「誰かにとっては懐かしい」写真とか音楽とか、そいう話。

愛機紹介03 Konstruktor DIY Kit

2014/03/17 21:21 投稿

  • タグ:
  • トイカメラ
  • プラモデルカメラ
  • 一眼レフ
  • コンストラクター
  • Konstruktor
  • 写真
  • クロスプロセス
  • 菜の花
  • ロモグラフィー
プラスチックレンズでありながら一眼レフ、さらにプラモデルでもあるという、とんでもないカメラ
「Konstruktor DIY Kit」


一眼レフとはつまり、ファインダーで見た通りの像が撮影できるということ。
「Konstruktor DIY Kit」の場合、レンズ上の四角い箱部分を二眼レフのように上から覗くと、レンズが見ている像を見る事ができます。

こんな感じ

我らがガッチャピン!

そして肝心の写真!





クローズアップレンズ使用






マクロレンズ使用&クロスプロセス


スマホ用望遠レンズ&多重露光&クロスプロセス

<メリット>
・ファインダーで構図が確認できる(基本的にトイカメラはファインダーなんてあてにならない)
・ピントが合わせやすい。
・プラスチックボディーなので軽い!小さい!!コートのポッケに入るよ〜
・クローズアップレンズ(15cm)、マクロレンズ(3cm)がある!※別売り
・35mmフィルムが使える。
・見た目がユニークでカッコいい!!(デコってしまったけど)
・安い!3,500円!!

<デメリット>
・自分で組み立てないといけない。
・絞りが固定なので、光量の調整がシャッタースピードでしかできない。
・フラッシュはなし。

全体的な印象としてはトイカメラと一眼レフの良い所取りしたカメラという感じ。
プラスチックレンズなのに、意外にしっかり、クッキリと写るのも嬉しい!
トイカメラ好きじゃなくても、一眼レフには手が出せないという人にもオススメ。
自分で組み立てると一眼レフの仕組みも解って面白いし、プラモデル好きな人にも良いかも〜
これで望遠レンズが発売されたら最高だな!

次くらいに、組み立てた後のちょっとしたカスタマイズを紹介しようかな〜

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事