ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

忍のまふみふのブロマガ

児童ポルノ禁止法、不登校、ストーカー、理解せずにただ禁止は大きな過ちをおかす

2014/09/02 02:39 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 児ポ法
  • 児童ポルノ禁止法改正案
  • 児童ポルノ
  • 規制
  • 同人誌
  • ストーカー

前回ブロマガで児童性的漫画・アニメ・ゲームの規制について描きました
そして先程テレビで規制の推進派の人と反対派の人が出て話をしているのを見ました
大体前回書いた内容の事を話していました

規制推進派の人達の話を聞くと前回でも書きましたが
児童性的漫画・アニメ・ゲームに興味を持つ人の事を
「理解しよう」という感じがないように思えました

何事も理解したうえで対処していかなければ大きな間違いを起こすと思います

例えば不登校の学生への対処

以前は不登校の学生がいた場合
不登校はいけない。おわり。でした
なんの解決にもなりません
大事なのは不登校の学生がいる。という現実を理解し、
その学生のためにはどう対処していけばいいか、を考えていく事です
最近では以前に比べ不登校の学生に対して居場所を作ったりして
色々と改善されているように思います

まだ改善されていないのはストーカーです

ストーカーはいけないと思う人達の頭では
ストーカーはいけないから逮捕。逮捕前に警告。おわり。よかったね
です
よかったと勝手に思っているだけで現実は違います
確かに逮捕されるならやめようと思う人間もいるでしょう
ですが警告されてもストーカーをやめない人間もいますし逮捕される人間もいます
たとえ懲役3年で刑務所に入ったとして、出てくる時に
「刑務所に入ったからストーカーの気分なくなった」
となるでしょうか?
むしろ憎しみや復讐心が強くなって出てきそうに思います
現実、殺人に発展しているケースがあります

これは、自分の頭の中でこうすれば解決するんだ、と
根拠もないのにきっとそうなんだと、思い込みでルール(規制)を作った結果の結末です
物事を理解した上でルール(規制)などを作らないと現実で大きな過ちをおかします
じゃあこの場合どうすればいいのか

ストーカーを理解するのが大事だと思います

こう言うと、前回でも書きましたが
「ストーカーの何を理解しろというのか」「なぜストーカーを理解しなければいけないのか」
と思う人もいるでしょう。これが思考の停止です
本当に問題を解決したいのであればストーカーを理解し
(なぜするのか・どういう気持ちでいるのか・どうすれば解決へすすめられるのか)
ストーカーにも多様な形があるでしょうが対処できるよう専門家をつくるのがいいと思います
精神的に、心理的にストーカーをする人に対し専門的にカウンセリングできる
新しい専門分野を作るのがいいと思います
ストーカーで逮捕された人はただ懲役刑を受けるのではなく、カウンセリングを通して
出所よりもストーカーの気持ちを無くす事に力を注ぐ方がいいと思います

こう書くとなぜストーカー行為をする人のために税金を使わなければいけないのか、
と思う人もいるでしょうが、対処できる事で現実に被害を受ける人を助ける事になるのです

児童性的漫画・ゲーム・アニメを規制する方針ですが
もっと現実を見るべきだと思います
自分の頭の中で規制をしたら犯罪が減ると勝手に思い込み、ルール(規制)を作っても
先程書いたように現実でうまくいかない事になるように思います
現実は自分の思い通りにそう簡単には動いてくれません
正直自分は規制した方が犯罪件数は増えると思っていますし、犯罪を起こす人間は規制しても起こすと思います
犯罪を起こす前に自分で不安な気持ちを持つ人もいるでしょうから
そういう人達へのカウンセリング等の対処、性犯罪を起こした人達へのカウンセリング等の対処をし、犯罪を起こさないようにどうすればいいかを考えていかないと
本当の問題解決にはならないと思います

最後に規制された中で知恵を出せばいいという話になっていましたが
楽しむための規制と禁止にするための規制は違うのではないかなあと思いました


コメント

梅★ロック
No.1 (2014/09/02 06:53)
内容については触れませんが、
しっかりした文章を読むと胸がすっきりします。次の記事にも期待です。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事