MMのブロマガ

Macでの生放送設定

2015/05/24 11:52 投稿

  • タグ:
  • Mac
  • ニコニコ生放送
  • 講座
  • 設定
  • 初心者
  • 配信
  • mac

Macを使ってニコニコ生放送を始める上で参考になるであろう情報を書き残しておきます。

【Macについて】
この記事で使用しているMacはMacBook Air (13-inch, Mid 2012)
1.8 GHz Intel Core i5
4 GB 1600 MHz DDR3
Intel HD Graphics 4000 1024 MB
OSはYosemite(10.10.4)
お世辞にも高スペックとは言えません。が、これでも問題なくできています。
自分の声とMacの音を放送に流すというものです。

【ソフトウェアについて】
使用しているソフトウェアは次の通り()の中はこの記事を書いている時点でのバージョン


とりあえず音の設定
【LadioCastの設定について】
上のリンクからLadioCastとSoundflowerをダウンロード&インストールしてください。
Macの音をSoundflowe 2chに出力するようにしています。


マイクとSoundflower(2ch)を混ぜて、Soundflower(64ch)に出力するようにしています。
ヘッドホンにはSoundflower(2ch)だけを出力しています。

※この時、イヤホンもしくはヘッドホンを必ずつけてください。つけないとハウリングを起こします!(マイクで拾った音をスピーカーが出力してまたマイクが拾ってとループする)



【OBS、プラグインのインストール】
OBS MultiPlatformは配布ページからダウンロード、インストールしてください。
OBS MultiPlatformのインストールは説明なしでも簡単にインストールできると思います。
プラグインのインストールについてですが、まずは配布ページからダウンロード。
アプリケーションフォルダにあるOBSを右クリック、パッケージの内容を表示。



obs-rtmp-nicoliveの「Contents」をOBSの中にドラッグ、確認のダイアログが表示されるが「認証」した後に「結合」をクリック。



【OBSの設定について】
設定をクリック。まずは「配信」の設定項目。

obs-rtmp-nicoliveが正常にインストールされていれば配信種別に「ニコニコ生放送」があります。
配信種別は「ニコニコ生放送」に。
ログインタイプは「メールとパスワードでログイン」、ニコニコアカウントのメールアドレスとパスワードを入力。
「映像ビットレートを自動調整」にチェック。

次に出力の設定。
映像ビットレートは適当でいいです。何を入れても結局先に設定した「映像ビットレートを自動調整」が働いて自動調整されるので。
音声ビットレートは音楽重視なら96, ゲーム配信とか映像にも気をつけたいなら56でいいかと。


音声の設定項目。
配信で使う音声は全てLadioCastでミックスしてSoundflower(64ch)に出力しています。
このミックスされた音を流したいので、ここではSoundflowr(64ch)を指定します。


映像の設定項目。
ここの設定は配信するものによって結構変わります。
ただ出力解像度は4:3なら512x384、16:9なら640x360ですね。
FPSはほとんどの場合25にしてます。
ニコニコ生放送の低いビットレートルールの中で、これ以上のフレームレートで綺麗に放送しようとしたらx264の詳細設定をキチンとしないといけなくなるのでしょうが、使っているMacのスペック不足、設定を詰めるのが面倒臭いと理由から25にしています。


以 上。
割と基本的な放送設定だと思います。雑談放送ではまず問題ないかと。


外部から映像をキャプチャしたい。TVゲームの実況放送をやってみたい。
という人は次も参考にしてみてください。
 Macでの生放送設定(HDMIキャプチャ配信するために必要なもの)

音に関して工夫したい。演奏してみたや歌ってみたをやりたい。
という人は次も参考にしてみてください。
 Macでの生放送設定(YAMAHA AG06を使う)



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事