ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

登山andレミングスTAS

あきやま!(秋田駒ヶ岳編)

2014/10/12 07:30 投稿

  • タグ:
  • 登山
  • 日本百名山に登ってみた

2014年9月29日、東北二百名山シリーズ3。
秋田県と岩手県にまたがる秋田駒ヶ岳に登ってきました。
…先日、マイカー規制のバスを使って8合目登山口に行き、
秋田駒ヶ岳から乳頭山、乳頭温泉へ下山する縦走ができたんじゃないかな…
って登ってから考えたのですが、気のせいということにしときます。




狭い道だね、車の運転に注意!
秋田駒ヶ岳の8合目駐車場に到着です。
あまり広い駐車場じゃないね。
通れるのは平日限定だが、シーズンは駐車場所が無くなりそうです。




靴洗いのシャワーを通り登山開始です。
秋田駒ヶ岳の行程は短いんでのんびりできそうです。




西側からのルート、反時計回りで登りました。(手元に地図がないとわからん表現だね)
秋田駒ヶ岳も火山です。
泊まってた旅館に聞いたが、ハザードマップもできているらしい。
そして建っている場所が、2筋の土(火)砕流が通る間にあって逃げられないらしい。
…要するに運ゲーです。




4日続けてこの天気だよ!
秋は天気が読みやすい上に好天が長続きするんで、大好きな季節です。




昨日登った乳頭山…
こっちだと「おっぱい」に見えないね、烏帽子岳を展望。
よく曇る岩手山も右奥に見えました。




ジワジワと地味にきっつい登山道を登り木道に出てきました。
相変わらず草紅葉が美しい。




八合目登山口より55分、阿弥陀池手前の分岐に到着です。
せっかくだし右折、男岳にも登っときましょう。




広く黄色い草紅葉を眺めつつ、思ったより遠い男岳の登り。




分岐より15分、男岳に登頂です。
なんか、色々とオブジェ…というより、適当に持ち込んだ物が刺さってました。
「希望」っていう板切れが刺さってたけど…、どうなんでしょ?




展望良し!
中央左手前に秋田駒ヶ岳最高峰の男女岳。
今日は、いつも雲がかかって残念な岩手山が、完全な形で展望できました。




田沢湖、日本一深い湖らしいですよ。
上から見た感じじゃ、よくわからんけどね。




手前左には女岳、こいつが噴煙を上げていました。
ここもいずれ噴火する可能性があるんだよね…
奥は和賀岳、明日長い行程をがんばります。




登った道を下りました。
ここからは阿弥陀池の右を進みます。
最高峰の男女岳は左側、近そうな左側を通っていた人が多かったです。
けど、池越しに展望するなら右側を通ったほうがいいわな。




右側(南側)を通れば、男女岳が綺麗に映りますよ。
こっちを通ったほうがお得感満載です。




男岳から阿弥陀池避難小屋に20分、男女岳の登りとなります。
「ギュッ!」と、登る登山道。
段差のある階段が厳しいところです。




阿弥陀池避難小屋から15分、男女岳=女目岳(おなめだけ)に登頂です。




初めて見ました、お賽銭が投げられている一等三角点。
…三角点を崇める理由が全くわかりません。ここはそういう文化なんでしょうか?
展望は男岳で紹介したんで割愛です。




下山は早いよ!
避難小屋まで10分です。
これより横岳、焼森経由で8合目登山口に下ります。




阿弥陀池避難小屋より12分、横岳に登頂です。
なぜかここで昼飯としている方が多かったです。




横岳をゆるやかに下ってからは、すんごい広い焼森の登り。
10分で焼森に到着です。
ここまで来れば8合目登山口への下りとなります。

30分で8合目登山口に到着となりました。
休憩を入れると(男女岳で30分休んだりしてる)3時間40分の周回となりました。

展望も良く、これまた素晴らしい秋田駒ヶ岳でした。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事