入門としてはかなり基本的なことですので、手軽く放送するのにご参考いただけるかもしれませんw

かなり私の私見が見られます。意見の相違やご指摘など色々あるかもしれませんが、ノークレームでw

補足(2013/2/7追記):あくまで私見で書いてありますが、ゲーム放送であれば最低3000円くらいから、雑談放送であればニコニコプレミアムアカウント¥525+ヘッドセット¥980くらいで全然放送できますw特にオーディオインターフェース関連はPCやソフトによっては無くてもいけますwその辺を踏まえてごらんください。
うちの放送はとりあえずゲーム放送をやっていこうと決めていたので、それに伴い機材をそろえる必要がありました。

・パソコン
当然PCは必要なわけです。このPCの性能によって放送の品質も大きく変化していくので、適当なPCでやろうと思うと痛い目をみたりするわけですね。うちは多分標準よりちょっと下くらいかな?

・オーディオインターフェイス
放送でゲーム放送しながら喋るならこれがないとお話になりません。よく『ステミキ』って呼ばれますが、これは間違いで、「ステレオミックス」機能を搭載したインターフェイスが必要ってことです。
これはヨドバシさんで一番定番と言われているものを購入。



ちなみに音楽用としてはさっぱりです。ですので歌配信ならともかく、楽器を接続する方はちょっときついです。
↓ちょっと横道にそれます
ちなみに音質向上、ならび楽器接続の為、当放送でもインターフェイスを変更してます。現在使用しているインターフェイスはこれです。


楽器メーカーローランドのフラグシップインターフェイス。低コスト且つ安定した造りで気に入ってます(・∀・)難しいことは省きますが、DTM(要はPC上で作曲などを行う事)に使えるのは勿論、ステレオミックス(厳密には違います)があるので放送にも使えます!カラオケなどで使う大きいマイクやギター、キーボードなどの楽器をそのまま挿して放送できてしまうのも魅力。
強いて欠点を言えば、多少専門知識がいるということでしょうか。同じオーディオインターフェイスと呼ばれる物でも、必要な機能が無かったり、マイクやヘッドフォンなどが使えないものもありますので、このあたりは十分にお確かめください。もしご質問があれば可能な範囲でお応えさせていただきます(・∀・)
恥ずかしながら当放送で一番お金を掛けている部分でございますwこれとマイク、モニターイヤホンは結構良い物使ってますね。

ちなみに…。どんなに良いインターフェイスを使っても放送ツールやニコニコの制限で音質に限界があったりします。配信ツールについては後ほど…。

・ビデオキャプチャー
おそらくうちの放送で一番安上がりしてる部分ですwこれは本当にオーソドックスなGV-USB2という機器を使用。

確か4000円もしないはずw画質の良い放送をやってらっしゃる方はこれに良い物を使っていることと、PC性能、各種ツールの工夫などされてます。
その辺で行くとうちの放送は『写ればいいや』レベルです…。PCのスペックがしょぼいからです…。まぁこれあれば大体のゲーム機繋げられるし良いんだもん!!

物理的に必要なのは大体こんな物。
あとはPC内にさまざまなツールをインストールしていくことでしょうか。
例えば『棒読みちゃん』『コメントビューアー』『アマレコ』etc.
忘れちゃいけないのが配信ツールですね。今でこそ『NLE』というニコニコ公式の配信ツールがあり、簡単に放送できるようになりましたが、数年前までは『FMLE』か『Xsplit』の二択と言っていい状態でした。多数派のFMLE、動きの軽いXsplit。うちも両方試したものです。
使い方は多分xsplitの方が癖が強く、登録制だったりすることで少し敷居が高かったように思います。ですが使いこなすことさえ出来ればかなり高度な放送も夢ではないという利点も。
惜しむべきは最近『有料版』発売に伴い、無料版の質が落ちてしまったこと。特に音質面ではかなり低下し、超低品質に…。その頃にはxsplitをベースとしながら簡易的にしたNLEが登場しており、世のxsplit野郎たちはNLEに切り替えるか、低音質のまま使い続けるか悩みました。(多分)ニコニコの配信容量の制限もあるので、音質くらい気にしないって人も結構いたのではないでしょうか。

まぁかなりざっくりとお話しましたので、人によってはやり方も違うでしょうし、違う意見のある方もいらっしゃると思いますが、あくまで当放送の方針にあった配信方法、機材をご紹介しました

ってことでこれで大体放送には困らなくなるわけです。大体です。
あとは『あれがあった方が良い』とか『これの方がこっちよりも良い』とかはその人自身の放送でどんどん改良していけば良いと思うんですよ。

とりあえず、私も最初にそろえたのは本当に基礎的でコストのかからない物だけでした。
3000円のインターフェイスと3500円くらいのキャプチャー。こんなもんでした。

これだけあれば楽しい放送なんてできちゃいます。あとはやる気と盛り上げられるか、その人の技量です(´・ω・`)
どんなに機材が良くても、楽しくなければ意味ないと思います。

なんか中途半端に『初めての人のための放送講座』みたいな感じになっちゃったので、話を戻します。
とりあえずビデオキャプチャーとオーディオインターフェイスを電気店で買い、必要なソフトをインストールし、何回かテストをしました。
なかなか上手く映らない…。しかも時々ソフトが重いのかパソコンがシャットダウンするw
こんな状況を打破するため、生主の先輩方々に色々アドバイスを乞うたのを覚えていますw
たぶん1か月くらいはテスト放送してたと思いますw慎重すぎましたw
少しずつ、うちのPCに最適な動作に近づき、最後には見事放送可能になったのです!!



放送できるようになってからも、タイムシフトを見ながら、自分の放送のクオリティとか見直しを良くしてました。
音のバランスや追加ツールの検討だけでなく、自分自身の放送に対しての心構えとか含めてです。

気を付けたことは『最初は有名ゲームはやらない』ってことでした。
だって怖いじゃないですか。いっぱい人来ちゃったら。
自分自身が放送に慣れてきたらそういうのはやろうかなと。
なので最初はマイナーゲームを細々とやってました。

たとえばこれは遠慮してました。


今回はやたら濃い話になってしまいましたが、せっかくなので放送をやる前の準備なんかも書きたかったのでこのお題にしました(・∀・)まぁ本当に私以上に工夫されて本当に凝った放送をされてる方もたくさんいるので、一極小コミュの一放送主の個人的な経験として捉えてください。

次はニコニコで名乗ることに決めた『麻実也』という名前について書いていこうかと思います(・∀・)もうこの話何回目だw
ってことで今回はこの辺で失礼いたします。

コメント

ナイン
No.1 (2013/01/27 10:42)
生放送の基礎ってそんなに安価にできるんですねぇ・・・
自分の「金がかかるからやめておこう」という考えとはなんだったのか・・・w
早速買ってきて生放送やりますね!ということはしませんが
友人とドンチャン騒ぎでやるときの参考になりました!ありがとうございます!
その時には何らかの形で報告させてもらいます。
(あーけど、寮に移るから壁ドン怖いなぁー、向かい側にガチムチのマック店員居たらやだなぁ・・・)
間宮ゆう&くうり (著者)
No.2 (2013/01/30 05:38)
>>ナインさん
実質あんまりかからなかったりします。ただ放送は多少なりともお金を払ってやってるわけで、他社から非難されたりするのはお門違いだって切れたくなるときもありますけどねw
是非是非、放送楽しみに待っております(・∀・)
(尚、現在は部屋変わってるので、壁ドンもマック店員もいないぜ!…多分)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事