MMのブロマガ

Boot CampにWindows10バージョン1511をインストールする Part2

2016/03/03 04:21 投稿

  • タグ:
  • BootCamp
  • Boot_Camp
  • Mac
  • Windows10
前回の続き

接続しているUSBメモリ(またはHDD/SDカード)の「BootCamp」フォルダの中の「Drivers」フォルダの中の「RealTek」フォルダをデスクトップに移動させます



「BootCamp」フォルダの中の「Setup」をダブルクリック



Boo tCampインストーラが起動しますので、次へで進めます
Boot Campインストール完了したら、再起動しましょう



再起動したらデスクトップにある「RealTek」フォルダの中の、「RealtekSetup」をダブルクリック



インストールが終わったら再起動します




-----------------------------------------------------------
Windows10のインストールは完了
とりあえずこれで試用できます(何日間試用可能かは不明)
Windowsを買う必要があるか、とりあえず使ってみて決めるのもいいかも
-----------------------------------------------------------


継続して使うためにはプロダクトキーが必要
プロダクトキーの購入方法はいろいろある(MSから、Amazonから、家電量販店から..etc)
プロダクトキーを入手してキーを入力することで正規のライセンスを受けたWindowsとなる


私はAmazonで購入してみました
ちなみに、この商品はクレジットカードでしか購入できないようです



購入したらすぐにプロダクトキーが発行され、Amazonページ内で確認できます
後でメールでも来ます



Windowsボタン → [設定]



右下の [更新とセキュリティ]



[ライセンス認証] → [プロダクトキーを変更する]



購入したプロダクトキーを入力



間違いがなければ、このようにライセンス認証されます



この画面も「Windowsはライセンス認証されています」という表示に変わります




電源を入れた時に起動するOSを選ぶには?
Macの電源を入れて「「デェェーーーン!!」」と音が鳴ったら、キーボードの「Alt」キーを押しっぱなしにします




デフォルトで起動するOSを設定するには?
Windowsボタンを右クリック → [コントロールパネル] をクリック



左上の [Boot Camp] をダブルクリック
(右上の表示方法を「大きいアイコン」、または「小さいアイコン」にすると探しやすいです)



ここで「Mac OS X」にするか、「Windows」にするか選び、OKボタンをクリック


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事