ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

登山andレミングスTAS

あきやま!(三嶺編)

2014/12/15 08:15 投稿

  • タグ:
  • 登山
  • 日本百名山に登ってみた

2014年11月11日、二百名山である三嶺に登ってきました。
三嶺「みうね」と読みます。
場所は四国。徳島県を高知県にまたがる山、剣山が近いね。

名頃登山口(8:10)→林道横断(8:47)→ダケモミの丘(9:37)→三嶺(10:47-11:32)→ダケモミの丘(12:15)→林道横断(12:54)→名頃登山口(13:17)




…登山口がカオスです。
住民よりカカシが多いらしい、名頃登山口を出発です。




紅葉終了のおしらせ。
登り口の標高は900m、四国でも11月中旬に入れば遅いのか?
今年は全国的に紅葉が早いというが平年はどうなんだろう…




はじめが急で滑りやすいところがあっただけで、登りやすい登山道。
40分ほどで林道に出合います。
車で入れればいいんだが残念、下からがんばって登りましょう。




枯れ葉を踏みしめ、ゆるやかな尾根道を登っていきます。




林道より50分、ダケモミの丘付近に到着です。
周りの雰囲気は変わり、色気がない落葉樹から緑色を携えるモミの木が広がります。
しかし鹿の防護柵が…景観悪いです。




樹林帯が長かったな…
ようやく四国の高山らしい笹原まで登ってきました。




三嶺小屋近くの分岐に登ってきました。
池がありました。この水が少なそうな時期でも十分な量です。




少し登って池と三嶺小屋を振り返る。
すんごく気分のいい場所です。




ダケモミの丘から1時間10分、登山口より2時間40分で三嶺登頂です。
今日は快晴、展望が素晴らしいよ!




東方向、剣山と次郎笈(じろうぎゅう)が近いです。




反対の西方向だが…多分、山座同定は合ってると思う。
石鎚山系まで展望できました。




45分ほどのんびり昼飯を食べて下山へ。
さっくり1時間45分で名頃登山口に到着となりました。

前から四国に行くことがあったんだが登らなかった三嶺。
理由は行く時期が真夏で暑いのが嫌だったのが登らなかった理由。
登ってみれば素晴らしい、暑くても良さそうな山です。


2014年12月に付近の集落で大雪に見舞われました。
亡くなられた方もおられます。
ご冥福をお祈りします。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事