枕○ (ma☆ku☆ra)のブロマガ

パワポケ歴代のやんす達考察

2013/05/14 19:50 投稿

  • タグ:
  • パワポケ
  • 実況プレイ動画
  • 枕○


part3が出来ました!
今回もよろしくね!



しっかし今回のヤマダはひどかった。
ヒラ悪魔の言う通り、あまりにもくそメガネ野郎だった。

そんなワケでパワポケ歴代のやんす達がどんなんだったか
思い出しながら誰が一番良かったか考えてみましたとも。



亀田:
1では軽ウザだったものの、3では歴代最高のウザキャラに。
おまけに裏サクセスではラスボスになったり哀れ落ち武者になったり。
良い所はないが、なんだかんだ1では普通に親友をやっていてくれた。


凡田:
デート現場を発見されると著しくチーム評価を下げ、チーム力減退に貢献。
アポカリプスでも食ってろ。
5の裏サクセスではほぼ役立たずな上に主人公を踏み台にしようとする事も。
しかしDSに移行してからは「ちょい渋」という新たなスタイルを確立。
何だか良い人になっていた。


山田:
4の表ではたいした活躍はないが裏では驚異的なまでな役立たずに。
敵を呼び寄せたり、ワナにハマったり、金をふんだくったりどうしようもない。
6の表では、なかなか人間として尊敬出来るシーンもある。


落田:
主に裏サクセスで活躍。
6では極稀に邪魔をしてくるが、裏サクセスでは彼はなかなか活躍度が高い。
9では主に経済面で立派にサポートし、11ではハタ人間の弱点を発見する。
14では表に出てくるが、彼なくして特訓は出来ないので貢献度は高いと言える。


湯田:
7ではただのマニア野郎だがプロになる辺り、尊敬出来る努力家なのだろう。
7裏では彼がいないと困る事もあるし、さしあたって邪魔される事もない。
むしろイベントでの会話などで活躍する事が多い彼は、8でその真価を発揮。
ユーザーに大きな感動を与えてくれた。


カンタ:
あ、こりゃやんすじゃないや。
だが可愛いやつである。


三田:
9のミニサクセスでのみ登場。
基本ジャマしかしないが、山田や亀田ほど破壊力のあるジャマはしない。
厳しい稽古の後、野球の練習に付き合ってくれるのだから良い奴だと思う。


荷田:
通常次元の恋愛感情までも、二次元に汚染されている男。
奈桜とのイベントで、語尾にやんすと付けない発言をし、びびらせた。
彼が出演する10当たりからやんすキャラの影が薄くなっていった様な…


具田:
お父さんではなく、お母さんとキャッチボールをし育った彼。
ジャマされる事はそんなにない、イベントの会話相手というワケでもなかった。
趣味のプラモに関しては、手先が不器用だから完成品を買うらしい。
やんすにも時代の流れと言う奴があるらしい。


開田:
デウエスに食われてからエンディングまでまったく出ない。
ただ食われる瞬間に責任を主人公に押し付けようとしていた辺り
いたらいたでジャマだったんではないかと俺は推察している。
12の裏では拾われた子供として、会話相手程度には活躍。


餅田:
野球のウデはやんすキャラでは間違いなく最強。
セットアッパー、もしくはストッパーとして十二分な力を持つ。
敵だけど、だが敵で良かった。性格はイヤミったらしく負けず嫌い。
名作、13裏では主人公とは違った戦い方で船の航行に大きく貢献しており
立派なセーラーマンして活躍。かっこいい。



これらを鑑みて考えるに

湯田 > 落田 > カンタ > 餅田 > 凡田 > 荷田=具田=三田 > 開田 >>>>>>>>>>>>>>>>> 山田 > 亀田

という順序を付けた。
表サクセスと裏サクセス、両方の活躍をみてこうなのだがどうだろうか。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事